石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
ミャンマーを走る

だいぶサボってしまいましたが、

こんにちは。

ミャンマーからです。

吉報です。

海外ツーリングがしたいけど、

どこに行ったらいいかわからない方。

怖いとこはイヤだな、

人が優しいところがいいな、

異国情緒に思いっきり浸りたいな、

タイムスリップも味わいたいな、

異国の人と楽しく触れ合いたいな、

美女(美男)が多い国がいいな、

走行後のビールがうまいところがいいな、

絶景も観たいな、

安いところがいいな、、、

という欲張りな貴方!

ミャンマーを走りましょう!!!

 

いや、ここ最高じゃないですか。

バガンという遺跡があって、

20年以上前からずっと行きたかったところで、

まぁ、正直に言うと、バガンさえ見られたらいいわ、

ぐらいの気持ちで来たんですが、

そのバガンにまだ着いていないというのに

もうミャンマーが大好きになってしまいました(笑)。

人がほんと素敵です。泣けてきます。

景色は、最初は単調だったけど、

ここ数日とんでもないです。

今日は写真ばかり撮って

なかなか進めませんでした。

天気も乾季の今は毎日快晴。

東南アジアって湿気が多いイメージだったけど、

ミャンマーは大陸的な気候でカラッとしています。

だから洗濯物もすぐ乾きます。

メシもうまいしビールもうまいっ!

(ま、メシに関しては、同じ東南アジアの

タイやベトナムと比べるとちょっと劣るかもしれませんが、

ビールは東南アジアで一番うまいかも)

 

海外ツーリングはしたいけど、

英語ができないからなあ、と二の足を踏んでいる方、

まったく心配いりません。

なぜならミャンマー人もしゃべれないから(笑)。

都市部や観光地は知りませんが

(なんとミャンマー7日目にしてまだその両方に行っていない…)

田舎はきれいさっぱり英語が通じません。

だからミャンマー語を覚えるしかないのですが、

やっぱりおもしろいんですよ、言葉って。

メチャクチャな会話のやりとりから笑顔が生まれます。

 

治安に関しては、今走っているヤンゴン→バガンの田舎は

まったく問題ないと思います。

感覚的には日本の田舎を走っているのと変わりません。

都市部のダウンタウンはちょっとわかりませんが、

ヤンゴン→バガンの黄金ルートを行くなら、

ダウンタウンに寄る必要もありません。

(空港の近くにROLY GUESTHOUSEという安くていい宿があって、

そこからバガンに向かえば、ヤンゴンの中心部に行く必要なし)

グーグルマップなどを見ると、

何もない区間が結構あるので、

ジャングルや荒野が延々と続くのかと思っていたけど、

実際走ってみると、道沿いにずっと村や町があります。

その中を通ると人々が笑顔で声をかけてきます。

僕も常に左を向き、右を向きながら、

ミンガラーバー(こんにちは)や

タター(ばいばい)などと言って手を振っています。

なぜこんなに楽しいんだろう、と思ったら、

アフリカの旅にちょっと似ているからだな、と。

 

ミャンマーは急いだほうがいいかもしれません。

ビジネスチャンスとばかり各国がミャンマーに進出しています。

すでに遅いかも、と危惧していたのですが、

まだ大丈夫でした。

田舎に行けば、100年前かよ!という世界が広がっています。

でもいつまで残っていることか。

5年後はまだ大丈夫でも、10年後はちょっと遅いかも。

 

書きたいことが山ほどありますが、

あとはサイクルスポーツの記事に載せることにします。

楽しい記事になると思うので、よかったら読んでください。

3月20日発売号から、何号か連続する予定です。

あ、でも今月と来月の雪の東北もおもしろいんだよなぁ。

ええ、自分で言います(笑)。

だって旅がおもしろかったんだもん。

 

でも考えてみると、雪の東北ツーリングから

灼熱のミャンマーとは…(笑)。

ま、ちょっと狙った部分はありますが。

 

そうそう、ツーリング情報は、たぶん、

ここにも載せると思います。

みなさんにもぜひこの国の田舎を走って味わってもらいたいから。

写真は、雑誌の取材で来ている以上、

本来はここに載せるべきじゃないのですが、

ま、1枚2枚はいいですよね? Kさん。

宣伝の意味でも(笑)。

 

田舎に行けばこのとおり。

 

村人の足として牛車が普通に活躍中

 

ピーナッツをくれたおばさん

 

顔に塗っているのはタナカ

 

Taungdwingyiという村の寺から。茫然。

 

今日は延々こういう景色の中を走りました。

よかったらクリックして大きくしてご覧くださいませ。

 

1、2枚載せるつもりが…。

そもそもこのブログも「生きてます」と

一言書くぐらいのつもりだったのに、

思いがあふれて書きまくってしまいました(笑)。

 

さぁ、明日はとうとうクライマックスのバガン遺跡!

楽しみだー!

 

 

| |
出発

いやあ、新年早々ブログをサボりまくりました。

ちょっとこのところ大変で。

仕事も片付かないまま、

これからミャンマー取材に出かけます。

結局、ミャンマーでも原稿書かなきゃ。。

余裕があれば現地からブログもアップします!

でもたぶんない!

というわけで、いってきまーす。

 

| |
賢治の町の百貨店

岩手の花巻といえば宮沢賢治。

生家(賢治の母の実家)の立派さには驚いたし、

賢治記念館も非常におもしろかった。

でもこれらのことはおそらくサイスポに書くと思うので、

そのほかのことを書こうと思う。
 

花巻といえば、もうひとつ有名なもの。

そう、マルカンデパートだ。

地元の老舗百貨店で、

人気の大食堂は曜日を問わず繁盛していたそうだが、

老朽化のために2016年に閉店が決定。

しかし存続を求める高校生の署名活動を契機に、

若手事業家たちが立ち上がり、食堂の存続が決まった。

という話を、何かで読んだかテレビで観たか。

とにかくそれだけ愛されている食堂とはどんなものか

見にいってみると、これが本当に奇跡のような食堂だった。

 

まずは外観から。

 

うーん、懐かしい。屋上遊園地の音が聞こえてきそうだ。

で、何が奇跡かというと、これだけ図体の大きな建物なのに、

なんと6階の食堂しか営業していないのである。

いや、正確には1階にも土産物店が入っているが、

ぶっちゃけ申し訳程度で、メインはあくまでも6階だ。

2〜5階はもぬけの殻である。ほとんど廃ビルだ。

なのに、6階の食堂だけは大いににぎわっているのである。

平日の開店直後(11時)だったからまだこの状態だが、

このあと次々に客が来て、やがて正午の学食状態に。

しかし給仕さんの制服もいいですなあ。
聞けば、創業当時のままだとか。

 

展望レストランになっています。

 

ここで食べたのが名物のナポリカツ。

半券も昔のまま。しかし一眼レフ&単焦点レンズはやっぱりいいなー。

 

さらに名物のソフトクリーム。

この高さでなんと180円。

 

味はどちらも大騒ぎするようなものではないけど、

でも地元にいたら確実にリピートするな、という旨さ。

それになんといっても、ノスタルジックな空間が格別で、

居心地が最高にいいですね。

また身を浸しにいきたくなります。

 

| |
湯煙に猿

先日発売されたアウトドア雑誌『BE-PAL』に

温泉の記事を書いています。

このブログにもちょっと書いたけど

大学時代に僕が作った裸族探検隊の4代目隊長が

現在はカメラマンをやっていて、

その彼と初めて仕事をした、というのがこの記事なのです。

要するに裸族の4代目隊長と初代隊長が

初コラボした作品というわけで、それがこれ。

 

 

 

我ながら小学生並みの知能だなあ。

 

4代目隊長が

「石田さん、もうちょっと右、もうちょっと、

あ、行き過ぎです! 丸見えです!」

と微調整しながら撮ってくれました。

 

でもこの写真はたぶんボツだろうなと思ったので、

ほかのバージョンもたくさん撮ったんですよ。

なのにこれが採用(笑)。

BE-PALもよくわかっていらっしゃる。

 

しかし温泉ライターって大変ですね。

撮影でいろんなポーズをとっていたら、

(誰も求めていないのに)

めちゃくちゃのぼせて気が遠くなりました。

 

| |
天然なめこの底力

秋は旅するもんだなあ、としみじみ思った。

というのも先日秋田に行ったとき、

直売所で天然なめこを買ってきたのだ。

食べてびっくり。

なんちゅううまさだ。

甘くて、松茸みたいな香りがほのかにする。

 

考えてみると、この時期、

たいていの旅館などで出てくるなめこは

”原木なめこ”だ。

天然なめことはまるっきり別物である。

 

こちら↑は原木なめこ。某旅館の晩飯。

 

そしてこちら↓が天然なめこ

 

 

なめこ汁にしてもおひたしにしても

香りが全然違う。

これまた「ありがたいなあ」と感動する。

東京ではまず手に入らないだろう。

この味をいただけるだけでも、

秋に田舎に出かける意味があるなあと。しみじみ。

 

| |
人気宿は実際どうだったか?

秋田県乳頭温泉の「鶴の湯」は予約がとりづらい宿だそうで、

ネットは対応しておらず電話予約のみ。

それも毎月1日の朝7時から

半年先の1ヵ月分の予約を受け付けるというシステムで、

その1日の7時に電話が殺到するらしい。

なんかチケットぴあみたいやな、と半笑いしながら、

今年の4月1日の朝7時に電話してみると、

本当にずーーっと話中で、

ようやくつながったのが午前10時過ぎだった。

こりゃ無理か、と思ったら、

意外にも平日ならまだ空きがあるとのこと。

ということで去る10月某日に泊まってきたのだが、

それほどの人気宿、実際どうだったかというと、、、

 

カメムシだらけだった。

 

なにせ僕が泊まった本陣という建物は

約400年前に秋田の殿様おつきの武士たちが

泊まったという茅葺屋根の古い建物で、

虫が入る隙間が、目には見えないがあるのだろう。

カメムシが部屋じゅうを這いまわり、

晩飯のお膳にまで這いあがってくるので、

終始ガムテープでとりながら料理を頂くという状態で、

たぶん50匹は取ったと思う。

僕は平気だったが、

人によっては発狂間違いなしのシチュエーションだった。

こんなことを書くと営業妨害と思われるかもしれないが、

これは宿のほうも最初にアナウンスしておくべき案件だと思う。

怒る客もいる、と従業員のお兄さんから聞いたが、

そりゃ何も知らなかったら普通は怒る(笑)。

聞けばカメムシは10月から出るらしいので、

秋を避ければ問題ない(たぶん)。

しかし紅葉シーズンの最もいい時期に

カメムシが大量発生するというのも因果な話だ。

秋に行く予定で、虫が苦手な人は

本陣以外の新しい部屋を選んだほうが無難だろう。

(人気の高い本陣がこの時期に予約できたのも、

このカメムシのせいか?と今書きながら思った)

 

でもマイナス要因はそれぐらいで、

あとは文句なし。

掛け値なしに素晴らしかった。

 

(以下の画像、色の加工とかしていませんぜ)

 

 

上の写真の左手にある茅葺屋根の建物が400年前に

武士たちが泊まっていたという本陣。

夜に着いたのでどういうところかわからず、

翌朝起きたらこの世界が広がっていた。

本当にタイムスリップした気分だった。

 

硫黄の香りのする白濁湯。

(この露天風呂は撮影禁止なのでネットから)

足下湧出ってやつで、下からぷくぷくと新鮮な湯が出ている。

 

こちらは内風呂。4種類の源泉が楽しめる。

 

あとまったく期待していなかったのに、

メシがめっちゃ僕好みだった。

本陣は各部屋に囲炉裏があって、そこで食べる。

写真はイワナの塩焼きと山芋だんご汁。

そのほか山菜やキノコと、どれも地味なんだけど、

丁寧に作られていて、

食べながら「ありがたいなあ」

としみじみ幸福を覚えるような味だった。

これで本陣は2食付税込9,870円。

カメムシ以外にも壁が薄くて隣の音が丸聞こえだったりと

神経質な人には厳しいかもしれないが、

何より”風情”を取りたい人には超オススメ。

建物は古いけど、各部屋にちゃんと洗面所もあり、

ウォシュレットもついている。

武士たちもケツに温水シャワーを浴びていたらしい。

超人気宿にもかかわらず、

スタッフたちの感じもすごくよかった。

 

この宿「鶴の湯」はもう雰囲気だけで

すべてに満点をつけたくなるんだけど、

じつは前日に泊まった奥小安温泉の宿

「よし川」の湯も素晴らしかった。

日本一の泉質と僕が勝手に思っている湯は

わが郷里、南紀白浜のとある共同浴場の湯で、

そこを越える湯を探しながら日本各地を旅している

といった感じなんだけど、

「あ、越えた」

と思った数少ない湯のひとつが、この「よし川」の湯なのだ。

以前取材で入ったその湯が忘れられず、

今回もう一度泊まって入ってみたのだが、

やっぱりスゲーと再確認。

薄いゼリーに包まれるような感覚で、

こんなにやわらかい湯がほかにあっただろうか、

と記憶をたどったが、どこも思いつかなかった。

ま、ラーメンと同じく好み次第だけど、

よかったらお試しあれ。

 

それにしても今月は温泉三昧だった。

黒部、長野、白浜、乳頭と1ヵ月で4回(笑)。

 

おまけ。

10月22〜24日の秋田。 

全山が紅葉している景色ってのは、

西の人間には馴染みがなくて、ただただ感動。

 

駒ヶ岳周辺

 

栗駒山周辺

 

田沢湖

 

 

 

| |
予約困難な宿

なんかバタバタしていて、

また更新さぼってます…。

で、仕事も終わっていないのに、

今から秋田の乳頭温泉へ。

予約していたから強行軍です。

あの有名な鶴の湯というお宿。

6ヵ月先の予約が毎月1日の朝7時開始、

とのことで、その時間にかけたら

ずっと話し中で、

何度かけてもまったくつながらず、

人気アーティストのチケット予約か、

テレクラかよ、とあきれるばかり。

途中からアホらしくなって、

10分間隔ぐらいでかけたけど、

やはり延々話し中で、

ようやくつながったのが10時を過ぎてから。

10月の紅葉シーズンだから

もう全日全部屋埋まっただろうな、

とダメ元で聞いてみたら、

意外とまだ空いていました。

それも一番人気の「本陣」の部屋が。

 

というわけで、行ってきます。

(移動中に仕事しながら)

並んで食べたラーメンが激ウマだった!

という経験があまりないので、

なんとなく嫌な予感もしますが、

ま、この予約困難宿が実際どんなものだったか

ぶっちゃけレポートしますねー。

 

 

| |
千葉サイクリングの目的

某誌から依頼され、

軽い気持ちで受けた仕事が

予想以上に時間がかかる、

とわかったのは昨日だった。

それを知る前の一昨日の日曜日、

僕はのんきに千葉に出かけていた。

ジャンボピーナッツ「おおまさり」を買うためだ。

いまちょうど千葉の市場に出回っている。

 

去年初めて食べてからその味のとりこになった。

茹でて食べると栗やクルミのような甘さがあり、

食べ始めると本当に止まらなくなる。

こういういいものは外にはなかなか出回らない。

千葉県内の某直売所に電話で聞いたら、

「入ってきても午前中にはなくなりますね」

とのことだった。

産地の県内でそうなのだから、

いわんや県外をや。

 

もっともネットなら買えるようだが、

それだとつまらないじゃないですか。

連休だし(あんまり関係ないけど)、

日曜日は行楽日和だというし、

前から走りたいところがあったから、

千葉サイクリング&おおまさり買い物ツアーをしよう!

 

ということで、まずは自転車を畳んで電車で佐原へ。

美しい運河と昔の町並みが残る町だ。

10年ぐらい前に取材で行って感動し、

拙著『地図を破って行ってやれ!』にも書いたのだが、

久しぶりに訪ねると、

「あれ? こんなもんだっけ?」

 

”旅行あるある”だ。

メインの運河沿いの道以外の路地にも

古い家がひしめいていたように思ったのだが、

今回はどの路地に入っても古さを感じない。

この10年で変わったのか、

僕が勝手に思い出を美化していただけなのか…?

 

その後、佐原の町を出て、

利根川沿いのきれいなサイクリングロードをぶっ飛ばし、

八千代印旛栄自転車道を走った。

これが八千代印旛栄自転車道。

都心からすぐなのに結構な秘境感。一部だけど(笑)。

それにしてもこの「八千代印旛栄〜」という名前、

各自治体を立てなきゃならないのはわかるけど、

もっとどうにかならないものですかね。

 

それはさておき、この自転車道を走って

東葉勝田台駅にゴール。

我が家のある阿佐ヶ谷まで乗り換え1回で帰った。

走行距離は約70辧

ほぼすべて自転車専用道である。

古都と海のような関東平野の田園地帯と、

川と沼を楽しめ、坂はほぼゼロ。

予想どおり完璧なコースであった。

予想外だったのが天気で、暑すぎてちょっとバテた。

前日まで肌寒かったのになんじゃこりゃ。

 

で、帰って早速おおまさりパーティー。

色が違うのは別の店で買ったから。

 

むちっと実が入っている。うまいだけでなく可愛い。

 

しかしさすがに疲れた。

でも寝る前にちょっと仕事すっか、

と例の某誌から依頼された仕事をやり始めたら、

「これ、終わらんがな…」

朝の4時半までやって、

翌日も早よから起きてずっと仕事漬け。

時間の配分とかめちゃ苦手。

 

| |
出色のイラストマップ

北海道地震のあと、

旅行のキャンセルが相次いだらしいが、

今はどうなんだろう。

停電や断水もなく地震の被害もない地域にさえ

行くのを控えるというのはどういう感覚なのか。

疲弊した北海道を応援しようと、

むしろ旅行して

どんどん現地でお金を使おうと考えるのが

普通だと思うのだが、違うのだろうか。

などと考えていたら、

自分の浅薄さに気付いた。

きっと旅行をとりやめた人は

その旅費を被災地に寄付しているのだ。

 

でもそうじゃなくて、

ただなんとなく旅をキャンセルする人も

いるかもしれないので、

僕も微力ながら

応援の気持ちを込めて書こうと思う。

 

以前から「世界一気持ちイイ道」として

北海道の小樽から宗谷岬まで走る

通称「オロロンライン」を紹介してきたが、

もしここに行くことがあれば、

ぜひご活用ください。

 

オロロンラインのイラスト地図です。

各町の観光案内所や観光名所でもらえます。

 

とんでもない労作です。

町のおもしろスポットやおいしい店を紹介しています。

これを見ながら町歩きをすれば

オロロン旅のおもしろさも倍増。

宝探しのような楽しさを味わえます。

 

地図は全部で8枚。

これ、ちゃんとつながるんですよ。

こんな風に。

ちなみに、これは我が家のトイレです。

トイレの壁四方をぐるりと使って8枚をつなげています。

去年は増毛という町の地図だけ持って帰って、

それをトイレに貼って1年中眺めていました。

見るたびに発見があって、

毎日脱糞しながら脳内旅行を楽しんだものです。

それだけに今年行ったときは

イラストのひとつひとつを確かめながら、

「うわ、スカンピンってパン屋さんだったのか!」

など大いに盛り上がりました。

 

留萌駅では8枚全部手に入ります。

旅行天国北海道にぜひお出かけください。

 

| |
五島列島アルバム

五島列島から帰ってきました。

期待を裏切らないおもしろさでしたが、

行くのがちょっと遅かったかなあと。

今年7月に世界遺産に登録されたおかげで、

一部の場所に過剰に手が入り、

風情が消えてしまったような…。

なんで公園みたいに整備するんだろう。

そのままでいいのに。

 

でもま、湾を見下ろす教会も

入り組んだ海も最高にきれいでした。

 

以下、今回撮影した約3000枚の写真から

11枚を厳選。

相変わらず平凡な写真ですが。

 

 

 

 

 

 

サバンナもあります。

 

ガゼル(?)がドドドドド(クリックすれば拡大します)。

 

廃村が残る無人島。大好物。

 

よか町並み(ここは人住んでます)。

 

木造三階建て、というだけで石田遺産。

 

こういうのもうじゃうじゃ。

 

この旅の模様は来月発売の「サイクルスポーツ」に書きます。

 

 

| |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS