石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
新型コロナ対策費が、日本はシンガポールの30分の1以下

具体案に欠ける昨日の厚労省の会見を

夜のニュースではどんな風に報じるだろうかと思った。

驚いたことにNHKの「ニュースウォッチ9」に

呼ばれた解説者は政府の専門家会議のメンバー。

当然、昨日の会見を肯定的に説明するし、

キャスターも疑問をはさめない雰囲気だった。

「報道ステーション」の解説も似たようなもので、

昨日の会見の”説明”が中心。

ニュースとしての役割を考えるなら、

それでいいのかもしれないが、

こちらとしてはなんとも物足りない。

武漢での大流行から約1〜2ヵ月。

対策を準備する期間はそれなりにあったはずなのに、

あんな基本方針だけでみなさん納得しているの?

 

僕はどうにも納得がいかず、

さらに番組をハシゴしていると、

「NEWS23」がようやくこちらの求めている

情報とコメントを出してくれた。

そこで紹介された数字と、

昨日僕がここに書いた数字が違ったので、画像で載せておく。

 

検査数の累計が、

韓国は25日までに40,304人。

日本が24日までに913人。

厚労省のHPから抜粋した数字だ。

ただ、加藤厚労相曰く、

上記の数字には地方の検査数が入っていなかったとのことで、

今朝は全国の数を集計した数字を出していた。

これがたしか5,000あまりだ。6日間累計で。

いずれにしても1日に3,830件検査できるはずなのに、

ずいぶん少ない。

 

韓国では屋外検査場を492か所設置し、

電話の聞き取りだけで

無料で検査できるようにしているらしい。

日本は昨日書いたように、

38度以上の熱が9日間続いている9歳児が検査もできず、

対症療法もとってもらえない。

親とすればこのまま重症になるのを待てというのか、

と叫びたくもなる。

 

コロナとわかったところで、

特効薬がない以上やれることは限られている

という意見もあるけれど、

患者ひとりひとりの意識が全然変わると思う。

多少調子悪いぐらいでも陽性であれば自宅から出ず、

自宅でも家族に移さないように終始マスクをするなど、

細心の注意を払う人が増えるだろう。

何より社会から不安が軽減される。

 

医療がパンクするのを避けるため、

とあるけど、そのわりには隔離体制の拡充などといった

具体的な対策が聞こえてこない。

無人島に隔離施設をつくるとかできないのかな。

 

何より今のままじゃ本気でヤバいと思うのが

対策費の少なさ。

休業補償など国が責任をもってフォローしないと

企業も個人も活動を制限しきれないと思う。

シンガポールでは5,000億円、

香港では4,500億円の新型コロナ対策費をつけたらしい。

対して日本はなんと153億円だ。

韓国の対策費は不明だが、

具体策としてこういうのが紹介されていた。

今朝のモーニングショーから。

 

 

なぜこういうことが韓国にできて、

日本でできないのか。

危機感が薄い、あるいは行動力が足りない、

と感じざるをえない政府に

予算をねん出させ、具体的な対策をどんどんとらせるために、

国民が声を上げていかなければならないんじゃないか。

 

などと書き散らしたあと、いろいろ調べていたら、

昨日の夜のニュースについて

まったく同じ意見をつづった記事を発見。

これ、よかったらご一読あれ→こちら

日本の問題がよくわかる。

 

| 社会 |
もうブチ切れよう

今朝のモーニングショーを見ていたら、

朝メシを食べる手も止まり、

画面に向かって思わず激高してしまった。

38度以上の熱が4日間続いた子を

病院に連れていったけれど

新型コロナの検査をしてもらえず、

保健所に連絡すると、

検査基準を満たしていないから検査できない、

と言われたとのこと。東京の話だ。

なぜ検査基準を満たしていないかというと、

渡航歴のある人との接触がないから、らしい。

市内感染が確実視されているこの期に及んで。

その子は高熱が9日間続いているのに、

いまだに検査してもらえていないという。

自分がその子の親ならきっと厚労省に乗り込む。

汚染されたと思しき子供の服を持って。

 

さらにブチ切れ案件は続く。

(てか、もうずっと切れ続けてるけど)

厚労省トップ、加藤氏が2月16日だったか、

喉の粘液から検査するPCR検査についてこう宣言したとき、

少しだけ希望の光が見えた気がした。

「18日から1日3,830件の検査が可能になります」

それなのに、その18日の検査実績がなんと9件。

その後も19日は136人、20日は90人と推移していき、

18日からこの1週間で行われた検査は1,500件あまり。

1日に3,830件検査できるはずなのに、どうなってるんだ?

上に書いた9歳の子供がなぜ検査もしてもらえないんだ?

韓国では1日5000件の検査が可能で、

すでに2万件以上の検査実績があるとのこと。

今後さらに1日1万3000件の検査を可能にするとも。

なんだこの差?

感染者の実数を抑えたいからわざと?

 

朝からずっとカッカしていたら、

さっきこんな速報が入った。

ダイヤモンドプリンセスで陰性と診断され、

下船して公共交通機関で帰宅した乗客のうち、

28人が発熱を訴えているとのこと。

そりゃそうだろう。

どの国も乗客は帰国後、2週間隔離している。

 

アホやろ、この国の政府ほんまアホやろ、

と叫んでいたら、

加藤厚労相の会見がライブ中継された。

「この1、2週間が勝負」

と厚労省が高らかに叫んでから

たしか初めての会見だ。

専門家も交え、2日間か3日間、

さんざん話し合った結果が発表されるとのことで、

最低でも検査の保険適用、

あるいは企業活動の制限まで踏み込むかもしれない。

とにかくこれまでとは違った

思いきった対策が打ち出されるに違いない、

と結構ドキドキしながら見守っていたら、

「先手先手で対応していく」

と強い語調で発言したのち、

言われたことはこうだ。

軽症の人は病院に行くのを控えるように、

時差出勤やテレワークなどを積極的に実施、

イベント等の自粛検討…

 

あほか〜!!

これまでの発表と全然変わらんがな!

基本方針ばかりで、具体的な対策は何もなし。

国民全員もうブチ切れていいと思う。

完全に政治マターなのに、

責任をとることから逃げ回り、

各団体に判断を丸投げする。

こんな政治家しかおらんのか。

 

帰国後、初めて海外に出たいと思った。

 

| 社会 |
同僚の結婚祝い

元会社の同僚Mが結婚した。

ずっと独身で、

もうこのままひとりでいくのかな、

と思っていただけに

結婚すると聞いたときは驚き、

大いに酒のネタにさせてもらったのだが、

昨日、奥さんを迎えてのお祝いをやった。

いや〜、感じのいい人やないか!

よかったな、M。

 

行ったのは神田の「豚バルBYO」というお店。

肉もサラダもうまかった。

陶器の中で豚肉をフランベ中。

なんとか火山というパフォーマンスでした。

 

 

| - |
異世界のカフェラウンジに脳をやられる

編集者と打ち合わせ。

荻窪で所用があったので

そこまで来てもらい、

近くの喫茶店に入ったら、

すごいところだった。

今でも夢だったのではないかと思ってしまう。

よかったらクリックで拡大してご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”異世界のカフェラウンジ”らしい。

店名は「CHAMBER OF RAVEN」。

ワタリガラスの間という意味。

こういう店で、編集者(♂)はなぜか

「バレンタイン限定ラブポーション」

というドリンクを頼んだ。

 

このオリジナルボトルがお持ち帰りできて、1480円。

 

僕は人生初のラテアートを頼んだ。

期待を裏切らないものが出てきた。

 

820円。入場料と考えれば安いぐらいだ。

 

外観も圧巻。

 

 

いやはや、すごすぎた。

脳が異次元をさまよったおかげで、

何を打ち合わせしたのか全然覚えていない。

 

| 生活 |
富山の昼ごはん

午後から講演があるときは、

だいたい弁当が用意される。

仕出し屋の幕内弁当のようなものが多い。

 

昨日は富山で講演があった。

新型コロナの影響で中止になるんじゃないか

と思っていたが、変更なし。

でも人が集まらないだろうな、

と思いつつ会場に行ってみると、

たくさんの方が来られている。

心より感謝するとともに、

東京マラソンの一般参加を中止にした東京とは

やはり雰囲気が違うように感じた。

日本海側ではまだ感染者の報告はない(よね?)。

 

ところで日本各地を取材で巡っていて、

魚がうまいのは富山だなと感じているのだけど、

昨日は昼食に用意された塗り物の箱を開けると、

なんと握り寿司の並み以上のやつが並んでいた。

もう僕は富山が本当に好きで好きで。

| 生活 |
はまぐり380円

友人が撮った映画を観た帰り、

一緒に行った友人と高円寺で飲んだ。

阿佐ヶ谷の隣の高円寺も

謎の多い町で、

この夜、適当に入った店も

なんだかひどく不思議だった。

店名は「じじばば」。

手書きのメニューには

「アジ刺身200円、イワシ刺身200円」

とある。

どんなにすごい刺身だろう、

と怖いもの見たさで両方頼んでみると、

どちらも普通においしかったし、

量も特別少ないわけではなかった。

さらには「はまぐり380円」とあり、

これは絶対ホンビノスだろうと思って頼んだら、

こんなのが出てきた。

はまぐりやん!

しかも7個も!

これで380円!

スーパーで買ってももっと高いだろ。

味もちゃんとはまぐりでおいしかったです。

| グルメ |
元遊郭で見つけた店

食の雑誌「dancyu」にシリーズで書いている

青春18きっぷミラクルミステリーツアー、

今日もアップされています。→こちら

最新話はとうとう出ました金津園。

元遊郭、現特殊な公衆浴場の町。

「dancyu」でなんちゅうところに取材に行ってるねん。

でもここでもおもしろい店を見つけました。

よかったら読んでみてください。

明日もアップされます。

こういう店があったらな〜、と空想しながら

元遊郭地帯に行ったら、ほんとにあった店。

| |
浜松の戦後喫茶

食の雑誌「dancyu」ウェブにシリーズで書いている

「青春18きっぷのミラクルミステリーツアー」、

8話目&9話目がアップされました→こちらから

 

 

10〜11話目も明日から続けてアップされるので、

よかったら読んでくださーい。

| お知らせ |
チョリパンのマクラ

食の雑誌「dancyu」ウェブに

シリーズで書いている

「アルゼンチンを巡る冒険」、

その第6話が昨日アップされました。

チョリパンの話、前編です→こちら

 

チョリパンとは

アルゼンチンの軽食で、

チョリソ(ソーセージ)とパンの

サンドイッチ。

それはホットドッグやろ〜!

と思った人、ノンノンノン。

ま、読んでみてください。

後編も本日昼ごろアップされます。

 

この話のマクラをここに引用します。

くだらない話だけど、

妙に心に残り続けているんです(笑)。

 

チョリパン。名前がいいよね。アルゼンチンの軽食だ。チョリソ&パンの略。パンはスペイン語でも「パン」だ。英語だと「ブレッド」だけど。
昔、カナダで会った若い日本人男性の話。彼は英語がからきしダメだった。でも何かが欲しいとき「ギブミー」ぐらいは言えた。そしてカナダのパン屋さんで彼は「ギブミー、パン」と言った。スペイン語には通じていたのだ。

| お知らせ |
ド派手な誕生日パーティー。

エヴァンゲリオンの主題歌

『残酷な天使のテーゼ』をはじめ

ヒット曲を生み出しまくっている作詞家、

及川眠子さんの還暦パーティーに参加した。

眠子さんにはいろいろお世話になっていて、

拙著『いちばん危険なトイレといちばんの星空』

の解説も書いてもらっている。

仕事が終わらずちょっと遅れて会場の「東京會舘」に到着。

芥川賞や直木賞の授賞式にも使われるところで、

エントランスからして重厚感たっぷり。

厳粛な思いで指定された会場のドアを開けると、

場所を間違えたのかと思った。

ドラァグクイーンがステージで歌いまくっている。

♪死んで、死んで〜!♪

な、なんじゃこの歌詞は?

ポカンとしていると、眠子さんが登場。

本人曰く「下品なマリーアントワネット」。

この日のために特注したそうな。

後ろの黄色い人も気になる…。

ちなみにスーパー玉出とは大阪の激安スーパー。

 

一応バースデーケーキも現れた。

同じか近い日に誕生日を迎えるゲストさんとろうそくの火消し。

ケーキは普通だった…。

 

ミッツマングローブさんも登場。

 

えーと、これは…。

 

もはや何の会やら。

 

最初の「死んで〜」の3人は

眠子さんがプロデュースしている

新宿2丁目発の「八方不美人」というユニット。

由緒正しき東京會舘は

すっかりドラァグクイーンに占拠されてしまった。

脳が溶けるような夜だったが、

いろんな人と再会もでき、

たくさん話せたので楽しかったな。

眠子さんはこの日の来場者へのプレゼントに

オリジナルタオルを用意していた。

作詞家がそのタオルにしたためた言葉。

「人生には勝ち負けなんてない

ただ生き抜いていくだけや。」

 

 

| 生活 |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS