石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
”ライブ放送”の尋常じゃない緊迫感

プロボクシングには4団体あり、

それぞれに王者がいて、

ほかにも暫定王者など

よくわからない王者もいるので

世の中、世界チャンピオンだらけだ。

この中で一番強いやつを決めよう、

ということで始まったのが「WBSS」、

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズである。

日本の”至宝”、井上尚弥がこれの準決勝に挑んだ。

 

試合会場はスコットランド。

日本時間の朝4時だか5時だかに試合開始。

WOWOWがライブ放送していたが、

僕はこれに入っていないので、

21時からの録画放送を見ることにした。

そのために朝からネットを切り、

携帯のニュースも目に入らないようにし、

さらにはボクシング好きの友人たちには

「ライブ状態で観るので、

結果をメールしないように」

と予防線を張っておいた。

生きづらい世になったものだ。

 

しかしそこまでやった甲斐があった。

とくに1ラウンドの攻防には、

稀に見る緊迫感があった。

相手のロドリゲスもさすがに無敗王者で、

思った以上に強い。

井上の被弾なんて、

これまでほとんど見たことがないのに、

昨日は何発かもらっていた。

放送時間を考えると、

序盤で決着がついたのがわかったが、

もしかしたら井上が一発いいのをもらってKOされる、

なんて大番狂わせが起きた可能性もある。

1ラウンドを見る限りそう思え、

まさに手に汗べったり、心臓バクバク状態。

で、2ラウンド目に衝撃の結末が待っていた。

井上の左フック一発でロドリゲスがダウン。

無敗王者がその一発で戦意喪失し、

自分の陣営に向かって

もうダメだ、と弱々しく首を振っていた。

とんでもないものを見てしまった。ライブで。

 

バンタム級にはもう相手がいないんじゃないか、

と思ったら、いた。

ネリだ。

虫唾が走るので

あいつには関わってほしくないけど、

うーん、でもやっぱり本音では見てみたいな。

 

それにしても、

野球の大谷翔平の活躍を見るにつけ、

この時代に生きてよかったとつくづく思うが、

井上尚弥もそう。

感謝感謝です。

| スポーツ |
お祭り騒ぎ

昨日は今季初、東京ドームに参戦!

でも相手の先発は菅野。

勝てる気がしない。

 

ところが蓋を開けてみると、、、

 

買って間もないキャノンG7Xの画質。悪くない!

 

カッキーン!

大山のタイムリー!

そのあと出るわ出るわホームランの嵐。

菅野から4本、代わった田口からも1本!

一試合5本のホームランなんて、いつ以来だろう?

少なくとも僕の球場観戦歴では初めて。

ま、こっちも2本のホームランを打たれ、

結果、乱打戦となったけど、13対8で勝利。

いやあ、気持ちよかった!

大山のホームランはすごかったな。

しかし、菅野はどうしたんだろう?

最初から明らかに悪かった。

1回から「あれ?勝つかな?」と思ったもんなあ。

投球数が去年初めて3,000球を越え、

その影響が出ている可能性がある、と何かで読んだ。

と気になって、いま探してみたら、あった。

巨人・菅野智之の状態が気になる。

 

日本球界という括りで考えると、

彼のこの不調ぶりはちょっと心配。

| スポーツ |
明日も勝つばい!

タイガースの正捕手、梅ちゃん、

足の指を骨折しながら

サイクル安打!!※

 

※ヒット、二塁打、三塁打、ホームランを

ひと試合でひとりが打つこと。

 

捕手でサイクルも珍しければ、

骨折しながらなんてきっと史上初!

さぞやスポーツニュースは大騒ぎだろう、

と思って各チャンネルをハシゴしたら、

どの局も大々的に取り上げたのが、

巨人ビヤヌエバの2本のホームラン…。

 

巨人にアンチが多いのは

明確な理由が複数あるのだ。

 

ということで、関西以外にお住まいで

昨日のタイガース中継を見られなかったみなさま、

いい動画が転がっていました。

梅ちゃんのヒーローインタビュー。

最後の「明日も勝つばい」は必見です。

 

 

この「明日も勝つばい」をニュースで先に読んだとき、

監督の矢野カラーが出てるな、と思ったけど、

アナウンサーもやっぱりそこを指摘していましたね。

うん、なんかすごくチームの感じがいいんじゃないでしょうか!

 

今日も勝つばい!!!

 

| スポーツ |
泣けてくる台湾メシ

台湾から帰ってきました。

いやあ、やっぱ台湾メシはうまかったー。

ハイテンションで食べまくってきました。

タンツー麺と杏仁豆腐。この杏仁豆腐がまたうまいこと。

日本のとなんでこんなに味が違うんだろう?

 

はまぐりスープ。薄味で素材の味がくっきり。

台湾料理の真骨頂。はまぐりがどっさり入って370円。

 

一番食べたかった「史記正宗牛肉麺」の清燉牛肉麺。もう芸術作品。

 

そしてこれも必須。おぼろ豆腐のスイーツ「豆花」。

ゆでピーナッツとあずきを添えて。

これ、日本ではやってほしいな。いつも食べたい。

 

そして牛乳かき氷とマンゴー。

 

ごちそうさまでした。満足満足。

って、料理の取材じゃないんですけどね。

 

帰ってきたばかりだけど、

明日は早朝の便で福岡です。

台湾の帰りの飛行機から

パラシュートで降りればよかった。

 

| スポーツ |
優勝前祝い

ああ、もう優勝しますね。

昨日の試合でそれがわかりました。

とてもいい記事です→必読記事

昔から矢野のこの笑顔が大好きだったんだよなあ。

チームを上げるために監督に求められるものは、

センスのいい采配でも、

ましてや威圧感でもなく、

人心掌握術と魅力だと思う。

この人のためにがんばる。

そう思わせる監督がいることで、

チームがひとつになり、

最大の力が発揮される。

矢野監督が去年2軍で優勝したのは

伊達ではなかったのだ。

 

上の記事によると、

矢野監督は「前祝い」をやっているらしい。

「今年優勝しました!」と。

というわけでこちらもついていきます。

2019年度、タイガース優勝おめでとう!

春からめでてえや。

 

| スポーツ |
残念!

なでしこジャパン、残念でした。

テストの意味合いが濃かったですね。

前半のメンバーは厳しいなあ。

後半は可能性を感じました。

やっぱり杉田と長谷川はイイ!

あと小林もいいですね。

次は4月5日、フランス戦です。

また朝4時からだけど…。

詳細はこちら。

サッカー日本代表全スケジュール

今年6月の女子W杯に向けて、

盛り上がっていきましょう!

 

話は変わるけど、この記事、

めっちゃおもろいです。

山本太郎氏、日本母親連盟を

支持者の面前でぶった斬り!

 

こんなに愉快な団体だったんですねー。

 

 

 

| スポーツ |
やっぱり女子サッカーはおもしろい

女子サッカー日本代表、

いわゆるなでしこジャパンの試合が好きで、

試合の放送があるたびにほぼ欠かさず観ている。

男子サッカー>女子サッカー

と考えている人は少なくないと思うけど、

まったくそんなことはない。

サッカーというスポーツが純粋に好きなら

女子サッカーは掛け値なしにおもしろいはず。

戦術がわかりやすいし、

ファウルも少ないので観ていて清々しい。

 

今日も朝4時に起きて、ブラジル戦を観た。

知っている人がどれだけいるのかと思ってしまうが、

いまアメリカでシービリーブスカップという

女子サッカーの大会が行われているのだ。

世界の強豪4ヵ国による総当たり戦である。

3日ほど前に1試合目があり、

世界ランキング1位のアメリカと堂々と渡り合って、

2−2の引き分け。

で、今日のブラジル戦は圧倒的に攻め込まれながら、

選手を一気に4人交代して怒涛の攻めに転じ、

終わってみれば3−1の快勝。

 

高倉監督に対して、僕はずっと批判的だった。

選手選考も戦術も采配も、

何かにつけ「違うだろー!」と。

高倉麻子監督じゃありません。

 

でもやはりチームとして完成するまで、

一定の時間はかかるのだろう。

高倉体制になって2年ぐらいたった去年あたりから

だんだんよくなってきた。

今日の4枚同時交替は痺れたなあ。

テストの意味合いはあったのだろうけど、

先発陣がかなり不安定で、
替えてほしい、と思った選手を全部替えてくれ、

その途端に2得点。じつに気持ちよかった。

 

技術の高い選手も多いので、

観ていてほんとおもしろい。

特に14番の長谷川と9番の杉田がすごい。

長谷川は前からお気に入りだったけど、

杉田には驚いたな。今回の2試合を見た限りでは、

最初に澤を見たときの衝撃に近いものを感じた。

 

次は今大会の最終戦、相手はイングランドだ。

優勝も見えてきた!

 

と僕の中ではものすごく盛り上がっていて、

試合内容も結果も素晴らしかったし、

さぁ、今日の『サンデーモーニング』のスポーツコーナーでは

張本のオヤジもアッパレを出すかな、

などと楽しみに待っていたら、1秒も触れられなかった。

嫌な予感はしていたが、完全スルーとは。

あのー……今年6月女子サッカーW杯なんですけど……。

その前哨戦として今やっている大会はとても大事なんですけど。

 

というわけで、微力ながらも応援したいと思い書きました。

次のイングランド戦は3月6日(水)の朝7:25キックオフ!

W杯でも当たる相手なので、要チェック!

BS放送が入る人はぜひ(BSフジです)。

そんなにサッカーに興味のない人も、

とりあえず14番(長谷川)と9番(杉田)の

動きを追えば、めっちゃおもろいですよー。

 

 

 

| スポーツ |
連続防衛中の世界王者なのに

今年も暮れにプロの靴磨きに磨いてもらい、

年越し準備完了。

靴が光るとやっぱり気持ちいいな。

 

で、昨日のボクシング、トリプル世界戦。

内容を見たら、

^羮緇位錣猟錙拓真の”暫定”王座決定戦、

伊藤雅雪の初防衛戦、

7四郎の5度目の防衛戦、

ということで、

「おお、とうとう拳四郎がメインか、よかったね」

と思っていたら、,鉢は同時間帯に別会場で行われ、

ライブ放映されたのは、

なんと^羮綢鷽燭”暫定”王座決定戦だった。

メインかと思われた拳四郎はその裏扱いで、録画放映。

それもズッタズタに切って編集され、

フルラウンドの試合を1分も流してくれなかった。

ちょっとひどいよなあ、フジテレビ。

 

それと、ちょっとおかしかったのはBGM。

クイーンのドンストッミーナウ。

映画のヒットを受け、各局使いまくりだなあ。

しかし、誰が今のこのクイーン旋風を予想しただろう。

好きだからいいけど(笑)。

いま、これを書いてから動画見たらやっぱりカッコよかった。

 

 

| スポーツ |
FA宣言の判を押したような言葉

カープの丸選手はクラシック音楽が好きで、

自身の巨顔を自虐ネタにしているという。

凡百の野球選手とはひと味違うな、いいな、

と好意的な目で見ていたのだが、

「他球団の評価も聞いてみたい」とFA宣言。

「さらに上のレベルに行きたい」とも。

来季、巨人のユニフォームを着ている彼の姿が

予知夢のように頭に浮かんだ。

 

FAという制度は快く思わないが、

それを利用する選手の気持ちは理解できる。

だからもういいんじゃないの、と思う。

「カープには愛着があります。大好きです。

でもプロだから、やっぱり仕事だから、

年棒の高いところに行きます。

カープファンのみなさん、ごめんなさい!」

ってぶっちゃけてくれたほうがスッキリして

むしろ誠実な感じがするし、

僕がファンだったら

「おう、ガンバレよ!」

って気持ちよく送り出せるんだけどな。

 

ま、「他球団の評価を…」というのは

記者たちが選手に言わせている部分もあるだろうし、

「評価」という言葉がそもそも

「年棒」の隠語と思えばいいんだろうけど、

みんな判を押したように同じ言葉を言うのがなんか気持ち悪くて。

政治家センセイの「誠に遺憾」みたいな。

全然遺憾に思ってねえだろって。

 

ともあれ、わがタイガースは上本選手が残留宣言。

ありがとう! 

 

 

| スポーツ |
こんなにおもしろい試合は

また遅めの更新だが、

一昨日のサッカーの試合には痺れた。

テレビの前にかじりつきながら、

「こんなにおもしろい試合は

ちょっと記憶にないわ!」

などと興奮気味に記憶をたどってみたら、

あったがな。めちゃ最近。

そう、ベルギー戦。

 

ま、あれは本番だったから

一昨日の試合とは比較できないけれど、

でもそれを差し引いても

一昨日の試合は、おもしろかっただけでなく、

たぶん多くの人が忘れているところで

おおいに称賛に値すると思う。

それは何かというと

相手が南米のチームだったということ。

日本代表は伝統的に南米のチームは苦手で

これまでなかなかフィットしなかったのに

その南米の、しかも強豪を攻撃陣は圧倒したのだ。

日本代表の長い歴史の中で

そんなの初めてじゃないだろうか。

少なくとも僕の知る限りはそう。

(ブラジルを負かした”マイアミの奇跡”でも

圧倒していたのはブラジルだった)

 

いや、森保ジャパン、最高じゃないですか。

とくに中島がいいなぁ。

見ていてほんとおもしろい。

パナマ戦は退屈だったのに

一昨日のウルグアイ戦がエキサイティングだったのは

相手のレベルの差もあるけど、

中島がいるかいないかの差もあったんじゃないかな。

中島が入って躍動することで、

観ている僕らだけじゃなく、

ピッチ上の選手たちも刺激を受けて

水を得た魚のように俄然活気づくように思う。

 

僕はかれこれもう何年も

なぜ中島を代表に呼ばないのか?

なぜ彼はJリーグでレギュラーすらとれないのか?

と疑問に思っていたから、

彼の今の活躍はほんと嬉しいし、

想像どおり、というか正直、

想像よりちょっと上を行っているけど、

しかし、南野がこんなにいいというのは

まったく思いもよらなかった。

ほかに堂安もいいし、

外しまくっていたけど大迫もいい。

あと、なにげに試合中の森保監督の表情もいいんだよなー。

なんかずっと半笑いしてません?

中島と同じように、監督自身も

試合をすごく楽しんでいる感じがするな。

 

とにかくスカッとした!

 

*

中島翔哉が1年で激変した理由。

社長直談判で実現したポルトガル移籍。

この記事、めっちゃいいです。

| スポーツ |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS