石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
過労死ライン

「過労死ライン」という言葉がニュースで流れた。

すごいネーミングだな。

寄付しろ〜と呪詛の言葉を投げかけてくる

ウィキ先生で調べてみると、

いろいろ細かい設定があるようだが、

ざっくりいえば、1ヵ月の総労働量

240〜260時間が過労死ラインらしい。

(残業は80〜100時間)

 

いま僕はブログの更新もサボりがちなほど

少々バタバタしていて、さて、

この労働状況はどれぐらいヤバイんだろう、

と計算してみたら、1ヵ月570時間だった。

(残業400時間超)

4回ぐらい死んでる。

おまけに時給にしたら、

昭和30年代か、と思うような薄給。

(要領が悪いからだけど)

 

でもま、文筆家や漫画家やデザイナーといった

〆切がある仕事の人は、納期前は多かれ少なかれ

こういう労働状態になっているんじゃないかな。

僕はどんくさいから、この1ヵ月ずっとそういう状態だ。

でも疲れたなあとは思わない。

毎朝、元気に目覚め、

よっしゃ今日もやるぞ、と力が湧く。

好きな仕事だということと、

自由ということが大きいんだろうなと思う。

(もっとも、凍りつくような冷たい視線を

同居者から浴び続けなければならないけれど)

 

でもこの文章を書いていたら、

なんか、かなり本気で吐き気がしてきた。

仕事は自転車をこぐのと一緒で、

楽しいと思えば楽しいし、

客観的に見て、これはもしかして苦痛なのでは?

と思い始めると苦役になってしまうのかも。

 

ともあれ、たまには仕事からしっかり離れ、

体と頭を休める日も必要なのかもしれない。

いまの仕事が片付いたら温泉にでも行ってこよう。

取材で。…って、仕事やん。

 

| 生活 |
なんで台風…

突然現れた台風14号は

週間天気予報を一変させた――。

という記事を今朝読んだが、

そのあおりをもろにくらったのが僕です。

今日から取材旅行に行く予定だったけど、

今朝になって急遽変更。

ま、水害や農被害と比べると

のんきな被害ですが…。

 

しかし昨日は気持ちよかった!

やっぱり高橋遥人はいい投手だ!

巨人相手に14三振。

アウトの半分以上が三振だったわけです。

おまけに大山のトップタイに並ぶホームラン。

優勝に一歩近づきましたが、

万が一2位以下に甘んじても

昨日のような試合を見せてくれるならOK.

今季のベストゲームだったかな。いまのところ。

 

| 生活 |
ナナフシの名前

ある原稿を書いているとき、

ナナフシについて知りたくなり、

検索したところ、

目を疑うような写真が出た。

 

 

さ、触りたい…。


全長50僂魃曚┐襯淵淵侫靴世修Δ福

博物館コーディネーターのマイクさんが

オーストラリアの熱帯地域で発見したらしい。

ただ、余命いくばくもない状態だったため

保護して手厚く看病&飼育した。

 

その結果、ナナフシは卵を産み、

孵化にも成功、生まれた子供たちは

母を越える大きさになったんだとか。

写真はどうやら子供たちのうちの1匹のようだ。

 

この手の驚異的な画像は

ネット内を渉猟していると

いくらでも見つかるから、

刺激に対する感受性は昔より鈍くなっていると思う。

このナナフシの画像を見たときも

「なんじゃこりゃ!?」と驚いたが、

同時に、冷めた目で見る自分もいた。

CG加工して大げさな写真にしたんじゃないの、と。

 

でも記事を読んだら一転、

ブログに紹介したい!と熱く思った。

大事に育てた母親ナナフシに

マイクさんがつけた名前がいいのだ。

「レディ・ガガ」らしい。

そういえばこのナナフシ、

レディ・ガガに似ていますね。

ってなんでやねん。

 

記事はこちら→こちら

 

| 生活 |
泣ける広告

昨日の新聞をめくっていたら、

目が点になった。

すごい広告!

 

 

どれだけ大きい広告か伝わりやすくなるかなと思って

缶ビールを置いてみたけれど、

別になくても全面広告だというのはわかりますね。

(逆になぜか小さく見える…)

 

昨日閉園した遊園地「としまえん」の広告だ。

『あしたのジョー』の最後のひとコマと、

Thanks の文字。

 

この広告から「ありがとう」のニュアンスだけを

拾う人が多いかもしれない。

でもジョーのこのひとコマの意味を考えると、

なかなか感慨深いものがある。

 

チャンピオン、ホセメンドーサと対戦する前に、

矢吹丈はヒロインの葉子にこんなことを言うのだ。

「燃えカスなんか残さない、

燃え尽きて真っ白な灰になるんだ」

そしてホセメンドーサと文字通り死闘を繰り広げ、

最後にこのひとコマで終わる。

 

真っ白な灰になって燃え尽きたジョーと

94年の歴史に幕を下ろしたとしまえんを重ねたわけですね。

 

という説明を同居人虎キチKにしていたら、

涙がこみあげ、声が震えた僕は、終わってます。

 

 

| 生活 |
今の日本の夏キャンプは…

一昨日まで取材で留守にしていました。

コロナ対策ツーリングということで、

久々に自転車にテントを積んで走る旅。

これ、毎日やってたんだな…。よくやってたなあ(笑)。

 

しかし、日本の夏はもうキャンプどころじゃないですね。

毎晩暑くて暑くて、テントの中じゃ寝られたものじゃない。

深夜を過ぎてようやくウトウトしたかと思ったら、

すぐに朝になって暑苦しくなるという。

それなのにキャンプ場にはソロキャンパーがめちゃ多かったです。

ユーチューブの影響?

妙なことがはやりますね(笑)。

そのうちアウトドア用クーラー持参の

キャンプが当たり前になったりして。

 

この旅の模様は来月の『サイクルスポーツ』に書きます。

そういえば、火曜から3泊の旅だったんですが、

そのあいだプロ野球が中止になっていたようですね。

(というのはウソで、スマホ不所持者の僕は、

キャンプ場でラジオを聴いていました。

気持ちいいキャンプのはずが、実に不快な3日間でした)

 

| 生活 |
完璧なんて不自然

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい。

――吉野弘

 

今朝の朝日新聞の言葉から。

要領が悪すぎるせいで、

最近は新聞を読む時間もない。

情けない。

それでも一面のニュースとコラムと国際面と、

あと阪神が勝った翌朝のスポーツ面は

トイレ中などに読むようにしている。

それと、一面の「折々のことば」というコーナーも。

 

冒頭の言葉がそれだ。

今日のはとてもよかったので、

備忘録としても書き残しておこうと思う。

こう続く。

 

「二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい」

と始まる詩「祝婚歌」

(詩集『風が吹くと』所収)から。

結婚式で朗読されることもある。

正しさは人に、無理な、

だから歪(いびつ)な「緊張」を強いる。

それは「相手を傷つけやすい」し、

相手を責める資格が自分にあるかという問いを、

そして何より「完璧なんて不自然」

ということを忘れさせる。

 

アメリカのトランプ支持者をはじめ、

保守派や原理主義者たちや、

それに類する人たちは

この短い文章の意味がわかるだろうか?

 

| 生活 |
国策落語

今日は終戦記念日。

今朝の「天声人語」は

戦時中の国策落語についての話。

落語までもが、軍部から強いられ、

国威発揚の噺をつくり、

高座にかけていたそうだ。

客にはウケなかったとも。

 

国策落語、初めて知った。

当時の狂いっぷりがよくわかる話だな。

ところで天声人語、

4、5年前とは筆者が変わったんだろうか。

前は読売のコラムが最高だと思ったけど、

最近は朝日のコラムもおもしろい。

 

食の雑誌『dancyu』ウェブ版で連載中の

「世界の〇〇〜記憶に残る異国の一皿〜」

の最新話がアップされています。

今回のテーマは「夏のおつまみ」

よろしければ、どうぞ→こちら

3話続きます。

 

 

 

 

 

 

| 生活 |
ガンダムの劇場版

BS放送が見られる人に朗報です。

明日金曜日、18:28から、

無料放送のBS11で、

『機動戦士ガンダム』劇場版の第2作、

哀・戦士編が放送されます!

 

先週は1作目をやっていたんですよねえ。

そのときもこのブログに書いて

告知しようと思っていたんですが、

ちょっとほんとバタバタしていて…。

でも僕自身はしっかり録画して、

食事中にこま切れに観ているんですが、

やっぱりすごいですね、この作品は。

劇中世界に引き込む力が尋常じゃありません。

ハリウッドがCGでリメイクしないかな。

 

ところでお好きな方に、

マニアックな楽しみ方をご案内。

 

テレビ版をどのように編集して

劇場版にまとめたのか、

どのあたりが新作カットなのか、

といった、老若男女全人類が気になる情報が、

こちらの公式サイトにまとめられています。

どうまとめた?劇場版ガンダム

 

これを読んで、本編を見れば、

「うおおおっ、これが新作カットか!」

「ぎゃああっ、これがつながるんだ!」

などと超楽しめ、上がりまくりますよ。

 

ちなみに来週金曜日は3部作の最後、

「めぐりあい宇宙編」が放送されます。

これはもう大傑作。

 

| 生活 |
スーパーの鰻丼

梅雨が明けたらいきなり暑くなって、

夏バテっぽくなったので、

鰻を買ってきた。

といってもスーパーの鰻丼弁当だけど。

阿佐ヶ谷のココスナカムラが

やっぱり素晴らしいスーパーなのだ。

これで580円。すごくないですか?

絶対臭いだろうなあ、と思って食べたら、

ぜんぜん臭くなかった。

 

考えてみると、ここ数年、

鰻なんて寿司のネタを食べたぐらいかも。

だからか、効果てきめん。

今日は今朝からなんか元気です。

 

| 生活 |
笑かす配役

前作の朝ドラ『スカーレット』が大好きすぎたせいか、
今作の『エール』はたいして気乗りしないまま見始めた。
ところが『エール』もめちゃおもろいではないか。
作曲家、古関裕而をモデルにしたドラマだ。
約5000曲作曲したといわれるが、
そのうちの1曲が阪神タイガースの歌、
『六甲おろし』だということは全国民の知るところだと思う。


だから当然、『エール』も『六甲おろし』を中心に
物語が組まれるものと思っていたのだが、
驚いたことに、主題歌の前の1分にも満たない
“マクラ”でほんのちょっと触れただけだった。
(古関裕而は巨人の歌も作曲したのだが、
そちらは紹介すらされなかった。
『六甲おろし』に触れないことで巻き起こるであろう
虎ファンたちの粘着質なクレームを恐れたか?)

 

ただ、そのほんの一瞬の扱いだけでも
虎ファンたちを喜ばせる心憎い演出がとられていた。
球団社長役がなんとこの人だったのだ。

 

しかも時間にして10秒足らずの出演だったのに
役名まで与えられており、
その名前もちゃんと笑わせようとしてくれていた。
製作スタッフのみなさん、ありがとう。

 

この回、たしか1ヵ月前ぐらいのですよね。

録画したものを見ているから
だいぶタイムラグができています。
もっともコロナ禍による製作遅滞で、
追いついてしまいましたが……。

 

ともあれ、今日は巨人戦。

相手先発は菅野か。

『六甲おろし』を歌わせてもらう!

| 生活 |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「世界の〇〇〜記憶に残る異国の一皿〜」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/ikokunohitosara/index.html
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。東京、茨城、滋賀、屋久島、種子島、土佐、北海道、熊本、三陸…
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
旅のハプニングやノウハウをつづった実用エッセイ
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS