石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
行ってきまーす。

明日から取材でキューバに行ってきます。
前回のブータンから2年半ぶりの海外ツーリング。
でもブータンにはガイドをつけなければならないルールがあって、
車が伴走する形になったから
(それはそれでとても便利だったけれど)、
海外ひとりチャリ旅、となると台湾以来6年ぶりです。
今日は旅の用意をしていて、
なんだかやけに懐かしい気分に浸ってしまいました。

キューバといえば去年、
アメリカとの国交正常化が話題になりましたが、
まだまだネット環境は頼りないようです。
なので今回はパソコンも持っていかず、
完全にネットとオサラバします。
すがすがしいぜ。
なので帰国日の2月10日まで
ブログ更新もできません。
すみません。

そういえばさっきNさんという方から
おもしろいコメントをいただきました。
僕的日本一の居酒屋、京都の「おもて」で
Nさんが飲んでいたら、
隣のカップルも
僕のブログを見てきたということがわかり、
ちょっと盛り上がったのだとか。
日本を出る前になんかほっこりしました(笑)。
Nさん、楽しいコメントありがとうございます。

ところで、2月14日の横浜のトーク、
満員御礼となったそうです。
あとはキャンセル待ちで受け付けるとのこと。
もれてしまった方、すみません。
そしてご予約くださった皆様、ありがとうございます。

ではでは行ってきます。

| |
魔の鍋

先日、近所のM夫妻と
新年会ピエンローをやった。

え? ピエンローをご存知ない?

これです。とてつもなくウマい。



中国の田舎の鍋料理らしい(たしか)。
食の雑誌『dancyu』読者の
支持率No.1レシピなんだとか。

作り方は超カンタン。
干し椎茸を一晩水につけてダシをとり、
白菜、豚バラ、鶏モモをぶちこみ、
最後にハルサメ、そしてゴマ油を注いで完成。
(白菜は大量に。クタクタになるまで煮ること)

食べ方がちょっと変わっている。
各自のお椀に塩と一味を入れ、
鍋の汁を注ぐ。
それがつけ汁になるのだ。
このスープがうまいのなんのって、
飲んだ人はもれなく目をつぶり、
深い溜息を吐くのである。
でもこのスープを全部飲んではいけない。
なぜなら最後にご飯を入れてお粥にするから。
(卵は入れない)
この粥がまたデタラメにうまいのだ。
で、これにはべったら漬けがメチャクチャ合うので、
できるだけ用意しておきましょう。

今回は久しぶりにやったのだが、
やっぱり感動してしまった。
だから2日後にまたやった(笑)。

このうまさを知らない人はもったいない!
といういつもの(過剰な)
おせっかい気質に火が付いたので、
以上、紹介させてもらいました。

作り方の詳細は
『dancyu』の別冊、
「日本一のレシピ」に載っています。


ちなみにこの別冊には僕も
豚の生姜焼きの記事を6ページほど
書いているので、よかったら読んでみてください。

このあと検索してみたら、ピエンロー、
ネットにも詳しく載っていました(笑)。
ピエンローのレシピ


| グルメ |
反乱軍の秘密基地

スターウォーズ最新作を観る前に、
年末のテレビ放送から録っておいた
スターウォーズの1作目(エピソード4)を観た。
これが40年前に作られたなんて信じられんなあ、
と月並みなことを思いながら観ていたら、
あるところで、「ええっ!?」と声を発してしまった。
レイア姫率いる反乱軍の秘密基地は、
なんと、僕の大好きな遺跡、
グアテマラのティカルにあったのだ。

その問題のシーンがこれ。

4号神殿のピラミッドの頂上から見える絶景である。
前方のピラミッドの上には
ミレニアム・ファルコン号が浮かんでいる。

拙著『行かずに死ねるか!』に
“複数のピラミッドが
まるで海に浮かぶ摩天楼のように、
ジャングルを突き抜けている”
などと鼻息荒く書いた場所がここなのだ。

いやはや、あんなジャングルの奥地に
秘密基地があったなんて。
そりゃ帝国軍に見つからないはずだわ。

| |
スターウォーズのぶっちゃけ感想

スターウォーズの最新作の興行収入が
すごいことになっているようだけど、
実際のところ、映画としてはどうなんだろう?

アメリカの映画サイト
「ロッテントマト(腐ったトマト)」
を見ると、
批評家たちの満足度は93%
と異常な高評価だ。
ちなみに、これはポジティブ評である
「新鮮トマト」
に投票した人の割合。
現時点では303人の批評家が
「新鮮トマト」に入れたのに対し、
24人がネガティブ評である
「腐ったトマト」
に入れている。
また観客たちの総評は
5点満点中、4.4点となっており、
これもすこぶる高い。

一方、日本のヤフーのクチコミを見ると、
5点満点中、3.63点。
悪くないはないが、
アメリカの4.4点と比べるとかなり低いし、
それぞれの書き込みを拾い読みしてみると、
「がっかりした」
「1作目の劣化版」
「こんなのスターウォーズじゃない」
といった酷評がけっこう目につくのだ。
賛否がはっきり分かれている。

さて、どんなもんかね、と先日観にいったら、、、



めっちゃくちゃおもろいがなっ!
とんでもない傑作ではないか。
これをつまらん!とけなしている人は、
本当に心底つまらないと思ったんだろうか?
最初から批評家ぶった顔をして見るから、
けなしたくなるんじゃないの? とかんぐりたくなってくる。
そりゃケチをつけようと思ったらいくらでもできるけど、
それは評価の高い1作目だってそう。
こうるさい批評はこのシリーズには必要ない。
最高のスタッフたちが最大の労力を注いで作る
稀有な映画なのだ。お祭りなのだ。
作り込まれた極上の世界に思いっきり没入し、
ドキドキハラハラして、快哉を叫べばいい。
スターウォーズとはそういう映画でしょう。

というわけで僕は正直、今回のが一番おもしろかった。
ちょっとでも興味があれば、迷わず映画館で観るべし!
しかもできれば早めに。
なぜなら日がたつにつれ、
上映される劇場が小さくなっていくから。
僕は今回、シネコンの中で最大規模の
400席の劇場で見たけど、
これが100席の劇場だったら、
興奮度が全然違っただろうなぁ。
いわんや家でのDVD鑑賞は論外。

あと、過去作未見の人も楽しめると思うけど、
できればエピソード4〜6は見ておいたほうがいいかも。
その時間がないという人は、
1作目のエピソード4だけでもご覧あれ。

ところで、カメオ出演が笑えるぐらい超豪華だ。
ジェームズボンド役のダニエル・クレイグや
『アイアンマン』のロバート・ダウニーJr、
はたまたヒュー・ジャックマンらが出ているらしい。
このストーム・トルーパー役で。




無駄すぎる!


なにやってんだ、ダニエル。

ちなみにこのダニエルは
主人公の女性レイに操られるストーム・トルーパー役、
またロバート・ダウニーJrとヒュージャックマンは、
見張り中に「新型戦闘機が速いらしい」といった
雑談をするストームトルーパー役で
見事な演技合戦をしているのでお見逃しなく!

やっぱりお祭りだなー。


| 映画 |
ぼんち揚げ賛美

帰省で関西に行くと
買って帰るお菓子がある。
これ。



関西ではなじみ深い菓子だが、
東京ではあまり見ない気がする。
少なくとも僕のまわりの
スーパーにはない。

「ぼんち揚げ」に限らず、
ぼんち蠅両ι覆呂Δ泙ぁ

これもぼんちの商品。

ほかの米菓会社と比べると、
味は頭一つ二つ抜けている気がする。
にもかかわらず、東京の売り場では
亀田、三幸、その他もろもろの後塵を拝しているのだ。
(上の明太子せんべいはよく見るけど)
主力のぼんち揚げに関しては、
上にも書いたとおり、ほとんど見ない。
営業が弱いのだろうか。
もっと東京でも売ってくれたらなあ。
と思っていたら、先日、
ぼんちが日清食品の子会社になったというニュースが。
うーむ、これはどうなんだろう。
ポジティブにとらえると、営業力強化につながって、
東京でもぼんち揚げが並ぶかもしれない。
ただ、くれぐれも品質はそのままでよろしくです。
(日清は化学調味料を使いすぎる
イメージがあるからちょっと不安…)

| - |
フグかクエか

店名出しちゃダメ、の超優良店で、
旅仲間たちと新年会。


しめ鯖で店の実力がわかりますね。
この店はうまいうえに量もすごい。
上の写真は、5、6切れ食べたあとに撮ったもの。
それで480円。


そしてふぐちり。
写真は1人前2800円。
ゆうに2人分はある。
虎キチKが
「クエもうまいけど、同じぐらいフグもうまい」
と常日頃言うので、
今回あらためて食べてみたわけだが、、、。
うーん、地元びいきはあるだろうけど、
クエの圧勝!と思ってしまった。
ただ、このあとの雑炊は
びっくりするぐらいうまかった。
フグもすげぇ。

| グルメ |
羊にやられっぱなし

編集者と新年会。
麻薬的中毒性のある店、神田の「味坊」へ。



羊のクミン炒め、やっぱウメ―!!!
おかしいわ、このウマさ。

これを読んで、行ってみようと思われた方、
ぜひこのクミン炒めと自然派ワインを。
羊の串焼きもあるけど、
クミン炒めのほうが圧倒的にうまいっ!
ま、好みでしょうけど。

| グルメ |
2月、横浜でトーク

久々にトークライブします。
世界一周のスライドショーです。
また、今月24日〜2月10日まで
キューバを走ってくるんで、
とれたて新鮮なそのネタも少々。

場所は横浜。
関内駅から徒歩3分、
南極料理人の店「Mirai」です。
そう、何年か前に4回シリーズで
トークしたお店。
日時はバレンタインデーの2月14日、
14時から、休憩はさんで16時半まで。
あ、チョコとかいいんで(笑)。
トーク後は懇親会もあるんで、
よかったら気軽に飲みましょう。

詳細&お申込みはこちら→MiraiのHP
30人ほどのキャパなので、
ご予約は早めのほうがいいかもです。

昨日のサッカー五輪予選、勝ってよかったけど、
あの監督で大丈夫だろうか…。
鈴木武蔵、見かけだおしだ…。
中島はいいなー。





| お知らせ |
ルークの変貌
イギリス人の友から手紙が届いた。
切手がカッケー!



しかしルークってやっぱり
昔はイケメンだったよなあ。
今はなぜこうなったのか?









いやいや…(笑)。
一応言っておくけど、同一人物です。
スターウォーズ1作目のあと
大きな交通事故を起こして鼻が曲がり、
人相が変わったそうな。
たしかにスターウォーズの2作目の公開時、
「あれ? ルークの役者変わったのかな?」
と子供心に思いましたからねぇ。

とはいえ、この変貌ぶりは、
大事故だけが原因じゃないような…。



| 映画 |
どうでもいい連想

北朝鮮の核実験の対抗措置として、
韓国が北に向けて
再び大音量宣伝作戦を始めたらしい。
マッドマックスのアホカー並、
いやそれ以上の巨大スピーカーは
20卆茲泙琶垢海┐襪鵑世箸。

東京駅で鳴らした音が
吉祥寺を越えて三鷹や、
あるいは川崎まで届くのだ。
で、キム・ジョンウン体勢の批判だけでなく、
少女時代の歌などK-POPまで流しているらしい。
自由な社会ではこんな文化が楽しめるんだぜ、
と人心に訴える攻撃だ。

このニュースを聞いたとき、
『超時空要塞マクロス』が頭に浮かんだのだが、
同じ連想をした人はどれだけいただろう?
文化を敵視した戦闘集団、ゼントラーディー軍に、
地球側はリン・ミンメイの歌を流して対抗するのだ。
あれはこの未来を予想したものだったのだ。
(ま、太平洋戦争中も似たような作戦はとられていたけど)

| 社会 |
横浜でトークします・2月14日(日)
世界一周のスライドショーと、帰りたてほやほやキューバの話を。<日時> 2016年2月14日(日)14:00〜 <場所> 南極料理人の店「Mirai」(関内駅から徒歩3分)。お申込み&詳細は1月14日のブログをご覧ください。
本の感想やいろいろ
お声いただけると嬉しいです→ yusukejitensha●yahoo.co.jp ●に@を入れてください。
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     
<< February 2016 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS