石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
想くんの告知

このブログでもたびたび登場するモンスター、

笛吹の想くん、あらため

インドの古典音楽「ドゥルパド」歌手の想くんが

出演するコンサートが

5月11日(土)18:00より

京都の中心部で行われます。

新京極通り六角下ルにあるお寺です。

以下、チラシです。

クリックすれば拡大します。

ご興味ある方はぜひ。

出演者の方のツイッターにも詳細出ていました。

https://twitter.com/i/web/status/1124292452204941312

 

今日もいい日だった。

阪神、大山のサヨナラ。

これを機に覚醒だ!

 

| お知らせ |
ターキー

食の雑誌『ダンチュウ』ウェブサイトの僕の連載、

「麺店ポタリング紀行」の新しい記事が

アップされています。

よかったら読んでみてください。

https://dancyu.jp/read/2019_00001363.html

ここ、うまかったなー。

お店のビジュアルも最高です。

 

 

 

| お知らせ |
何やってんだ…

うーん、ピエール瀧、何やってんだ。

ノリピーよりも驚いた。

どっちも「ピ」か。

 

さて、数日前になりましたが、

ダンチュウWEBに連載中の

「麺店ポタリング紀行」、

新しい記事がアップされています。

今回は「食」より完全に「旅」のほうです。

よかったら、ご一読ください。

https://dancyu.jp/read/2019_00001300.html

 

この釣る気満々の見出し…。

| お知らせ |
帰宅&アップ

ミャンマーから帰ってきました!

いや、いい旅でした。

ある夜、ある田舎町で、

現地の人としゃべって、

そのあと、わけもなく楽しくなって、

夜の街を意味もなく駆けたりしたものです。

 

なんか旅行中ずっと脳内麻薬が出ていたみたいで、

夜遅く寝ても夜明け前に目が覚めてギラギラ、

走っても疲れ知らずで、これはヤバイな、

と思っていたら、帰国した翌日、つまり今朝は

布団からなかなか起き上がれませんでした。

体がバッキバキ。ロボットみたいな動きになってます。

 

またぼちぼちミャンマー情報などもアップしていきます。

それにしても意外だったのは絶景が多かったこと。

あ、いや、基本は単調な景色ですが、

行くとこに行けば、きれいな景色が連続するんですよねぇ。

パアンの入り口。ちょっとアメリカっぽいな。

 

さて、ダンチュウWEBの記事、更新されています。

よかったら読んでください→こちら

この店主さん、ほんと面白いんです!

 

 

| お知らせ |
サイスポが新しくなりました!

自転車雑誌「サイクルスポーツ」が全面リニューアルしました!

いや、これは結構いいんじゃないでしょうか。

 

以前より少し横長の判型になり、ワイドな感じになりました。

横方向に走る自転車の写真を多用するので、これはぴったり。

ロゴも22年ぶりに変更したとか。

吉本編集長、思いきったなー。

 

それに合わせて僕の連載

『石田ゆうすけのNIPPON漂流 僕の細道』

のページデザインも変わりました。

 

これは嬉しい!

以前と比べ、すっきりしています。

 

以前↓

 

 

今月はこんな記事も書いています。

このイラスト…。

そう、エセ自転車日本一周野郎、

樋田淳也容疑者についてのコラムです。

あいつのおかげで、

自転車旅行者のイメージが下がるのが心配だ、

とはあまり思わない、という内容です(笑)。

 

ところで、最近の雑誌は付録がついていることが多いのですが、

物欲が甚だしく欠けている僕にはこの付録、

邪魔でしかないんですよね。

でも今月のはいいです! 

イタリアの老舗ブランド「チネリ」のネックウォーマー。

付録ならではの雑誌のロゴも入っていないし、

これは普通にお店で買い求めるクオリティかなと。

温かいし付け心地もいいから家でも巻いています(笑)。

 

| お知らせ |
『dancyu』ウェブサイトに記事を書いています。

食の雑誌「dancyu」のウェブサイト

今日から始まりました。

これに「麺店ポタリング紀行」という記事を

書いています→こちら

ポタリングというのは自転車散歩のこと。

自転車で気ままに走りながら

昭和な麺の店を訪ねていこうという企画。

うーん、dancyuでこんなことやっていいんだろうか?

という不安を抱えつつ始めたのですが、

予想どおり、というか、予想に反した形で、

第1回目からトラブルに見舞われました。

まったくdancyuの記事になっていませんが、

よかったらご一読ください。

 

あと、創刊にあたっての編集長の挨拶を

読んでゲラゲラ笑ってしまいました→こちら

ま、これは内輪受けの笑いかもしれませんが。

 

| お知らせ |
トークライブと雑誌記事の告知

ちょいと遅くなりましたが、

今月6日発売のグルメ雑誌『dancyu』の

巻頭特集「ニッポン美味紀行」を書いています。

青森県の田子町でつくられている

日本一と評されるニンニクの記事、

カラー5ページです。

よかったら読んでください。

 

それと今週土曜日の大阪でのトークライブ。

残り3席となっています。

こちらもよろしければ。

詳細はこちら→こちら

 

 

| お知らせ |
大阪の古民家でトークライブします

昨日の秘境駅探訪&サロベツ原野サイクリング告知に続き、

今日もイベントのお知らせを1件。

大阪の古民家ゲストハウスでトークをやります。

「キューバ夜話&世界一周疑似体験ツアー」

と題し、ちょっと前に行ったキューバ、

ならびに世界一周の話を

スライドショーとともにお送りします。

 

■8月18日(土)18:00〜20:00(17:30開場)

■入場料 2,000円(軽食付き・完全予約制)

※定員に達し次第受付終了となります。

 

トークライブ終了後は自由参加の懇親会もやります。

会費(おつまみ代)500円、飲み物実費。

 

■場所 大阪ゲストハウス緑家

(緑橋駅から徒歩5分)

 

なお当日はイベント参加の方に限り、

宿泊を受け付けているそうです。

遠方よりお越しの方はお気軽にお問い合わせください。

トークならびに宿泊のご予約・お問い合わせは以下まで。

info@osakamidoriya.com

 

イベントの詳細はこちら→こちら

 

大阪ゲストハウス緑家は友人がやっている宿です。

3年前のオープン時にも一度トークライブをやりました。

築80年の古民家で、友人のよしみ抜きにして、

めちゃめちゃ感じのいい宿ですよ〜。

 

キューバの田舎のスタンドカフェ

| お知らせ |
秘境駅と日本一気持ちいいチャリ旅イベント

自転車で走ると日本一気持ちいい、

と僕が勝手に思っている場所が北海道のサロベツ原野。

それを擁する幌延(ほろのべ)町は秘境駅のメッカでもあります。

鉄道旅で数ある秘境駅を訪ね、

さらにその周辺をサイクリングして

サロベツの自然と風土を味わいつくす、

というイベント『チャリ・デ・秘境駅』が

「幌延エコモビリティを考える会」主催で行われます。

この夏、避暑を兼ねてどうですか?

 

8月4日(土)輪行サイクリング&秘境駅探訪

8月5日(日)石田ゆうすけ講演会(無料)

 

どちらか一方のご参加でもOKです。

4日はもちろん僕も一緒に走ります。

幌延駅に朝6:00集合なので、前泊が必要です。

日が暮れるまで遊び倒します。

5日の講演会は、午後から。

たぶん(笑)13:30スタートです。

 

※クリックすると大きくなります。

日程はこれで決定ですが、

このチラシは暫定的です。

デザイン会社で現在かっちょいいやつを制作中。

 

詳細情報はこちらを。

フェイスブック

ツイッター

順次アップされていくようです。

 

お問い合わせ・お申込みは

村上 090-8542-7144 (代表)

山下 090-1383-2819

お気軽にどうぞー。

| お知らせ |
『震災ジャンキー』発売されました!

山中戦、ショックでした。

うーん、作戦ミスですかねぇ。

本人も言っているけど、

もう少しガードを上げて足を使って

老獪に進めてほしかった。

ド素人の感想だけど。

 

話変わって、

以前、ここでも紹介させてもらった

知人のデビュー作『震災ジャンキー』

発売されました。

彼、小林みちたかくんはライター業をしながら、

今も毎月何度も福島に行って、

被災者の心のケアをする、

というボランティア活動をやっています。

繰り返すけれど、

東京から”毎月何度も”行っています。

なぜそこまでやれるのか。

あるいは、やめられないのか。

そのあたりの思い、

および活動先での出来事をまとめた本です。

ついでながら、この本で文学賞も受賞しました。

 

 

早速昨日から読み始めたけど、

いや、これは身びいきナシで相当おもしろいです。

心にパンチを食らい、体が衝き動かされる、

といった類の本ですね。

いつものスピードで読んでいたけど、

途中から姿勢を正して一語一語吟味して

読むようになりました。

まだほんの前半だけど、

心にとまった言葉を抜き書きします。

 

そもそもぼくは寄付やボランティアといった

慈善行為の類には無縁の人間だった。

 

顔ではわかった風を装っても、胸の内では

〈この世には絶対なんてないし、

ひょっとしたらわからんぞ〉

と重箱の隅を肥大化させたような屁理屈を

こねずに居れない面倒な少年だった。

子供ながら自分のひねくれた思考回路に

〈生きにくい人生を歩みそうだな〉

と将来が不安になってしまったほどだ。

案の定、成長過程でもみんながすっと理解していることに

1人勝手につまずき苦しんだ。

常識的な判断を問われる運転免許の試験には何度も落ちた。

合格に安堵する暴走族のすぐ後ろの席で

不合格になった時は相当悩んだ。

ただ〈ひょっとしたらわからんぞ〉という厄介な性格は、

ならば自分でやってみようという好奇心を育てた。

知りたいことは何かと自分の体で試してみた。

 

(3.11の前に、スリランカで災害支援をやったとき)

自分の体ほどもある物資を抱えた少女の笑顔に

胸が熱くなっていた。

それは人の不幸の上でしか

味わうことのできない罪悪感を伴った快感だった。

 

 

 

| お知らせ |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS