石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
海外での心臓移植が順番抜かしかどうかより

4日ほど前、当ブログのアクセス数が爆発的にのびた。

なんかあったな、と思っていたら、

友人からこんなメールが届いた。

「ブログすごいことになってない?」

なにかと話題のZOZOタウン社長、前澤氏が、

当ブログの次の記事を自身のツイッターにあげたらしい。

→『移植手術のデポジット代は順番抜かし代なの?』

 

この記事はよくこんなふうに

いろんな人に取り上げられる。

そのため当ブログ内の記事別アクセス数は

ダントツで1位だ。

で、久しぶりに読み返すと、

文章が全然整理できていないことに愕然とした。

一番読まれている記事がこんな悪文だったとは…。

ということで手直しし、資料画像も入れた。

 

ちなみにこの記事を書いたのは4年前(2015.7.26)。

その後、臓器移植の状況にも多少の変化があったようなので

ここでも少し触れようと思う。

 

4年前に書いた記事の骨子は、こう。

 

心臓移植を目指すNちゃんという女の子がいる。

アメリカに渡るしか方法はなく、

総額約2億円(当時)もの費用がかかるため、

Nちゃんの親と有志が「Nちゃんを救う会」を立ち上げ、

募金活動をしている。

僕も縁があったので、会のことをブログで紹介し、

寄付をよびかけた。

 

これに対し、読者の方から次のような意見を頂いた。

2億円のうち1億円あまりが「デポジット代(医療費)」だ。

それは実質、自国で移植を待つ患者の列に割り込んで、

順番を抜かすための金だという批判があるが、

それについてどう考えているのか?

 

たしかに検索してみると

ネット内にはそういう意見が吹き荒れていた。

でもそのほとんどは感情に任せ、

たいした根拠もなく書き殴られたもののように思えた。

なので信頼のおける医療系の公式サイトをいろいろ読んで、

自分なりに調べたら、次のようなことがわかった。

 

日本で心臓移植を受けた患者は

2013年までの14年間で185人
その全員が緊急度の高い「ステータス1」の患者で、
9割の患者に補助人工心臓が装着されていた。
(つまり1日も早く移植してほしい状況だった)


それに対し、米国では1年間に約2,200 件の心臓移植が
行われているが、「ステータス1」 の患者はその62%で、
補助人工心臓を装着されていた患者は45%だった。

また、日本で心臓移植を受けた185人の待機期間、

つまり移植を待っていた期間は平均981 日、
補助人工心臓の装着期間は平均896 日だった。

これに比べ、米国では

「ステータス1」の患者の待機期間は平均56 日、
補助人工心臓の装着期間は平均50 日だった。

つまり日本の移植待機期間はきわめて長いのが特徴。

原因は国内の臓器提供者(ドナー)の数が圧倒的に少ないから。

 

で、次のようにまとめた。

アメリカで移植を受けた患者の約4割が
「ステータス1」ではなかった。
つまり緊急度は低かった。

専門的なことはわからないので想像で書くが、

ドナーが脳死してから臓器を移植するまで、

おそらく時間の猶予はそんなにないのだろう。

そのとき緊急度の高い患者がいなければ、

切羽詰まっていない患者に臓器がまわっていくのではないか。

ならば一刻を争う自分の子供を先にしてほしい――。
その考えが倫理的に責められることなのかどうか、

同時に「デポジット代」が本当に

「順番抜かし代」に相当するのかどうか。

そのあたりを精査すべき。

 

これに対し、最新の資料を読むと、

大きく変わったのは次の部分。

 

アメリカの臓器提供者数は様々な努力で増加し、

2017年には3,244人の心臓移植が行われた。

以前は緊急度の低い「ステイタス2」の患者も移植を受けていたが、

その割合は最近は激減しており、2017年は約2.5%だった。

 

要するに、最近のデータでは、

アメリカで移植を受けた人のほとんど(97.5%)が

緊急度の高い「ステータス1」の患者だったわけで、

その人たちが、日本の待機期間よりはるかに短いとはいえ、

50日程度は待たされているのである。

その状況を考えると、

渡航移植の是非についての見方も変わってくる。

 

ただ、アメリカが日本からの患者を受け入れている以上、

たとえば自分が親だとしたら、

世間からどれだけ叩かれようと我が子を守るために

渡航移植の道を必死で模索すると思う。

責めるべきはそこじゃない。

真の問題は、日本のドナーが他国と比べて圧倒的に少ないことだ。

(クリックすれば拡大します↓)

日本移植学会のサイトから

 

ほんとひどすぎる。

仮に”順番抜かし”ではないとしても、

他国からすれば

「自国でドナーを増やす努力をしろよ」

と言いたくなるのは当然だ。

 

日本のドナーがこれだけ少ないのは、

死生観も関係しているかもしれないが、

おそらく構造上の問題だろう。

移植同意者の割合は

日本はたった10%程度なのに対し、

オーストラリアなんかは99.9%らしい。

この国では拒否の意思を示さないと

移植同意とみなされるそうだ。

この方式でいいじゃん、と思うけどなあ。

選択の自由もちゃんと確保されているんだし。

 

日本臓器移植ネットワークの公式サイトによると、

現在、日本国内で臓器移植を

待っている患者は1万4千人あまり。

(心臓移植の待機患者は863人)

彼らの命のためにも、

また渡航移植に対する国際批判を避けるためにも、

本気で法改正、またはルール作りに臨むべきじゃないのかな。

 

| 社会 |
川崎殺傷事件

川崎での痛ましい事件について

誰しもが思う

「死にたいなら一人で死ね」

という考えを、

著名人たちがテレビで声高に発言する。

コメンテーターとして

それはどうなのかな、

と首を傾げてしまうけれど、

実際、僕も同じことを思ったし、

遺族の心情を想像して胸を痛めながらも、

思考はそこで止まっていた。

そんなとき、こういう記事を読んだ。

「死にたいなら一人で死ぬべき」

という非難は控えてほしい

 

なるほどなあと思った。

その視点はなかった。

自分にはない考えに触れ、視野を広げる。

常々そうありたいと思うし、

その機会が増えたことは

ネットの功罪の「功」だと思うのだけれど、

実際には、真逆の「罪」が目立つ。

己の思想に沿った考えのみ選択し、

視野を狭め、尖鋭化させてしまう。

上の記事には批判が殺到した、

別の記事で知って驚いた。

 

感情的、短絡的な発言が増えるのは

ネットの匿名性によるものだろうけど、

読解力という基礎の部分が欠如しているのは、

なんとも薄ら寒い気持ちになってしまう。

 

何が書きたかったのかわからなくなってきたが、

とにかく、殺伐とした世と向き合っていくためには、

ちゃんと考える、想像する、

このことがますます大切になっていくんじゃないかなと。

思考を安易に止めてはだめだ、

と自分に言い聞かした、という話です。

 

| 社会 |
GWは何やった?

とうとう今日で史上最長のGWが終わりますねえ。

フリーランスなので暦は関係ないはずなのに、

なんとなく寂しい気分になるから変なものです。

でもまあ贔屓の野球チームが連勝しているので

毎日上機嫌。昨日のドメさん最高。

 

ところで、今朝テレビでニュースを見ていたら、

ちょっと笑ってしまいました。

田舎に帰省していた家族へのインタビューです。

やたらとテンションの高い

小学校低学年ぐらいの子供が

満面の笑みでこう答えていました。

「GWはどうだった?」

「おもしろかったー!」

「何をやったの?」

「ただ走り回っていただけです!」

 

話し方は子供なんだけど、

この台詞って実は大人っぽいんだよなあ。

| 社会 |
驚愕の改元

テレビから聞こえる「平成最後」の連呼にうんざりしつつ、

晩メシを食べながらテレビで阪神ー広島戦を観戦。

正直、平成最後とかこちらはどうでもよくて、

ゲームの内容と結果にしか興味はない。

で、カープとの初戦に見事勝利したので、

上機嫌でテレビを消し、仕事に戻った。

ちなみに平成最後の晩餐は

3日前に作った回鍋肉の残りと

2日前に作った天ぷらとブリのアラ煮の残り、

それとサラダと豆ごはんだった。

 

ちなみに平成ラストナイトイブ(?)の29日は、

旅の友達である変態高校教師と品川で飲んだのだが、

安そうな汚い居酒屋に適当に入って、

出し巻450円という値段を意外に思いながら

それを頼んで、

運ばれてきた皿を見てのけぞる、という

これまた通常運転の夜を過ごした。

450円の出し巻。盛り付けもお見事。

 

そんなわけで、平成だろうが令和だろうが、

とくに僕には関係なく、

自分の時間をいつもどおり歩いている。

あ、一応言っておくと、

天皇制にモノ申すといった類の話ではなく、

(今の天皇制にはなんの反感もない。

日本の歴史は誇らしいと思っている)

ただ、2019年の4月30日も5月1日も

僕にはまったく同じ1日だということ。

 

で、夜中、歯磨きしながらテレビをつけたら、

令和まであと〇〇分、

というカウントダウンが行われていて、

ウソやろ⁉と声をあげてしまった。

そんなことするものなの?

 

でもチャンネルを変えると、

どの局でもカウントダウンをやっているし、

いやもっとたまげたことには、

このタイミングで結婚式をあげているカップルがいたり、

令和開始と同時に婚姻届けを出そうと

区役所に待機するカップルが大勢いたり、

雨なのに渋谷スクランブル交差点は

人であふれていたり、

そしてそれらの様子を各局が中継していたりで、

歯ブラシを持つ手も止まって心底驚き、

鳩が豆鉄砲を食った顔で固まってしまった。

最近ではAAAとかいう人たちのリーダーの

謝罪会見が僕にとってはツボだったが、

それを越えてきたな、と思った。

 

で、とうとう声を上げて笑ってしまったのが、

カウントダウンがゼロになって、

令和になった瞬間の皇居前の中継。

花火が上がるわけでもなく、

集まった人たちもどうしていいのかわからず、

全員がキョロキョロ、

仕方なく何人かが両腕を上げて「万歳!」を始めたけど、

そのやり方でいいのか?と誰もが思ったみたいで、

追随する人はごくわずか。

終始「え? あれ?」と戸惑う空気に満ちていた。

そりゃそうだよなあ。

改元を祝うなんて、近代では初めてだから、

誰もやり方を知らないわけで。

てか、そもそも祝うことなの?

 

いや、おもしろい見世物でした。

でも、ほんとわからない。

僕の感じ方が変わっているのかな?

ウーン…。

 

| 社会 |
池袋の事故

無責任な爺さんの運転によって

引き起こされた池袋の事故。

ご遺族の昨日の会見は

辛すぎて見ていられなかった。

75歳以上の方の

運転免許証返納率は約5%らしい。

 

僕の郷里は相当な田舎で、

自分の両親の生活から

車をなくすというのは

現実問題かなり厳しいのだが、

それを脇において考えると、

自転車ががんばる時代では、と思う。

 

車の代わりに自転車に乗れば、

高齢者にとっては

弱った足腰が鍛えられて、

健康維持につながるだろうし、

二輪の運転は緊張を強いられるので

認知症予防にもいいはず。

体の張りは精神の張りを生む。

電動アシスト付きの自転車なら

さらに行動範囲が広まる。

 

自転車の効能を謳い、

車からの乗り換えを積極的に推し進める。

国や業界が盛り上げ、ムーブメントをつくる。

乗り換えには補助金も出す。

自転車で健康増進が叶えば、

結果的に社会保障費も安くついて

自転車促進費などすぐにペイできるのではないか。

……なんて発想は、

今の日本の政治からは生まれにくいだろうなあ。

谷垣さん、出番ですよー。

 

| 社会 |
紙一重

スリランカで200人以上が死亡するテロがあった。

その中には邦人ひとりが含まれているらしい。

『インドなんて二度と行くかボケ!』等の著作で

知られる友人のさくら剛

いまちょうどスリランカにいるはずだ、と思い、

大丈夫? とメールすると、

事故前日にシンガポールに飛んだとのこと。

ただ、体調を崩していたので、

フライトを1日のばし、

いいホテルに移って療養するか、

それとも予定通り飛ぶかで悩み、

結局飛んだそうだが、

まさに移るかどうかで悩んだそのホテルで

爆発があったらしい。

いやはや、なんという紙一重。

無事でよかった。

 

それにしてもスリランカは

平和なイメージがあったのに、

こんなことが起こるなんて。

うーん、どこの連中なんだろう。

 

| 社会 |
解せない

昨日、台湾東部の花蓮県で地震がありました。

今のところ亡くなった方の情報はありませんが、

太魯閣峡谷で起こった落石に観光客が巻き込まれ、

ひとりが重体だそうです。

この花蓮県も、太魯閣峡谷も、

まさにほんの2週間前まで僕が取材していた地域で、

昨日はその原稿を書いているところでした。

急遽、欄外に地震被害に対する一文を入れましたが、

このブログでも。

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今後、余震が続くと思いますが、

くれぐれもお気をつけてください。

しかし、あんないいところで地震が多発するなんて。

わが国もそうですが、

なんとも解せない気分になります。

 

 

 

| 社会 |
希望の光であってほしい

今年のゴールデンウィークは休みが長いらしい。

それに合わせて出版業界もスケジュールを立てるので、

僕らフリーの物書きに思いっきりしわ寄せがくる。

ここ数日、発狂寸前で書いていたけど、

やっと大きな山をひとつ越えた。ふぅ。

 

ところで、こうしてバタバタしているあいだにも

気になって仕方がない選挙があった。

イスラエル国会の総選挙だ。

首相のネタニヤフは強硬派でトランプの朋友、

つまりクソ野郎氏だ。

トランプのように笑いの要素もないからもっとタチが悪い。

こいつを長期政権から引きずりおろさない限り、

中東情勢は悪化の一途をたどるばかりだ。

 

そこへ、キラ星のごとくスターが現れた。

元軍のトップ、ガンツ氏である。

パレスチナとの対話路線を打ち出し、

「軍を率いて戦場を経験してわかったことがある。

戦いからは何も生まれない。平和は訪れない」

たしかそんなことを言っていた。

僕は耳を疑った。

イスラエル人の、しかも軍のトップだった人物から、

選挙向けの台詞かもしれないけれど、

よもやそんな言葉が出るなんて。

 

しかも彼の対話路線に賛同するイスラエル人は急増しており、

ネタニヤフ率いる右派を凌駕する勢いだというのだ。

これまで会ってきたイスラエル人や、

昨今のイスラエルの情勢を見ていて、

僕自身、彼らに対して近視眼的になっていたかもしれない。

自分たちと敵対するパレスチナ人はブッ叩け、

という連中ばかりだとついイメージしてしまっていた。

 

理性より感情的な面が増幅される昨今、

各地で右派やタカ派の台頭が目覚ましいけれど、

それとは反対の協調路線が、火種国家で芽生えているのだ。

ガンツ氏、がんばれ。

彼がネタニヤフを上回るようであれば、

それは人類にとっての福音にもなるかもしれない。

そんなふうにさえ思っていたのだけど、

9日に選挙が行われ、ガンツ氏負けました…。うーん。

でもだいぶ拮抗したみたいなので、

ゆくゆくは変化していくことを期待しつつ。

 

| 社会 |
新元号発表、誰がやるの?

4月1日、新元号が発表される。

その日は海外取材中なので、

また発表の瞬間を見逃すことになった。

前回は自転車日本一周などをやっている最中て、

しかも石垣島か西表島で

完全に浮世から離れた

ヒッピー生活を送っていたので、

平成という元号を知ったのも

何日かあとになってからだった。

 

ところであの平成を発表した

小渕さんは当時官房長官だったんですね。

てっきり首相時代に発表したのかと思っていました。

となると、今回は菅さんがやることになりそうだけど、

でも実は誰がやるという決まりはないみたいなので、

もしかしたら現首相氏がやるんじゃないですかね?

この国は私が引っ張っていく、

みたいなイメージをさらに強固にして、

首相4期目を狙い、憲法改正を果たすべく。

かんぐりすぎ?

 

でも、この記事は大勢の人が

読んでおいたほうがいいと思う。

アベノミクスとは結局なんだったのか?

 

 

 

| 社会 |
頼むよ、アメリカ人

アメリカの中間選挙は下院で民主党が勝利し、

とりあえずホッとした。

この結果が日本にどう影響するかについては

いろんな見方があるようだけど、

日本への影響いかんにかかわらず、

トランプに多少なりとも歯止めがかかることは

たいへん喜ばしい。

 

それにしても、

トランプが大統領に決まったあの日から

もう2年か、と愕然とする。

ショックが過ぎて記憶が鮮明だからか、

あの日がつい最近のことに思えてならない。

渋谷の街を歩きながら

世界が仮想現実のように見えたっけ。

 

最近、藤原正彦氏が

トランプを下品で傲慢で無教養としながらも

万が一、中国経済をつぶして

共産党政権を倒し、民主化を実現させたら、

世界史に輝く人物になるかもしれない、

と某誌に書いていた。

うーん、おもしろいけど、

極論じゃないかなあ。

そうはならないと思うし、

仮にそうなって、

現在の貿易戦争が結果的に是になったとしても

パリ協定からの離脱と

エルサレムへの米大使館移転だけは

どう考えても非だろう。

人類にとって退行でしかない。

 

あと2年。

次の大統領選こそ真の審判。

ほんと頼むよ、アメリカ人。

 

| 社会 |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS