石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
捨身の海渡り

晩飯時、テレビをつけると

『ブラタモリ』をやっていて、

僕の郷里、熊野が映っていた。

この番組ではタモリの博学ぶりに

いつも舌を巻くのだが、

さすがに昨日は地元の話だけあって、

タモリよりも素早く

「神仏習合!」「山伏!」と答え、

自分はもしかして賢いのかもしれない、

と勘違いすると同時に、

ブラタモリも地元の人間が見たら、

実はさほど深堀りした内容じゃないんだな、

などとエラソーに思ってしまった。

 

ところが、最後のくだり、

南の浄土を求めて、

寺の住職が30日間の水・食糧と共に、

屋形に詰められて釘を打たれ、

出帆した(させられた?)という捨身の行、

いわゆる「補陀落渡海」については初めて知って、

学の浅さをやっぱり痛感してしまった。

しかしすごい儀式があったもんだ。

吉村昭あたりが書いているのでは、

と調べてみたら、井上靖が書いていた。

これは読まなければ。

 

来週土曜19:30から熊野の後編があるので、

よかったらご覧ください。

それにしてもテレビって、

実際の3割増しぐらいできれいに見せますね(笑)。

 

| 生活 |
コンデジ買って子供状態

ソニーのRX100というコンデジが壊れたので、

同じものを買うか、

キャノンのG7X Mark兇砲垢襪迷ってる、

お薦めあったら教えてちょ、

といったことを以前書いたのだが、

その後、家電売り場に行ったとき、

両方のカメラで撮影させてもらい、

その画像を家のパソコンで確認した結果、

やはりソニーにしようと思った。

甲乙つけがたいが、画像の好みの問題だ。

ところが、その後もいろんな方から意見をもらい、

翻意することとなった。

決定打となったのは某家電売り場の担当者。

カメラを70台も所持するというカメラオタクで、

知識がすごいのだ。

いろいろ聞いているうちに、

キャノンG7Xを持ってレジに並ぶ僕がいた。

値段はなんだかんだつけて実質5万円ぐらい。

 

今はカメラに慣れるために

いろいろ撮りまわっている。

さすが1インチコンデジ。

(センサーが1インチのコンパクトデジカメ)

写りはいい。概ね満足である。

ただ、ソニーもやっぱり悪くなかった。

まさに一長一短。

この2機種で迷う人は多いだろうから、

僕の比較を。ざっくりだけど。

 

〇ソニーRX100(初号機)のいい点。

・軽い。G7Xと比べるとだいぶ差がある。

・初号機はコスパ最高。

・写りのディテールはこっちのほうが上?

 

〇ソニーRX100(初号機)のイマイチ点

・起動が遅い。

・グリップしにくい(落としやすい)。

・ボケ味がそんなにきれいじゃない。

 

〇キャノンG7Xのいい点。

・ボケ味が美しい(コンデジにしては)

・露出補正がダイヤルなので操作しやすい

・モニターが可動式なので何かと便利

・起動が早い。

 

〇キャノンG7Xのイマイチ点

・重いしかさばる。

 数字だけ見るとソニーとそう変わらないが、

 実際持った感じはだいぶ違う。

・ソニーほどくっきり写らないような。

 シャープネスを強めると、不自然にカリカリになるし。

・価格が高い。ソニーとの差2万円近く。

 

書き出すときりがないから、このへんで。

総評として、うーん、やっぱり甲乙つけがたい。

 

上にも書いたけど、

外出するたびに、この新しいカメラを持っていき、

慣れるために撮りまわっている。

これまた参考までに、G7Xの作例を。

 

ボケ味はコンデジのわりには結構きれいな気がする。f2です。

 

 

 

広角側が24仭蠹である点もG7Xの大きな美点か。

(ソニーRX100の初号機は28仭蠹)

ゆがみがちょっと強すぎる気もするけど。

 

 

ディテールも十分といえば十分。f4です。

 

こちらはf7.1。

 

あ、これはどうでもいいです。

 

 

| 生活 |
尊師現る

GWが10連休だから、

いま発狂寸前に忙しい、

と昨日書いたばかりだが、

そんなときに

「速達です!」

という声がして、

ドアを開けたら、

ズカズカと家に入ってきた男がいた。

 

三島由紀夫のお孫さんだ。

 

 

ではなくて、奇跡の人、笛吹きの想(そう)くんだ。

わが国の次期首相である。詳しくはこちら

 

 

今にも人をあやめそうな気配は健在。

 

僕の原稿を校正する想くん。

お駄賃はキュウリの糠漬け。

三島由紀夫の子孫に

チェックしてもらえるなんて光栄です。

 

想くんはネパールに長年住んでおり、

インドの古典音楽の普及に努めているが、

今週土曜日に埼玉でライブがあるので

一時帰国したとのこと。

僕はバタバタで行けないけど、

興味のある方はぜひ。

もうダメだ、絶望だ、

と人生が追い込まれている方には特におすすめ。

最後に背中をひと押ししてくれます。

 

コンサートの詳細は→こちら

残りわずかみたいです。

 

チラシがおもしろいです。

(クリックして拡大して見てください)

想くん、浮かんでいます。

もはや尊師のレベル。

 

| 生活 |
無駄な歯噛み

新元号は「栄光」か「栄平」、

とにかく「栄」の字が来る、

と前回のブログで予測した。

じつはその予測の中に「栄和」もあった。

というより、最初にふっと

頭に降りてきたのが「栄和」だった。

でもパワハラ問題の栄和人氏とかぶる、

という理由で「ないか」と考え、

ブログにアップする直前に引っ込めたのだ。

 

で、4月1日の朝、成田を発ち、

昼過ぎ、台湾に着いたところで、

日本人の団体がこう話しているのを聞いた。

「新元号、エイワだって」

 

うわー!やってしまった!

やっぱり栄和やったんやん!

なんで直前で引っ込めたんや、アホ!!

ぐぎぎぎぎぎ、と歯ぎしりすること約5時間。

初日の取材を終えて宿に戻り、

パソコンを立ち上げた瞬間、、、

あは、あは、あははは。

 

ということで、いまは台湾最終日の夜です。

やっぱメシうまいわー。

| 生活 |
”栄”が来ると思う!新元号

今日から新元号スタートじゃないんですね。

発表だけだったかー。

菅さんがするらしいけど、

その後は異例の会見があるようで。

やっぱり予想どおり→誰が発表?

 

(ついでに未読の方はぜひご一読あれ。

アベノミクスとは結局なんだったのか?

すごくわかりやすく書かれているので)

 

我ながら冴えているので、

ついでに新元号も予想しましょうかね。

ズバリ、栄光か、栄平。

とにかく栄が入る気がする。

いろんなお偉いさんの思惑を考えるに。

 

ただいま午前9時 at 成田エアポート。

これから台湾に行ってきます。

アウトドアの取材なので、

天気待ちの予備日を入れて6日間。

これだけあれば1日は晴れるだろう、

と思っていたら予報では6日間すべて雨!

さすが俺、持ってる!

| 生活 |
春の椿事

タイガースが2連勝で暫定首位!

やっぱり今年優勝するチームは違う!

さらに我が郷里、和歌山の高校が

春の選抜の8強に2校も進出。

これは81年ぶりだそうです。

市立和歌山は今朝接戦を落として

準決勝進出ならずでしたが、

公立高校でよくがんばりました。

ほんと春からめでてえや。

 

ところで「サイクルスポーツ」に連載中の

『僕の細道』は先週出た最新号で152回目。

もうすぐ14年目を迎えます。

みなさんのご支持の賜物です。

ありがとうございます。

その152回目はミャンマー編の第1話です。

よかったらご一読ください。

 

今月の表紙すごいです。

CGで描いたみたい。クリックで拡大してご覧あれ。

 

| 生活 |
平成最後の想い出に

元会社の同期2人が異動するので、

その送別会にステーキ食い放題の店で

酒池肉林をやったら、見事に腹を下して、

翌日はトイレとマブダチになった、

ということを昨日書いたが、

その後、みんなに確認したら、

それぞれメールが返ってきて、

メンバー5人のオッサンのうち、

4人のオッサンがトイレと仲良しになったとわかり、

パソコンの前で声を上げて笑ってしまった。

ひとり、一番弱そうな男だけが平気だった。

 

くれぐれも書いておくけれど、

店の衛生状況とか品質が悪いわけではなく、

オッサンがステーキ食い放題で、

無茶食いをすることに問題があるのである。

平成最後の日まであと3日。

そして今日から開幕。

 

| 生活 |
ステーキ食べ放題の送別会

昔勤めていた会社の同期ふたりが

札幌と大阪に異動することになったので、

仲間うちで送別会が行われた。

僕はその会社を24年前に辞めたのだが、

そういうことは関係ない。

 

お店は新宿の「ガッツ・グリル」。

幹事からその店名を告げられたとき、

嫌な予感しかしなかったが、

行ってみると思った通り。

ステーキ、ハンバーグ食べ放題、飲み放題3,650円。

50歳のオヤジが選ぶ店か!と思ったが、

そういうアホなノリの連中なのだ。

(だからずっと続いている)

 

値段的に、どんな得体のしれない肉を食わされるか

わかったもんじゃない。

そもそも昨日書いたように、僕は最近、完全に草食系なのだ。

肉より魚、さらに野菜、と嗜好もどんどん仙人に近づいている。

肉は適当に食うふりをして、サラダやサイドメニューを食べよう。

と思っていたら、まずはこんな肉から始まった。

マグナムステーキ、720g。

 

さらにこういうのをどんどん追加。

 

味はというと、どんな肉だろうと牛肉は牛肉。

焼いて食えばやっぱりうまいのだ。

というより、このところ草食生活をしていたせいか、

肉というものの旨さに何か衝撃を受けてしまった。

「コレだよ、コレ! 肉食い放題サイコー!」

という感じで、一夜にして肉食に戻り、

その場の誰よりもたぶん僕が一番肉を食べた(笑)。

 

で、翌日はひどい下痢かつ、すごい疲労感。

昔から思っていたけど、食べ放題で肉を食べまくると、

体調崩して、次の日疲れません? 

負けちゃうのかな。

 

| 生活 |
異様な開花宣言

東京で今日、開花宣言があった。

靖国神社の特定の木の桜が

5輪以上咲いたら開花宣言になるとか。

気象庁の担当者が確認して発表するらしい。

それを見るために大勢の人が

その木のまわりに集まっているのを

テレビで観て仰天した。

開花宣言の瞬間って

そんなに見たいものなんだろうか?

 

僕がその映像を見たのは昨日、

つまり開花宣言の1日前だった。

気象庁の担当者が、

「今日は開花は4輪だけだったので、

残念ながら宣言ならず、です」

と言うと、集まった大勢の人から「ああ」とため息がもれた。

そのあとテレビレポーターが気象庁の担当者にこう質問した。

「こんなにたくさんの方が集まって、どう思いますか?」

いかにも役人風のその気象庁男性は、

「嬉しいですね。ほんとありがたいことです。

明日はみなさんの期待に応えられるよう、

開花宣言を出したいと思います」

などと言うのかと思ったら、彼はこう言ったのだ。

「日本は、平和ですね」

結構あとからあとから込み上げてくる笑いだった。

 

| 生活 |
退屈な夢の話

夢は意識や願望とつながっている、

と先人たちも言っているけれど、

ありゃあウソだな、と思うような夢をよく見る。

今朝のはひどかった。

僕がエグザイルの一員となって、

かっこつけた連中と

新潟でダンス合宿をするという夢だった。

彼らにあこがれたことは0.1秒もないのだが。

最近ちょっと忙しくて、壊れてきたか?

 

 

| 生活 |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS