石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
祝優勝!!! その裏で悲鳴を上げる
遅ればせながら、
阪神優勝おめでとう!!!
この試合、
ネット裏5列目の席が手に入った
と友人が誘ってくれていたのだ。
なんてラッキー!!!
そして優勝後の写真がこれ!


しかし、これは虎キチKが撮った写真。
実を言うと、
僕は友人の誘いを泣く泣く断り、米子でお仕事。
なんでこんな日に…。
この悔しさは、たぶん一生忘れない…。

で、その仕事というのが、
アウトドアブランドのモンベルが主催する
「Sea to Summit」というイベントの取材。
名前のとおり、海から山の頂上を
カヤック、自転車、ハイクで目指すというもの。
なんか楽しそう! と詳細も知らずに気軽に引き受けたのだが、
運動不足の体には相当こたえる内容だった。
まず、海のカヤックは8辧陛日知った)。
この時点で肩が上がらなくなり、
次の自転車は海抜0mから標高700mまで、
上りばかり23.5。足がぷるぷる震え、
んで、最後のハイク、つまり登山では、
大山の頂上まで1709mと
一気に1000mアップ。
なんとか全部クリアしたけど、体はガタガタ。
今は洋式便器に座るのも
筋肉が悲鳴を上げています。

でもま、参加してよかった! と思える
素晴らしいイベントでした。
詳細は再来月のBE-PALで。


米子の帰りに食べた海鮮丼。
日本海の海の幸!
と鼻息荒くかっこんだんだけど、、、
やっぱり日曜日の刺身は、うーん。。。

 
| スポーツ |
なんかすごいおもしろいCS
ちょっとちょっと。
阪神おもしろすぎ!!!
ほんとに今日決まるかも!?
でも今日は今から米子です。。
大山でイベントに出てきます。
頼むぞ、阪神!
では行ってきまーす。
 
| スポーツ |
5年前の驚きの写真
『サイクルスポーツ』誌に書いている「僕の細道」が
連載100回を迎えることになった。
それを記念して、
次号では「なんでもマイベスト」というのをやろうと思う。
これまでの旅で感動したメシ、宿、ルート、
その他いろいろをランキング形式でつづる予定。
それを書くために、今日は過去の記事を見返していたのだが
ある写真が見えた瞬間、ドキッとした。

5年前に訪れた、川原湯温泉の写真だ。


これは村の入口のゲート。
クリックして大きくすればよくわかるが、
ゲートの向こうには床屋や家が並んでいる。
ちなみに温泉街はこの道の先に広がっている。

それから5年後。
先月撮った写真がこれ。



床屋も家もすっかり消えている。

この川原湯温泉は、
八ッ場ダムの水没予定地だ。

先月、5年ぶりにここに来て、
あまりの変わりようにびっくりした、
とこのブログに書いた。

激変、というより別世界と言った方がいいぐらいで、
旅館や家はほとんど解体・撤去され、
歴史ある温泉街がそっくり消えていた。
僕はポカンとしながら、
昔ここで見た温泉街のほうがじつは
幻だったんじゃないかという気がしてきた。

ところが、今日出てきた5年前の写真には、
その温泉街はやっぱりちゃんと写っていたのだ。
このとおり。



2枚とも公衆浴場を中心に
向きを変えて撮っている。

で、今は公衆浴場だけを残して、
まわりは素っ裸。このとおり。



このはす向かいに、公衆浴場の建物が(今も)ある。
もっと比較できる写真を撮っておけばよかったんだけど、
ほんとに何もなくなっていたので、
どこをどう撮ればいいのか、このときはわからなかった。。

昔はともかく、いまはダムを作る際、
水没地の建物は完全に撤去するのが原則だそうな。

ダムに沈むまであと5年。
見にいく時間はまだたっぷり残っている、
と思ったけど、
急いで行った方がいいかもしれません。
残りわずかの家がすべて撤去されたら、
あっという間に草木に覆われ、
集落があった気配はなくなってしまうだろうから。
それに、この(旧)川原湯温泉に通じる道も
最後の住人が出ると、
おそらく閉鎖されるだろうから。
(もしかしたら今年いっぱいかも)

で、いま、行き方を書こうと思って、
地図を検索したとき、
ふと、思いついて、
グーグルのストリートビューを見たら…
なんと旅館たちがまだ残っている!
撮影日付を見ると、2012年の8月。
2年前はまだ「温泉街」の形を保っていたのです。



上の画面のストリートビューはこちら

もし行かれる方は、ぜひ、
このストリートビューを先に見ておいてください。
それから現地に行けば、
その変わりようにきっと驚くと思います。

しかし2年でこうまで変わるとは……。
やっぱり急いだほうがいいかも。

<行き方>
車や自転車なら、
渋川方面から国道145号を西へ。
渋川から約35夘婉瓠
新しい鉄道の高架橋の下をくぐると、
旧道とバイパスに分かれます。
普通に運転していると、
バイパスに入ってしまうので、
意識して左手の旧道へ行ってください。
そこから約5區覆爐函
左手に旧温泉街のゲート(一番上の写真)が見えてきます。
もっとも、そのゲートもいつまであるかわからないけど。

うっかりバイパスに入ってしまったら、
(僕は最近2回行って、2回ともバイパスに…)
八ッ場ふるさと館まで行って、
先に資料館や橋の上からの絶景を見て、
そのあと橋を渡って、下におりて行けばOK。
といっても、ナビだともう昔の温泉街には
案内してくれないだろうから、
ちょっとややこしいかも。
旧温泉街の地図を頭に焼き付けるか、
プリントするなりして行った方がいいと思います。
地図はこちら
やまきぼし旅館のあるあたりが旧温泉街です。
上にリンクを張ったグーグルの地図だと
まだJRは昔のままですが、
ヤフーだとすでに付替線に変更され、
昔の駅は地図から消えていました…。


電車なら、新しい川原湯温泉駅から
旧温泉街までは徒歩15分ぐらいです。


 
| |
台風の声
昨晩は風がすごかったから、雨戸を閉めた。
東京に来て9年たつが、
台風で雨戸を閉めたのなんて初めてかも。
夜中、その雨戸がガタガタ鳴って非常にうるさかった。
こんな悪天候のなか、
物見遊山で外をほっつき歩いている人はいないだろうか。
いたら注意してあげようと思い、
雨もやんだ深夜0時過ぎ、外へパトロールに行った。

いやはやすごかった。
部屋の中にいて雨戸が揺れる音を聞いているよりも
ずっと激しかった。
東京じゅうの空がうなっていた。
台風銀座でもある我が郷里、南紀白浜では、
大きな台風が来るたびに
海の見える高台にパトロールに出かけていたが、
都会の街中でこれほどの台風を味わうのは初めてかもしれない
台風は、海で見るのとはまた違った表情を見せた。
複雑に入り組んだ建物がそうさせるのか、
​ひゅうう、ぴゅうう、ひょおおおっ、
とたくさんの人が話しているような音が
町じゅうから聞こえるのである。
深夜、人が完全に消えた町で、

いろんな声を聞くというのはなかなかシュールな体験だった。

そうそう。
歩いていると、なぜかベッドのマットレスが
道路の真ん中に転がっていたので、端によけておきました。
社会のためのパトロールですから。


 
| 生活 |
今年のマグカップイラスト
秋田県にかほ市の古民家で
毎年トークをやらせてもらっています。
で、今回は、今年出した旅のノウハウ書、
というかノウハウ的エッセイ
『大事なことは自転車が教えてくれた』
に合わせて、
旅や自転車の楽しみ方、
あるいは人生の楽しみ方(おこがましい!)を、
いつもの世界一周スライドに加え、
日本の旅のスライドも交ぜながら、
楽しく話せれば、と思います。

で、これまた恒例のマグカップ。
今年のイラストがやっとできました。

ジャーン。



うーん、小さすぎて、よくわからないですかね?
クリックすれば大きくなるので、よかったら。
ちなみに僕の大好きな場所、
モニュメントバレーを描いています。
この絵がマグカップに焼き付けられ、
参加者全員にプレゼント。
ちなみに去年のはこれ。


イラストを入れてから焼いるので、
使っていて色が落ちることはありません。
しかしこう見ると、
今回の絵はだいぶ線が多くなったな。。
マグカップに焼いたら黒くつぶれるかも…。

ま、そうならないことを祈って、
以下、イベント詳細です。

日時:11月29日(土)13:00〜15:30
会場:白瀬南極探検隊記念館裏手の浄蓮寺書院
  (秋田県にかほ市黒川字岩潟15−3)
料金:2000円(記念マグカップ、手作りケーキ、コーヒー込み
お申込み:khonma@gray.plala.or.jp
               090-6256-8519(夢を聞く会・本間)
     ※電話よりCメールのほうが確実だそうです。

会場は去年までとは違うのでご注意を。
ここ、白瀬中尉が一時期住んでいた建物だとか。
復元とあるけど、全部復元なのかな?
ともあれ、恐れ多い場所でさせていただくことになります。。
白瀬南極探検隊記念館では
オーロラの映像なんかも見れるようで、
いろいろおもしろそう。
しかも入場料300円とめちゃ安!


 
| お知らせ |
マッサンに熱視線
いやはや、『マッサン』がおもしろい!
NHKの朝ドラです。
10月から始まった新番組。
日本で初めて本格ウィスキーを作った
竹鶴政孝をモデルにした物語です。

朝ドラといえば、『あまちゃん』にハマり、
当時は「あまシフト」で、
朝の8:00、昼の12:45にメシの時間を当て、
1日2回観ていたものですが、
続く『ごちそうさん』では、
「うーん…」
と1日1回の視聴に減り、
さらに『花子とアン』では、
「なんじゃこのうす〇〇らな脚本はー!」
と途中でギブアップ。
(視聴率は高かったみたいだけど…)

なので、マッサンも期待していなかったのだけど、
ウィスキー誕生秘話は知りたいな、と思い、
なにげなく見出したら、
な、なんなのこの脚本の完成度……?
人物造形がしっかりしていて、
どのキャラもていねいに魅力的に描かれていて、
誰もがすごくリアル。
だから感情移入できるし、
ひと言ひと言に説得力がある。
ちょっと調べたら、
映画『フラガール』の脚本家でした。
なるほど〜。納得。
しかし脚本でこんなに変わるとは。
ほんと驚いてしまうぐらいの差が……。

そのほか演出もいいし、役者もいい。
とくに堤真一は最高! 出てくるだけで笑えます。
なんか関西弁の役をもらって水を得た魚のようだ(笑)。
そしてなんといってもマッサンの妻、
スコットランド人のエリー役の女優、
シャーロットさん。
最初は日本語を話せる外国人女優を
探していたらしいんですが、
シャーロットさんの演技を見て、
彼女に決めたそうな。

その裏話にも納得。
とくに今日の「あほ!あほ!」
とマッサンに怒りをぶつける
一連のシークエンスには涙が…。
この女優さん、ほんといいわ〜。
あ、もちろん主人公マッサン役の
玉山鉄二も愛すべきドジっぷりを好演。

とにかく笑えて泣けるすごいドラマです。
ウィスキー誕生秘話もおもしろいし。
まだの方はぜひ。
ぼくは既に朝昼2回のマッサンシフトに。
生活のリズムが守られるのがいいんだよな。
で、今日のは2回とも泣きました(笑)。

あと中島みゆきの主題歌もいいなあ。

毎朝聴いても気持ちがいい。さすがさすが。


 
| 生活 |
家のなかから天体へ
いまの住まいは全面的に気に入っているのだが、
とくに好きなのが窓。
東南の角部屋で、窓がけっこう大きくて、
視界が開けている。
東京にしたらいいほうじゃないかな。
だから僕は朝起きると部屋のカーテンを全開にする。
目の前に空が広がり、胸のすく思いがする。
そして全開のまま仕事をする。
プライバシー丸見え状態だけど気にしない。
2階だから、見え過ぎて近所迷惑、
ということもないと思うし。たぶん。

けっこう多くの人が終日カーテンを閉めているけれど、
あれはなんでだろうなあ。
日本家屋は戸を開け放てば外界とつながる構造になっていた。
縁側という日本特有の空間も、内と外の緩衝地帯だ。
プライバシーをひと言で表す日本語はない。
その概念が日本にはなかったからだ。

ま、それはともかく、
昨日はこの窓の広さにあらためて感謝した。
居間であぐらをかいて晩飯を食べながら、
皆既月食観賞としゃれこめたからだ。
月食をあんなにゆっくり見たのは初めてのような気がする。

立ったまま顔を上に向けて星を見るのと、
地面に寝頃がって見るのとでは、
同じ星空でもぜんぜん違うものになる。
それを初めて知ったときの心の広がり、
あの雄大な感覚を、ちょっと思い出した。
そしてその雄大さに、
家の中という日常空間から触れられたことに、
なんか新鮮な喜びを覚えたのでした。


 
| 生活 |
大阪でトークします
久しぶりに大阪でトークします。
11月9日(日)15:30〜17:30
会場は「シゴトバBASE」さん。
イベントもやるシェアオフィスだとか。

ポスター全体(クリックすれば拡大します)


トークの詳細はこちら


タイトルは上のとおり、
「僕が”好き”を仕事にした理由」
第一部は「世界一周疑似体験ツアー」。
いつものスライドショー&トークをしたあと、
旅行作家という仕事について、
どのようにして始めることができたのか?
日々どういうことをしているのか?
実際、この仕事はどうなのか?
文章ついてのあれこれ、等々、
ざっくばらんに語りたいと思います。
第二部は「世界で食べたあまーい話」と題し、
今回のトークの企画立案をやった
螢▲鼻ΕΕークが開発した
オリジナルスィーツを食べながら、
世界のスイーツ事情を座談会っぽく
ゆる〜くお話しできれば、と思います。
詳細は上のチラシをクリックしてくださいませ。

お申し込みは
会場であるシゴトバBASEさんのフェイスブック
もしくは下記にメールを。
info@shigotoba-base.com

どうぞお気軽に遊びに来てくださいませ〜。
 
| お知らせ |
稲刈りとダムとムショ
土曜から日曜にかけて稲刈りに行った。
場所は信州。
アフリカを一緒に走った仲間のひとり、
タケシが農業をやっているのだ。
毎年この時期、アフリカんときの仲間が
タケシの田んぼに集まって稲刈りをする、
というのが恒例になっている。

今回はちょっと寄り道をすることにした。
2週間前、八ッ場ダム予定地に
たまたま行った
のだが、
その話をジュンにすると
「俺も行きたい」と。

で、行ってみると、
わずか2週間前は
鉄道マニアや観光客でごった返していた
川原湯温泉駅が一変していた。

↓こちらが2週間前。まだ電車は走っていた。

駅舎内はパネルの展示も


この4日後に廃線となり、
で、2週間後の今回行ってみると、



入口にも窓にも板が。。。
うーん、パネル展示は続ければいいのに。
備品を盗むマニアがいるからこうするのかな?
ちなみに背後に映っている橋が、
ダム湖の上を渡る橋。
昭和20年代に建てられたこの駅舎も
5年後にはダムの底に沈む。

このあたりの集落や鉄道は、
すでにダム湖の上に移転している。
その移転したニュー川原湯温泉駅はこちら。




1日数本しか走らない単線の駅舎とは思えない立派さ。。
原発の振興策ほど露骨じゃないけど、
ダム事業もやるねえ。

あと前回はちゃんと見られなかった
「日本一短”かった”トンネル」
全長7m。
2週間前までは、ここを走る列車の写真が撮れたのだけど、
いまはこのトンネルも亡骸同然。


そしてやはりここ。
「湖面2号橋」の上。
ジュンと、彼の愛息レイくんも
その高さに驚いていた。




小1のレイくん、何か感じているかな?

で、タケシの田んぼに行って稲刈り。
この”はぜかけ”がけっこう大変!


でも終わったあとは気持ちいい!
夕焼けも祝福してくれた。
青春だなあ。


このあとビールビールビール。
オッサンは慣れない農作業で足腰ガタガタだったけど、
アホな旅トークは夜中の3時まで。
そういえばこの日はタケシの友だちNくんも
手伝いに来ていて一緒に飲んだのだが、
彼からおもしろい話を聞いた。
Nくんの友人にムショ帰りの男がいて、
なんでもその彼が刑務所の中で
拙著『行かずに死ねるか!』を読み、
旅に目覚めたのだとか。
へー。
本っていろんなところで読まれるんだな。
うれしいっす。

ま、それはともかく、
タケシの家に稲刈りに来るたびに、
やっぱ年に一度でもいいから土に触れないとなあ、と思う。
なんか体がすがすがしくなるんだよな。
みんなお疲れさま〜!


今日のいわき市での講演は
やっぱ延期になりました。とほほ。
いまは晴れてるのになあ。

 
| |
大阪のワイナリーと稲刈り
取材で大阪の某ワイナリーへ。
大阪にもあるんですねえ。
なんでも大阪は昔、
葡萄の一大産地で、
ワイナリーも100ヵ所以上あったとか。
できたてのワインをいただきました。
うまかった!
ゆっくり1泊したかったけど、
さっき最終の新幹線で帰宅。
で、明日は(もう今日だけど)、
朝6時出発で、長野へ。
アフリカを一緒にチャリで走った仲間、
「ドライペニーズ」の一員、タケシの田んぼで稲刈り。
毎年恒例、ドライペニーズ同窓会です。
楽しみ楽しみ。
で、日曜に帰って翌日の月曜日は、
福島県いわき市で講演。
ああ、台風が直撃っぽい…。



 
| 生活 |
トークイベント/大阪 11月9日
「僕が“好き”を仕事にした理由」と題し、世界一周のスライドショーに加え、旅行作家になるまでの経緯、日常、裏話等、いろいろ話します。2014年11月9日(日)15:30〜 大阪市北堀江「シゴトバBASE」。お申込み・詳細は10月7日のブログをご参照ください。
新刊が出ました! 2014.2.28発売
『大事なことは自転車が教えてくれた』小学館刊・1400円+税。「冒険と自転車の楽しみ方」をテーマにしたエッセイ集です。ひと言でもいいので感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS