石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
ホームラン焼きの数奇な運命

新春スペシャルか何かで

『チコちゃんに叱られる』が朝から流れ、

朝飯を食べながら見ていたら、

えええっ⁉と叫びそうになった。てか、叫んだ。

 

タイ焼きの起源についての話だ。

明治末期に麻布の浪花家が考案したそうだ。

で、最初は今川焼きを改良して、

「亀焼き」を作ったらしい。でも売れない。

じゃあ、と「うさぎ焼き」を作った。これもダメ。

それでは、と当時子供たちが野球に夢中になっていたから

野球のボールの型で「ホームラン焼き」を作った。

それも売れず、今度は、と

「タイ焼き」を作ったら、見事に売れた。

そっか、亀もウサギも野球のボールも普通は食べるものじゃない、

だからタイ焼きは売れたんだ、というストーリーだったのだが、

なぜこの話に「えええっ⁉」と驚いたかというと、これだ。

7年前、北海道の根室を旅したとき、見つけた店である。

 

 

 

もちろん当時の僕は、タイ焼きの起源を知る由もなく、

このときは、ただただそのネーミングセンスに感心し、

写真を撮ったあと、中に入ってホームラン焼きを食べたのだ。

 

 

野球のボールにホームランと英語で書いてある。

味はまさに今川焼き。

 

なぜこのホームラン焼きが根室にあるのか?

『チコちゃん』を見ていてピンとくるものがあった。

番組では亀焼きとウサギ焼きの型を紹介していた。

明治末期につくられたその型がまだ残っていたのだ。

ところがこのホームラン焼きの型だけは映らなかった。

どんな型なのか、むしろ一番見てみたいのに。

ん?

てことはですよ、こう考えるのが妥当じゃないですかね。

 

ホームラン焼きの型をつくったけれど、さっぱり売れない。

ええい、こんなもの質に流してしまえ!と浪花家さん、

その型が流れに流れて、北海道の東の果ての果て、

本土最東端の町、根室にたどりついたのでは?

他の可能性を考えると、誰かがホームラン焼きをまねるか、

別の人が偶然同じものを思いつくかのどちらかだと思うけれど、

この”質流れ”説が可能性としては最も高いんじゃないですかね。

だって売れなかった商品をまねるバカは

そうそういないだろうし。

 

そう思って「ホームラン焼き」で検索すると、

やはり根室しか出てこないのだ。

しかも、僕の食べたのは英語で書かれていたが、

この店には日本語のホームラン焼きもあるみたいで、

ロゴを見ると、まあ、ずいぶん古そうなのである。

(って、店自体も写真のとおり古いんだけど)

 

 

こんなおもしろいネタが番組では紹介されていなかったから、

NHKほどの取材力をもってしても、

根室のホームラン焼きにはたどり着かなかったのか、

それとも番組の尺の問題で放送しなかったのか。

いや、でも明治につくられ、売れなかった商品の型が、

現在根室にあって、地元の名物お菓子として、

長く親しまれている、って話は、

チコちゃんならやりそうなものだけどなあ。

ま、まだ推測の域を出ないのだけど。

 

ついでに、このホームラン焼きの店がいい感じなので、

そのとき撮った他の写真もご紹介。

 

(外気と店内の温度差がすごくて、曇っちゃったけど)

いやはや昭和だなあ。

たしか50年以上やっているってそのとき言っていたから、

いまでは創業から60年ぐらいになるか。

 

「なんでホームラン焼きなんですか?」

とこのとき僕はたしか聞いたと思うのだが、

店の人も首をひねるばかりだった。

おそらく先代から使われている型だったので、

不思議にも思わず使い続けているのだろう。

ってことは、もし店の人があの『チコちゃん』を見ていたら、

「あああっ!」と叫んだことは想像に難くなく、

ていうか、根室の人みんな叫んだんじゃ…(笑)。

 

| グルメ |
クリスマスポリッピー(字面だけで書いたタイトル)

メリークリスマス!

『チコちゃん』でやってましたが、

クリスマスイブの「イブ」って、

前夜って意味じゃないそうですね。

イブニングのイブだそうで、

だからクリスマスイブは文字通り、

クリスマス当日の夜という意味なんだとか。

キリスト教の暦では、日没に日付が変わるため、

12月24日の日没からクリスマス当日なんですって。

 

ま、それはともかく、

みなさんにクリスマスプレゼント。

最近めちゃハマってるお菓子を、どうぞ。

紹介するだけだけど。

 

 

山形の菓子メーカー「でん六」って質が高いと思いません?

ピーナッツ菓子の「ポリッピー」なんか、

あの値段であの味ですから、とんでもないコスパだと思います。

ええ、実はポリッピーの大ファンでして。

 

そのポリッピーのチョコ版が出ました!

って、いつ出たのか知らないけど、

(調べたらわかるけど、いまバタバタで)

 

最近、たまたまファミリーマートで発見しました。

発狂寸前に歓喜して、買って食べたらうめーー!!!

でん六、あんたすごいよ!

ということで、一度お試しあれ。

ファミマには定番で置いてるっぽいです。

あ、言っとくけど、でん六やファミマから何ももらってませんよ(笑)。

こういうのって応援したくなるから。

 

| グルメ |
ビア缶チキン

3連休の1日は、新木場公園でBBQをしてきた。

メンバーはエジプトで出会った旅仲間10人。

人形劇師のちーにーが何日か前に、

「チキンの丸焼き作ります! ビア缶チキンです!」

と宣言していて、なんのこっちゃ?

2リットルのビア樽缶に丸鶏を入れて

蒸し焼きにするのかな、と思っていたら、

ぜんぜん違った。

 

これがビア缶チキンというやつらしい。

 

お尻にビア缶をぶっ刺しているという…

 

塩と砂糖を溶かした水に前日からチキンを漬け、

ニンニクを刷り込んでハーブを散らし、

ビールが半分残った缶をチキンのお尻からぶっ刺して、

蓋をしてロースト。

ビールが蒸気となって鶏の内側から染みわたるため、
胸肉もパサパサにならず、ジューシーに仕上がるんだとか。

 

完成!

これはびっくり! 激ウマ!

ほんとやわらかくてジューシーで、

味の雰囲気がもうフレンチだわ(紙皿だけど)。

ワインくれー。

 

制作者の人形劇師ちーにー。

ありがとう!

 

| グルメ |
食べ放題寿司

嵐よういち、さくら剛、和田虫象

といった濃い面々と

きづな寿司に行ってきた。

税込み約4,300円で2時間食べ放題。

でもこのご時世、ウナギがなかった。ガーン。

単品で430円と最も高いアワビも

なぜか食べ放題メニューにはない。

だからアワビと同ランクのネタであるウニを

親の仇のようにさんざん食べるのだが、

そのうち気持ち悪くなり、

やがてアジやイワシやタコといった安いネタ、

僕にいたっては冷やしトマトといった寿司ですらない、

いや、料理とも呼びにくいもので腹を膨らますという

意味のわからない、きわめて非効率なことをやり、

やはり今回も完敗してしまったのだった。

って、なんの勝負だ。

| グルメ |
あの感動をもう一度ツアー

広島の竹原に行ったとき、

いい店を求めて町を歩きまわっていたら、

「伏見」というちょっと怪しい感じのする店が目に入り、

それ行けと入ってみると、

これが京都の「おもて」に並ぶ超大当たり。

カウンター席に座るやいなや、

主人が僕の前にワイングラスを置き、

勝手に日本酒をなみなみそそぐのである。

こういうのはちょっとなあ、

と思いつつ、その酒を飲んだら、

「ええっ⁉ なにこれ⁉」

衝撃的なうまさだった。

 

主人は僕のオーバーリアクションに気をよくしたようで、

お薦めを次々に注いでくれたのだが、

どの酒もちょっと格が違うのである。

聞けば、純米無濾過生原酒しか扱わないそうで、

しかも主人みずから全国の酒蔵を巡り、

気に入った酒しか置かないそうな。

 

何より感心したのが、温度管理。

主人が研究に研究を重ね、

無濾過生原酒に最適な温度を見出したらしい。

開栓前だとマイナス4度、

開栓後はマイナス1度なんだそうだ。

開栓前のほうが低いというのが

ちょっと不思議な感じがするが、

これが1度でも違うとダメらしい。

そのために食品工場を思わせる

巨大な高性能冷蔵庫を店に入れている。

温度を表示するディスプレイは常に、

「−4℃」「−1℃」

とターミネーターの目のように赤く光っていて、

その温度を寸分の狂いもなく守っている。

つまりまあ変態な店である。

 

しかしそのマニアックなこだわりが奏功しているのは明白で、

ひと口飲むたびに唸らざるをえなかった。

地元の常連客とも仲良くなった。

「この店に偶然入ったの?

よく見つけたねえ」とえらく驚かれた。

全国からファンがやってくる店らしい。

そりゃそうだろうなあ。

 

で、この「伏見」の主人T氏が新宿のある店を教えてくれたのだ。

T氏が監修し、同じように厳選した無濾過生原酒を

温度管理にこだわって出している店だという。

 

昨日、友人の再就職祝いでその店を予約していった。

ワイングラスになみなみ注ぐところまで「伏見」と同じだ。

ただ、「伏見」で飲んだ酒とは、印象が違った。

悪くはないのだが、何かが違う。

冷蔵庫が普通の業務用で、

客も多かったから頻繁に開け閉めされており、

あれじゃ温度を一定に保つのは難しいと思えたが、

そのことが原因だろうか?

あるいは「伏見」で飲んだときは、

隠れ家のようなあの怪しい雰囲気が

日本酒の味を何割か増しにしていたのか。

それとも旅先で偶然見つけた喜びに酔っていたのか。

 

よくわからないが、大量に飲んでも翌朝はスッキリして

まったく二日酔いにならないところは、

昨日の店も伏見と同じだった。

 

こちらは竹原の「伏見」

あっち方面に行くことがあったら是非。

 

 

| グルメ |
博多の感動店

今回、五島列島には博多からフェリーで往復しました。

で、帰りは博多に一泊してメシを食べたのですが、

ここがちょっといい店だったので、書きたいなと。

ま、めっちゃ有名な店らしいのですが。

天ぷらのひらおというお店。

友人から薦められて行ったんですが、感動した!

 

全席カウンターで揚げたての天ぷらが食べられます。

で、これが信じられない安さ。

キス、イカ、アジ、イワシ、すべて130円。

しかも結構でかい!

ナスやサツマイモやシイタケなど野菜はすべて90円。

「こんなに安いんだったら、味もそれなりでしょ?」

と思うでしょ。ノンノン。

はっきりいってうまいうまい。

立派な天ぷら屋の味です。

カリッとして油っぽさが全然ない。

揚げたて以外はもはや天ぷらじゃないな、

とあらためて思いました。

 

しかもこの店、

もやしのナムル、高菜漬け、大根漬け

の3品が無料で取り放題なのです。

で、いずれもうまい。

東京から行ったせいか、

そのコスパに衝撃を受けました。

東京とはなんか感覚というか文化が違うなと。

そのときふと思いました。

博多ラーメンって高菜漬けやニラが

取り放題だったりしますよね。

てことは、これは博多の文化なのかも。

で、韓国もキムチなどのおかずが複数出てきて、

それらはサービスです。

博多はその影響を受けているのかなと。

近いからありえますよね。

 

ひらおの写真

天ぷらを食べ終わったとこ。…載せる意味ないがな!

 

これらがサービスの品。

 

 

| グルメ |
バナナの裏ワザ検証

テレビで紹介される家事や料理の裏ワザと、

その成果に対するタレントたちの反応は、

眉に唾を塗って見ている。

以前、味噌汁の隠し味にヨーグルトを入れる

という裏ワザが紹介されていて、

それを飲んだタレントたちが目をまん丸にしながら

「ええ? うっそ? おいしい〜!」

とやっていたのを見て、

俺もやろ、とヨーグルトを入れたところ、

味噌汁を台無しにしてしまった。

テレビ局に執拗に電話してやろうかと思った。

 

でもなかには例外もあって、

バナナは発泡スチロールに入れると長持ちする、

という裏ワザがそう。

先日このブログにも書いたが、

我が家では毎朝バナナをつぶしてシリアルと食べるため、

常にバナナをストックしている。

ただ、この猛暑ではいたむのも早いし、

冷蔵庫に入れるとすぐに真っ黒になる。

で、半信半疑で発泡スチロールの箱に入れてみると、

 

これ、3日目ですよ。常温で。

 

4日目から急速に黒くなるので、

冷蔵庫に入れるが、

1日目から冷蔵庫に入れるより、

ずっとバナナの状態がいいです。

これはほんとオススメ。

 

 

| グルメ |
朝食用シリアルのめちゃウマな食べ方

僕は昔から朝食用シリアルが大好きで、

世界一周中も欠かさなかった。

シリアルは世界中で売られている。

アフリカでもちょっとした町なら手に入ったし、

牛乳が手に入らない地域では、

粉牛乳を水に溶かしたものをかけて食べていた。

 

帰国後もずーっと食べているが、

朝食用シリアル歴おそらく40年にして、

最近めっちゃうまい食べ方を考案したので、

惜しげもなくここに披露しようと思う。

メモの用意はいいですか?

 

食器の中にバナナを入れ、

それをスプーンでくっちゃくっちゃと粗くつぶし、

そこにシリアルを入れ、牛乳をかけて食べる。以上。

 

これまでは輪切りにしたバナナを

シリアルにのせて食べていたのだが、

上のようにしたほうがバナナがはるかに強く香るし、

牛乳とバナナが融合して

ミックスジュースのようになるのだ。

これマジうまいんで、ぜひ。

 

え? すでにやっている?

僕は40年かかりました…。

 

 

| グルメ |
ベルギーと蕎麦

やった!

ベルギーがブラジルを撃破!

このまま優勝目指して突っ走れ!

そして「あのベルギーを苦しめた」という

称号をわが日本代表にくれー!

 

ということで、

ベルギーの勝利を祝って、

蕎麦を打ちました。

玄人はだしなんです。

 

じゃーん。

 

 

びっくりするくらいまずかった…。

 

| グルメ |
けっこう変態な菓子パン

ちょっと前に秋田に取材に行ったとき、

ファミリーマートで菓子パンを買って食べたら

「え? なにこれ、すごいやん」

と独り言が出るくらいうまかったのでご紹介。

ま、カロリーとかバカ高いけど。

その名も「チョコづくし コッペパン」。

あまりにうまかったので、

続けざまにもう1個買って、旅館内でパチリ。

 

チョコホイップ、板チョコ、チョコパフ入りチョコクリーム

という3種のチョコをチョコパンでサンドするという

ちょっと頭のおかしいパンである。

4種のチョコのバランスが秀逸。

味や香りだけでなく歯触りもそれぞれ違う。

なかでもチョコパフ入りチョコクリームがいい仕事をしている。

板チョコがカリッと音を立てたあと、

チョコクリームに隠されたパフがパフッと鳴り、

パフの香ばしさが脳髄を突く。

ところでこのパフって、

そのパフッていう歯触りから名づけられたそうですよ(ウソです)。

 

ともあれ、相当数のトライ&エラーを繰り返した果てに

たどり着いたバランスだろうなと。よくできています。

156円とコッペパンにしては強気な値段設定だけど、

見かけたらまあ食べてみてください。

 

 

| グルメ |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS