石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
雪道を走る

宮城&岩手の取材旅行から帰ってきました。

行っているあいだ、

みごとに大雪注意報が出され、

今シーズン最大の積雪を記録。

場所によっては暴風雪警報も。

で、こんなところを走るはめに。

 

岩手の花巻の郊外

 

初日、鳴子温泉に泊った夜、

飲屋を探しながら町を歩いていると

雪の凍った道路で足が滑り、頭を打ちかけました。

「歩いてこれなら、自転車だとどうなるねん…」

予報では今後ますます雪がひどくなる模様。

「撤退」の二文字が浮かんだのですが、

それから4日間、半分ヤケクソで旅を続けてみたところ、

意外と自転車でも走れました。

てか、慣れてくるとドリフト走行とかできるし、

景色はきれいだし、静かだし、

なんか特別な世界で特別なことやってるなあ、

とめちゃ楽しめました。

いい店も発見。ああ、あの店の〇〇がもう恋しいぜ。

ということで、この記事は

来年1月に出る「サイクルスポーツ」に書きます。

 

 

 

 

| 生活 |
やっつけアップ

昨日は香取市で講演したあと、

新宿の隨園別館で忘年会。という名の撮影会。

 

 

 

先日買った単焦点レンズのボケ味が楽しくて、

ただ何も考えず撮りまくってるだけですが。

料理を整えるとかしていないから汚いなー。

 

このお店はメンバーのSマキが

「餃子がうまい!」とイチオシだったところ。

タモリさんも絶賛したとか。

たしかに病みつきになるうまさです。

皮がモチモチして、こうして写真を見ながら書いているだけで

また猛烈に欲し始めている俺がいるー!

 

ということで、今から取材ツーリングに行ってきます。

今回まわるのは寒波に覆われた北東北。

凍えた体で自転車を漕いで、温泉巡りをし、

幸せを実感するという企画です。

 

で、この文章、新幹線で打っています。

いつの間にか新幹線もフリーWi-Fiになっていたんですね。

 

| 生活 |
アップのお知らせと、なんでここに?という再会

食の雑誌「dancyu」ウェブ版で連載している

麺店ポタリング紀行、3回目がアップされました。

よろしければご覧ください。

この店の味、めっちゃ好みでした。

おじさんもおもしろいし(笑)。

 

ところで昨日は愛知県の山奥の学校で講演しました。

するとそこへ、ニヤニヤした顔の女性が。

あれ? もしかして? えー!! 

といういつものパターンで再会したのは

アフリカのタンザニアで会ったMちゃん。

結婚して田舎移住という人生を選んだ彼女、

僕が講演に来ると知ってずいぶん驚いたそうな、

そりゃすっごい山奥ですからねえ。

世界ってそもそも狭いけど、

縁がもっと狭くしてくれるんだなと。

 

| 生活 |
トライアスロンっぽい運動

食の雑誌「dancyu」ウェブサイトの連載

「麺店ポタリング紀行」の取材で、

昨日は朝から都内の某所へ。

往復約40劼鯀ってきた。

この連載のおかげで運動不足も解消しつつある(笑)。

 

で、17時に帰ってシャワーを浴びたあとすぐに、

ある会合のために再び都心部へ。

電車に遅れそうだったので駅まで走ったんだけど、

そのとき、トライアスロンの選手たちのある言葉を思い出した。

「自転車のあと、ランに変わったときが一番つらい」

 

使う筋肉が違うからか、うまく走れないのだ。

お腹を下して危機一髪の人のような

ふにゃふにゃした走り方で、

駅まで徒歩と変わらないぐらいの時間がかかってしまい、

もうすぐで電車に乗り遅れるところだった。

なるほど、ハードさを求めるレースのトライアスロンで、

自転車のあとランがあるのはこういうことか、と納得。

疲れすぎて、その後のプレゼン中、ずっとウトウトしてしまった…。

 

道中の某公園。赤系に染まる葉はほとんど落ちていたけど、イチョウはちょうど見ごろでした。

 

ところで昨日の朝に「1時間天気予報」を見たら、

昨日は雲が多く、今日は晴れマークが並んでいたので、

取材は翌日、つまり今日にしようかと思ったのだけど、

空を見て「いや、やっぱり今から出よう」と昨日出発。

そうしたら次第に青空が広がってきて、

日焼け止めを忘れたことを悔やむぐらい晴れわたった。

一転、今日はどんよりした曇り空で、朝は雨までパラパラ。

昨日か今日しか取材に行けなかったので、珍しくいい判断だった。

1時間ごとの天気予報など、昔と比べて詳細な情報を得られるようになり、

それはとてもありがたいんだけど、決断するときはやっぱり直感だなと。

 

| 生活 |
もつ鍋、パンプキンタルト、アイドル撮影会

12年ぶりに新しい一眼レフカメラを購入した翌日、

リーくん家で忘年会という名の撮影会をやってきた。

メインメニューはもつ鍋。

 

昨日から5時間かけて鶏ガラからスープをとってくれたそうな。

激ウマ。

 

何も考えずに撮ってるけど、

まわりがボケるだけで雰囲気出るよなあ。

いや、買ってよかった。6,000円高くても。

 

そして、いい被写体がいました。

 

 

 

 

我が子かよ! って感じで、

アイドルを追うカメラ小僧と化してしまいました。

リーくん一家の長女、香穂ちゃん。

 

僕らはお酒とデザートを持参。

で、最近ハマっているのがこれ。

とりあえず絞り開放でなんでもボカしまくります。

ケーキは落としてしまったので、ちょっと汚いけど(笑)。

 

コージーコーナーのパンプキンタルト。

手土産にコージーというのもアレだけど、

「これはなんか特別うまいねん」

とリーくんたちに言い訳したとおり、

めちゃめちゃ僕の好きな味。

カボチャやサツマイモ系が好きな人はぜひお試しあれ。

 

そして、ここからの、、、

 

 

 

 

アイドル撮影会(笑)。

 

 

| 生活 |
意味のわからない市場原理

丸が巨人に移籍!

何日か前に僕が見た予知夢通りになった!

すごい! 特殊能力があるのかもしれない。

ようし、株で億万長者になろう。

 

ところで、前回の記事を書いたあと、

新宿に用事があったので、

その足でヨドバシやビックカメラに行き、

一眼レフカメラを物色、狙いをつけた。

ただ、単焦点レンズをどれにすればいいかわからない。

なのでその日は保留し、カメラマンの友人にいろいろ聞いて勉強した。

で、それから2日後の本日、天気もいいので自転車で新宿へ。

阿佐ヶ谷から青梅街道で一直線だ。30分もかからない。

駅まで歩く時間などを考えたら、

自転車で行くのと10分ぐらいしか変わらないのだ。

 

でも実は自転車で行ったのにはもうひとつ理由があって、

一昨日買っておけば一度の手間で済んだやんけ、という悔しさがあり、

せめて交通費だけでも浮かさないとおもしろくないなあ、

というけち臭い根性があったのである。

ま、新宿まで往復340円なんだけど。

 

というわけで、クイーンを聴きながら、

『ボヘミアン・ラプソディ』のサントラが終わる前に

新宿西口に到着、ビックカメラに行って、

前回の担当者を捕まえ、

「来たで! 買うで!」

と言って前回狙いをつけたカメラを出してもらうと、

値段が1万円ぐらい上がっていた。

「は?」

「今日はこの値段なんです」

「なんじゃそりゃ!? 2日で1万円も上がるんかい!」

「日々変わるんですよ」

「魚屋か、おめえんとこは! この前の言い値でなんとかしてや」

とごねにごねたが、

一昨日から6,000円も高い値までしか下がらなかった。

うーむ、まさかこんなことになるとは。

一昨日は予知能力が働かなかったらしい。

 

かなり悩んだが、

自転車でわざわざ来て手ぶらで帰るときの精神的ダメージと、

今日のその値段が、一昨日見た価格コムの最安値と

そう変わらなかったことを勘案し、買うことに決めた。

これ以上購入に時間を割きたくないというのもあった。

年末で時間に余裕がないのだ。

どうせ量販店もネットの相場を参考にしているんだから、

価格コムも今日は値上がりしているはず。

明日から12月。これからますます上がることも考えられる。

うん、買いだ買いだ。

 

それにしても、340円をケチって自転車で来たというのに、

6,000円も高値で買っているって、どういうことやねん。

と胸の内でぼやきながらも、

12年ぶりに買った一眼レフカメラに

子供のようにテンションが上がって自転車をぶっ飛ばし、

20分ぐらいで阿佐ヶ谷に着いた。

で、新品カメラを散々いじりたおしたあげく、

価格コムはどれだけ値上がりしているかな、と思って

チェックしてみたら、

一昨日より2,000円ぐらい値下がりしていた。

 

・・・意味がわからんぞ。

 

さ、すべて忘れて、今日の晩飯を試し撮りしよう。

 

 

やっぱりきれいにボケるなあ。

高くても買ってよかったぜ!

 

 

 

| 生活 |
これはひどい。

先週から始まった

食の雑誌『dancyu』のウェブ版。

そこに連載している

「麺店ポタリング紀行」の2回目がアップされました。

昭和風情の麺屋を自転車で気ままに巡るというもの。

記事自体、dancyuらしからぬ内容ですが、

写真がこれまた汗顔もの。

なんせ僕が撮ってますからね(笑)。

(カメラマンさんがつくと

気ままな自由旅にならないので)

そもそもdancyuで撮っているカメラマンさんって

やっぱり料理写真とかすごいんですよ。

そんな中、ひとりコンパクトデジカメで撮っているという(笑)。

コンデジのなかではそれなりのモデルなんですけどね。

ソニーのRX100というやつで、レンズもカールツァイスで。

でもやっぱり全然違うなあ。

(もちろん腕からして全然違うんですが)

 

この恥ずかしい感じ、よかったらご覧ください。

今はトップに僕のコンデジ写真が来ているので

結構笑えます→https://dancyu.jp/

 

ということで、一眼レフカメラを新調することにしました(笑)。

いま持っているのがペンタックスのist-DLという

10年以上前に買ったヤツで、そろそろ買い替える時期かなと。

え? 遅すぎ?・・・いえ、違います。

世の中のほうが早すぎるんです。

 

それはさておき、あと、やっぱり単焦点レンズも買わなきゃですね。

ということで次の次の回から、写真が見違える予定です(笑)。

 

 

 

 

| 生活 |
クィーンの映画

話題になっているクィーンの伝記映画、

『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。

メンバーがそっくりすぎる!

フレディ以外は(笑)。

いや、フレディもがんばっているんだけど、

ブライアン・メイやロジャー・テイラーが似すぎていて、

(最初、CGか何か高度な技術で

本人の昔の映像を使っているのかと混乱したほど)

フレディがかすんでしまいます。

ちょっと調べたら、

最初はサシャ・バロン・コーエンがやる予定だったとか。

適役だと思うけど、解釈の違いで降ろされたそうな。

サシャ・バロン・コーエン↑

ヒゲつけたらそのままフレディですね。

 

フレディ↑

 

結果的にラミ・マレックという人がフレディをやっています。

彼もすごい好演していて、

動きとか雰囲気はフレディそのものなんだけど、

そもそも顔が違う(笑)。

差し歯をつけて似せてはいるんですけどね。

 

ほかに誰が適役かな、とちょっと考えたら、

トム・クルーズや!と思いました。

髭と差し歯つけたら、きっといけますよ。

もうちょっと若いときのトムなら↓

トムファンに怒られそう。

 

映画を観ていていくつか違和感があったんだけど、

そのひとつが、クィーンが結構すぐに売れたところ。

僕の認識では、最初は本国イギリスで酷評され、

アメリカでもパッとしなかったけど、日本で火が付き、

世界に人気が広がっていったというものでしたが、

映画では最初のアメリカツアーから

大成功といった感じに描かれています。

もしかして日本発というのが気に入らず、

そういう描き方をしたのかな、

とちょっとうがった目で見てしまったのですが、

帰宅後ウィキペディアで調べたら、

映画の描き方でさほど間違っていない模様。

どうやら僕のほうが日本のメディアに

踊らされていたのかもしれません。

(って、僕の勝手な思い込みか?)

 

ほかにも映画ならではの脚色が

気にならなかったといえば嘘になるし、

フレディの闇にもっと切り込んで

掘り下げたほうが深みが出た気はするけれど、

そういうのが些末に思えるほど、

ライブシーンは鳥肌もの。

シアワセ〜!って感じて、体中が震えました。

時間があればもう一度観にいきたいな。

映画を観るというよりライブを聴きにいく感覚で。

クィーンをよく知らない人にもおススメです。

(っていうか、知らない人のほうが楽しめるかも。

どこかで聞いたことある曲ばかりだと思うし)

大画面&いい音響で観ておいたほうがいいですよー。

 

 

| 映画 |
ビア缶チキン

3連休の1日は、新木場公園でBBQをしてきた。

メンバーはエジプトで出会った旅仲間10人。

人形劇師のちーにーが何日か前に、

「チキンの丸焼き作ります! ビア缶チキンです!」

と宣言していて、なんのこっちゃ?

2リットルのビア樽缶に丸鶏を入れて

蒸し焼きにするのかな、と思っていたら、

ぜんぜん違った。

 

これがビア缶チキンというやつらしい。

 

お尻にビア缶をぶっ刺しているという…

 

塩と砂糖を溶かした水に前日からチキンを漬け、

ニンニクを刷り込んでハーブを散らし、

ビールが半分残った缶をチキンのお尻からぶっ刺して、

蓋をしてロースト。

ビールが蒸気となって鶏の内側から染みわたるため、
胸肉もパサパサにならず、ジューシーに仕上がるんだとか。

 

完成!

これはびっくり! 激ウマ!

ほんとやわらかくてジューシーで、

味の雰囲気がもうフレンチだわ(紙皿だけど)。

ワインくれー。

 

制作者の人形劇師ちーにー。

ありがとう!

 

| グルメ |
サイスポが新しくなりました!

自転車雑誌「サイクルスポーツ」が全面リニューアルしました!

いや、これは結構いいんじゃないでしょうか。

 

以前より少し横長の判型になり、ワイドな感じになりました。

横方向に走る自転車の写真を多用するので、これはぴったり。

ロゴも22年ぶりに変更したとか。

吉本編集長、思いきったなー。

 

それに合わせて僕の連載

『石田ゆうすけのNIPPON漂流 僕の細道』

のページデザインも変わりました。

 

これは嬉しい!

以前と比べ、すっきりしています。

 

以前↓

 

 

今月はこんな記事も書いています。

このイラスト…。

そう、エセ自転車日本一周野郎、

樋田淳也容疑者についてのコラムです。

あいつのおかげで、

自転車旅行者のイメージが下がるのが心配だ、

とはあまり思わない、という内容です(笑)。

 

ところで、最近の雑誌は付録がついていることが多いのですが、

物欲が甚だしく欠けている僕にはこの付録、

邪魔でしかないんですよね。

でも今月のはいいです! 

イタリアの老舗ブランド「チネリ」のネックウォーマー。

付録ならではの雑誌のロゴも入っていないし、

これは普通にお店で買い求めるクオリティかなと。

温かいし付け心地もいいから家でも巻いています(笑)。

 

| お知らせ |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS