石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
楽観してました

いや、まさかの事態になりましたね。
EU離脱を予想した人なんていたんでしょうか。
やばいなあ。
勘の鋭い僕はポンドを持っています(大涙)。
ま、財テクとかではなく、
ポンドで支払われたものを
そのまま持っているだけなんだけど、
こんなことなら円に替えておくんだった。
これからどこまで下落するんだろう?
20年ぐらい冷凍保存しておきますかね。

ま、悩んでも仕方がないので、
さっさと忘れることにしまして。

現在発売中の「バイシクルナビ」に
「心にズンズン刺さる場所」
という暑苦しい記事を4頁書いています。
よかったらご一読ください。




これ、なぜか僕の知らぬ間に
謎の言葉が2つほど書き足されています。
1つは文章の意味まで変わってしまっているという…。うーん…。
ということで、そのことを前提でお読みください。
あれ? と思ったら、それです(笑)

さて、明日から5日間、韓国に取材に行ってきます。
メシが楽しみだ!


| 社会 |
広島で潜伏していたヤツら

週末、黒田を観に広島に行ってきました。
一応、仕事です。雑誌の取材です。
しかし広島、何年ぶりだろ?
この4年以内に行っているはずだけど、
ずいぶん久しぶりな感じがしたなぁ。
昔住んでいたころと比べて
町の感じがだいぶ変わっていたからかも。
ま、住んでいたのがもう20年以上も前だから
変わっていて当たり前なんだけど。

で、マツダスタジアム。
2009年にできた日本最新の球場ですが、
いや、いいですね。
MLBのボールパークって
こういう感じなんじゃないのかな。
いろんなシートがあります。


寝そべって観戦できるシートや、


貸し切りバーベキュースペースまで。


焼いた肉を食べながら野球観戦できます。優雅ですね。

グランドに面したフィットネスクラブもあって、

マシンの上で走りしながら観戦できます。


いきなりこんなオブジェなんかも。

真っ赤な観客席も壮観でした。


まるで燃え盛る紅葉谷。


そして生きる伝説、黒田。

満身創痍の体で黙々と、懸命に投げていました。
その姿を見ているだけで胸がいっぱいに。

ほんと明らかに体が辛そうで、
コントロールもままならず。
でも悪いなりに6回3失点と
きっちり試合を作るあたりはさすがベテラン。
ただし試合は8回表の時点で0-4、と敗色濃厚で、
こりゃ感傷的な記事にするしかなさそうだ、
と思っていたら、
8回に2点、9回に2点を入れて土壇場で追いつき、
延長12回最後の攻撃でサヨナラホームラン!
そう、鈴木誠也の“神ってる”3戦連続決勝本塁打の
幕開けがこの日なのでした。
真っ赤な歓喜の渦に呑まれ、
あの瞬間は僕も純粋な鯉党になっておりましたです。はい。

いやでもほんと、広島に3年いたから、
タイガースの次に応援しています。
ていうか、今年はなんとしても優勝してほしい。
黒田の男泣きが見たい!

ちなみにマツダスタジアムは広島駅から歩いて行けます。
なので観客席からは新幹線が見える。

外野席が低いでしょ。
レフト側のこの部分だけ低いのです。
新幹線の乗客にも野球の試合の雰囲気を
見てもらうためらしいですよ。なんちゅう粋な計らい!

球場近くのローソン。

車止めまで赤い!

おまけ。

僕が広島でサラリーマンをしていた頃、
ヒッチハイクの旅に出たとき拾ってくれた
西ブト会の面々。
「店を取材したあと合流しようぜ、
ラーメンの『陽気』に連れていってや」
と広島に入る前にメールしておいたら、
彼らは先に、その取材先の店に入って潜伏し、
僕の様子をうしろから見ていやがった。
背後の席にいる彼らに気づいたのは、
僕が入店してから1時間ほどたったころでしょうか。
このうちの2人はほんと久しぶりだったので、
めちゃくちゃ興奮してしまい、
取材どころではなくなってしまいました。
O田に、Y一郎に、S平、
お前らアホか!
遊びじゃねえっつうの!(一応…)
ま、その仕事のあとは4人で町に繰り出し、
めっちゃおもしろかったのですが。

広島、いい街だなぁ。



| 生活 |
記事書いています。

現在発売中のグルメ雑誌「dancyu」の
P122〜123に記事を書いています。



取り上げさせてもらったのは
北千住の「さかづきブルーイング」。
最近ちょっとしたブームになっている
クラフトビールの店で、
ここは醸造所とパブを兼ねています。
つまりできたてのビールが味わえる店なのです。
いや、ここのヴァイツェンは最高ですよ。
飲んだ瞬間、バナナの香りがぶわあっと広がります。

で、明日は取材で広島にいってきます。
マツダスタジアムでカープ観戦。
黒田を観ます! やった!
じつは僕はタイガースファンなのですが、
広島に3年住んでいたからカープも好きで、
とくに黒田にはチームの垣根を越えた好意、
というより愛情を抱いています。
ま、取材といっても
スポーツ誌の取材じゃないんですけどね。
不思議な仕事があるものです(笑)。


| お仕事 |
舛添さんの偉大な仕事

ああ、舛添サン、辞意表明…。残念。
テレビの中ではご立派なコメンテーターたちが、
「これで幕引きということではなく、
木更津のホテルで誰と会議したのか
とことん追及しないとダメです」
などと息巻いていたけれど、
もうそこは大人の配慮でいいんじゃないですかね。
誰もが薄々わかっていることです(笑)。
最後まで追い詰め、
「ほらやっぱり」
と溜飲を下げたところで、
何が得られるのか。
それより、おおらかな心で、
「舛添さん、バカなことしたね」
と笑顔で流す。
そういう寛容な社会でありたいものです(?)。

(と昼にこれを書きましたが、
どうやら舛添さんはもう糾明されない環境に
逃げ込んだみたいですね。それもなんだか…)

それより幕引きさせてならないのは、
ザル同然のアホな政治資金規正法でしょう。
次の選挙、都知事選も参院選も、
「税金の無駄遣いをさせないよう、
このザル法を厳しく見直します」
という公約を掲げる人が現れるかどうか。
このままスルーはありえない。
それでもし、そのザル法がきちんと見直されるなら、
舛添さんはほんとはとても大きな仕事をしたわけです。
クソみたいな因習を排し、世の中をよりよくした
偉大な政治家だったわけです。ぱちぱち。



| 社会 |
がんばれ舛添サン!

新聞の一面のトップ記事が、
アメリカの史上最悪の乱射事件ではなく、
舛添問題だったことにびっくりした。
本質的にはアホみたいな問題なんだけどなあ。
似顔絵まんじゅうとか、クレヨンしんちゃんとか。
それにしても舛添サン、
「野球は五輪の追加種目になる可能性があり、
プロ野球観戦は東京五輪に大きく寄与している」
とかって、よく笑わずに言えるもんだ。感心する。
僕なら絶対しゃべっているうちに笑ってしまう。

しかしその舛添氏も風前のともしびですね。
策士策に溺れる、火に油。
会見や審議を重ねるたびに印象が悪くなっている。
これほど対応ミスを続ける人も珍しい。
木更津ホテルの問題も、最初から、
「家族旅行でした、私はセコイから
金を浮かそうとしました、すみません」
と言っておけば、苦笑で済んだかもしれないのに。
(済んでいないか?)
東大卒のかなりの割合の人間がアスペルガーという
怪しい記事を前に読んだが、
この都知事もそうなのでは、と思ってしまう。

でもここへ来て、僕は気が変わった。
舛添氏、続投に一票!(笑)

給料いらないそうじゃないですか。
それならずっと無給でがんばってもらいましょう。
都知事としての「資質」などと
ご立派な言葉が使われ、
一方的に責められているけれど、
金に目がくらまない政治家なんているんですかね?
あなたのお子さんに、と渡された自転車すら受け取らず、
翌月、自分の給料で自転車を買いにきた
チェ・ゲバラのような人間が今の日本にいますかね?
金に関していえば、どいつもこいつも似たようなもの。
金額でいえば猪瀬のほうがはるかにたちが悪い。
やったことに関しては石原のほうがずっとひどい。
舛添のやったことなんてアホみたいなものです。
いや、むしろ、これだけ注目されているのだから、
今日本で一番潔癖な政治家は舛添サンでしょう(笑)。
事故を起こした会社の飛行機が、
当面のあいだ一番安全、というのと同じロジックです。

いちおう頭は優秀らしいし、
今は“生まれ変わって”聖人君子のようにきれいなはずだから、
無給でガンガン働いてもらいましょう。
何十億円もかけて選挙するよりずっとずっといい。
(後任候補の顔ぶれを見てますますそう思ったわ)

ネタではなく結構真剣にそう思うんだけど、
でもさすがに舛添サンももう持たないだろうなあ。
お笑いのネタがなくなることにも、一抹の寂しさが。


| 社会 |
世紀の一戦、再び

アントニオ猪木 vs モハメド・アリの
「世紀の一戦」は、
それが始まる前までは、
日本中が熱狂していたような気がするけれど、
蓋を開けたら実につまらなかった、
という記憶がある。
昨晩、モハメド・アリの追悼番組として、
その「世紀の一戦」をノーカットで放送していた。
もしかしたら、あのころは子供だったから
わからなかっただけかもしれない、
と思って見てみたら、、、

やっぱり、おそろしくつまらなかった。
あれはどう考えてもルールが悪いなぁ。
プロレス技がほぼ禁止、
かつ、アリのグラブがあんなに小さいんじゃ、
猪木は寝転がって蹴るしかなかっただろうし。
異種格闘技のノウハウがなかった時代だとはいえ、
ああいう試合になることは
アリ陣営は想像しなかったのだろうか。
いずれにしても、あの凡戦の再放送が
アリの追悼になったのかどうかじつにビミョー…。


| スポーツ |
おぞましいものの正体

昨日、おぞましい写真をここに載せて、
「これはなんですかね?
知っている人、よかったら教えてください」
と書いたら、なんとすぐに返事をいただきました。
といっても、その人もあの物体を知っていたわけではなく、
気になってグーグル先生に聞いたそうです。
でもなんて検索したんだろう?
「すね毛」「マユ」とか打ったんかな?
そう思って、すね毛、マユ、で検索してみたら、
僕の昨日のブログが出ました(笑)。

ともあれ、その返事をくれた方は
ネットの海から見事に見つけ出しました。
アカスジシロコケガ、という蛾のマユだそうです。
「アカスジシロコケガ」「マユ」で画像検索してみると、
すごいのがたくさん出てきます。
今日はちょっと躁状態がひどいから、
鬱になりたいなあ、という方、ぜひご覧ください。

で、僕も少し調べてみました。
幼虫(毛虫)が自分の毛を抜いてマユを作るんだとか。
己の背中の毛を口で引っこ抜くそうです。
てことは、エビ反りして抜いているのか…。
うーん、君らはどんだけおぞましいんだ。

さらに衝撃的な話があります。
もう一度写真を。



この中の黒いカプセルみたいなのは、
なんとアカスジシロコケガの幼虫に寄生した
蜂のサナギだそうですよ!
で、その下にある、亀の子タワシがつぶれたような
毛むくじゃらの物体のほうが、本来のマユの宿主、
つまりアカスジシロコケガの幼虫でして、
これは寄生された成れの果てだそうですよ!
これで今日も一日、さわやかな気持ちになれましたね!
こちらのかたがさらに鮮明な写真で解説しています→こちら
(これは閲覧注意レベルかも…)

ともあれ、しょうさん、お返事ありがとうー。


| 生活 |
おぞましすぎる

房総の旅で、こんなもん見つけました。
駐車場の壁に張り付いていました。



直毛のすね毛で作ったようなマユと、
その中に入っているゴキブリの卵のような黒い物体。
こりゃいったいなんなんですかね?
ド田舎者の僕でも初めて見ました。
知っている方、よかったら教えてください!

ちなみに下から撮ると、こう。



クリック&拡大して見てみてください。
マユの中の黒い物体は2つあって、
下のほうのは毛むくじゃら。

なんて醜いんだ…
(by 『プレデター』のシュワルッツネッガー)


| 生活 |
勝浦のカツオ

房総の旅から帰ってきました。
念願の「宮かわ」にも再訪できました。
いや、やっぱり素晴らしい仕事をされています。
ご飯は薪窯で炊いているし、
なんと塩まで作っています。

あと、勝浦に行かれる方、
ここだけは外すな!という店を見つけました。
勝浦といえばカツオですが、
このカツオにもいろいろ事情があって、
同じ勝浦産でも質に大きな差があります。
勝浦産だからウマい、というわけではありません。
事実、勝浦に泊まった夜に食べたカツオは普通でした。
その店はお客さんでかなり賑わっていたし、
値段もそこそこだったから
(カツオの刺身一人前1000円)
期待したんだけどなあ。
もちろんまずくはなかったけど、
スーパーのカツオとそう大きな差はない。
ちなみにその店、帰宅後パソコンで調べたら、
食べログでは高評価でしたわ(笑)。

で、そのあと、漁業関係のオッサンと知り合い、
「カツオなら今いいのを入れているのは〇〇だ」
と言われたんです。
朝も10時から開いているというので、
翌朝、その店に行って、
カツオの刺身を食べたら、
どっひゃー!
同じカツオでこうも違うんかい!
いやはや相当感動してしまいました。
うまいものって余韻が違うんだよなあ。
いまでも思い出すだけで楽しい気分になります。
店名は……7月20日に出るサイクルスポーツに書きます(笑)。
近々勝浦に行くから個人的に教えて、
という方にはこっそり教えますので、
メールくださいませ。


こちらは“普通”のカツオのほうですが。

| |
とうとう10年、もう10年

サイクルスポーツという自転車雑誌に
「僕の細道」という旅エッセイを書いています。
日本のあちこち(ごくたまに海外)を走って、
バカなことを書き散らすアホな連載です。
その連載が来月でとうとう10年目を迎えます。
ってことは、僕も10歳老けたというわけで、
ひゃー、もうじじぃやん。
しかし10年かぁ。一瞬だったな。
ま、そんなわけで、10周年をひとりで勝手に祝い、
明日からの取材は特別な場所を走ろうと思います。
それはどこかと言いますと、、、

房総!

めっちゃ普通やん!

いえいえ、僕にとっては特別なのです。
というのも、10年前の記念すべき第1回目の旅が
房総だったから。
この10年で何が変わったか、変わっていないか。
何より、最初の夜に入って衝撃的にうまかった店、
「宮かわ」のイワシの刺身が食べたい!
ということで、僕はひとりで盛り上がっています。
ああ、でもいま既に午前3時…。
仕事が終わらない…。

ちなみに今月の「僕の細道」はこちら。
キューバ編の3回目です。
自分で言うのもなんですが、めっちゃおもろいです。







いつもは白黒だけど、キューバ編だけカラーなのです。


Check
| |
5月29日(日)横浜でトークします。
世界一周のスライドショー、北中南米編をやります。★5月29日(日) 13時半開場 14時開演 ★会場:南極料理人「Mirai」(横浜の関内駅から徒歩3分) ★詳細、お申込みは4月29日のブログをご覧ください。
本の感想やいろいろ
お声いただけると嬉しいです→ yusukejitensha●yahoo.co.jp ●に@を入れてください。
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS