石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
赤ちゃんパンダなんともう公開してます!

五島列島に取材に行っているあいだに

白浜のアドベンチャーワールド、

通称アドベンがとうとう始めたようです。

パンダの赤ちゃん一般公開!

 

いや、早いですね。

今回の赤ちゃんは

ちゃんと育つか心配されるぐらい

小さく生まれたから

公開も遅いだろうなと思っていたけど。

 

ちなみに、いつも引き合いに出す

東京の某上野動物園ですが、

あそこの赤ちゃんパンダは

生後190日目でようやく一般公開されました。

 

で、白浜アドベンの今回の赤ちゃんは

というと……なんと生後30日!

(ちなみに前回の「結浜」のときは生後13日!)

もっとも公開時間は1日20分が2回と

かなり限られていますが、

今後どんどん延長されていくでしょう。

 

相変わらずほとんど報道されない

白浜の赤ちゃんパンダですが、

そのおかげでじっくりご覧いただけますよ。

(某上野動物園は僕が行ったときは

1時間くらい待って観覧時間30秒。くはは)

生後半年までのパンダの可愛さは尋常じゃないので、

ぜひ今年中に白浜へ!

日本最古の温泉も真っ白ビーチも

奇岩も熊野古道もあるでよ。

地元っ子が勧める白浜ベストプラン(永久保存版)

 

赤ちゃんパンダのライブ映像配信も

始めたそうです。

こちらも1日20分×2回ですが。

詳細は→アドベン9/19のトピック

 

こちら、ちょっと前の写真ですが、

見たらなんか泣けてきたので。

 

 

| 生活 |
大崩落

台風21号が猛威を振るっていたとき、

白浜の実家に電話したら、

「風は強かったけど、

過去のすごい台風ほどじゃなかった」

と母が言っていた。

でもやっぱりすごかったのだ。

というより、

蓄積された膨大なエネルギーの和が

一気にあふれたということか。

”台風銀座”とも呼ばれる白浜である。

 

景勝地、三段壁が崩落したらしい。

 

before

 

after

 

今朝電話をかけてきて教えてくれた父も、

「こんなん初めてや」

と驚いていた。

 

というわけで

これから取材で出ます。

五島列島に行ってきます。

 

 

 

| 生活 |
どうか

大規模な土砂崩れで

安否不明となった方たちの

ご家族ご友人がいまどんな思いでいるのか。

その心情を思うと言葉になりません。

どうかひとりでも多くの命が

助かりますように。

 

サッカー日本代表VSチリ代表の試合は

やはり中止になりましたね。

歴史ある自転車ロードレースの

ツール・ド・北海道も今日からだったのですが

中止になりました。

 

ロードレースがこの時期に開催予定だったことを考えると

北海道はやはり今が一番いい気候なのかもしれません。

電気の需要も真夏や真冬よりは少ないのでしょう。

とはいえ、まだ半数の世帯で停電しているようです。

余震も多いですね。

熊本の例もあります。

さらに大きな余震に備えてください。

本当にこれ以上被害が

大きくなりませんように。

 

| 生活 |
史上最強‟規模”

打ち合わせや取材のとき以外は

たいてい家に引きこもっているのに、

「非常に強い」台風上陸の今日に限って、

用事で都心部に出なければならない。

別に台風を体感したくて出るわけではない。

強風が吹いて家の前の電線が揺れるたびに

体の奥で何かがうずくが、

ニヤニヤしてはいけない。

ヒャッホーとか言ってはいけない。

 

今日はテレビをつけると、

僕の郷里白浜からもよく中継されていた。

記者たちは絶叫交じりに

「かつて経験したことのない云々!」

とレポートしていたので

大丈夫かな、と実家に電話したら、

「たしかに風は強かったけど、

過去のすごい台風ほどではなかった」

とのこと。

さすが台風銀座。

 

もっとも、地域によって全然違う。

関空とかひどいことになっていて、びっくりした。

各地で史上最強な数値が出ているみたいだから、

みなさんくれぐれもお気をつけください。

 

東京も風が強くなってきたけど、

電車ちゃんと動くかな?

 

| 生活 |
日々の楽しみ

まだ「お気に入り」に登録していない人、

さあ、ためらわずにどうぞ。

アドベンHPのトピック

 

しつこく書いちゃいますが、

今月14日に白浜で生まれたパンダの赤ちゃんの

成長記録が毎日更新されています。

これがもう悶絶の可愛さ。

見るたびに顔がふにゃふにゃになります。

 

出生時の体重が75gと、

同施設で生まれた16頭のパンダのなかでも最小で、

しっかり育つかどうか心配だったこの赤ちゃんも

スタッフたちの懸命のサポートの甲斐あってか

誕生から15日たった今日、

体重が200gを越えたそうです。

 

今日アップされていた写真も超絶可愛いけど、

昨日の写真には声を上げて笑ってしまいました。

2枚あって、1枚がこれ。

 

この顔……。

で、笑ってしまったのはもう1枚の写真です。

どうぞ、サイトでご覧ください→昨日のトピック

なんだその右手は。

 

このころのパンダの赤ちゃんって

奇妙な生物という感じで、

可愛いと思ったことはなかったけど、

この子はなんか違うなあ。

笑ったような顔が愛嬌たっぷりで可愛すぎる。

 

毎日ちょっとずつ大きくなり、

模様もはっきりしてくる様が

なんかほんと感動的で、泣けてきます。

年末に会えるのが楽しみでなりません。

会ったら本気で泣くかも(笑)。

 

| 生活 |
キャベツとサッカーと雷とオフィス

僕の趣味はキャベツの千切りだ。

包丁を研ぎまくってキャベツを切る。

目指すは髪の毛の細さである。

毎日切りまくっている。

我が家はキャベツひと玉が5日ほどでなくなる。

玉ねぎと人参の千切りを混ぜるとさらにおいしくなる。ときに大葉も交ぜている。

 

僕ぐらいの上級者になると盲パイならぬ

”盲千切り”ができる。

昨日はアジアカップのサッカーを観戦し、

行け! 戻れ! だぁ!と叫びながら

手はキャベツの千切りに打ち込んでいた。

サウジアラビアに同点に追いつかれたものの、

残り時間15分ぐらいで日本が1点を返し、2−1。

行け、逃げろ、いや攻めろ、逃げろ!

と叫びながら、キャベツをトントン刻んでいたら、

外は雷が鳴りだし、洗車マシン状態になって、

そうしたら衛星放送がつかなくなってしまった。

「かぁ〜!こんないいところで!」

仕方ないので、部屋の明かりを消し、

カーテンを全開にして、座椅子を倒し、

プラネタリウムのように優雅に雷鑑賞をした。

すごかった。ディスコみたいだった。

東京に来て13年になるが、

最も激しいゲリラ豪雨だった気がする。

なんか途中でヒョウみたいなのも降ってきて、

窓にバチバチ当たり、

ガラスが割れるんじゃないかとヒヤヒヤした。

 

そのあとニュースで我が町、阿佐ヶ谷が出ていた。

僕がオフィス契約をしているマクドナルドの映像だ。

店内に水が流れ込んで客たちがイスに足を上げていた。

オフィスに出勤していなかったことを

ちょっとだけ悔やんだ。

 

| 生活 |
白浜の赤ちゃんパンダ、激烈かわいい写真。卒倒注意。

昨日だかの新聞に

シャンシャンという

オッサンパンダの写真が載っていて、

まだちやほやされてんのか、

と和歌山県人全員が反感を抱いたのだが、

かたや白浜のアドベンチャーワールド、通称アドベンで

この夏、16頭目のパンダが生まれたというニュースに

触れたという人はどれぐらいいるだろう?

シャンシャンのことを持ち上げたいばかりに

白浜のパンダ誕生の報が意図的に抑えられているように感じる。

フリーメイソンあたりが安倍内閣に指示しているのだ。

世界は陰謀に満ちあふれ、

一部の選民によってコントロールされているのだああ。

 

ということで、選民に立ち向かうべく、

白浜パンダをどんどんアピールしていこうと思う。

8月14日に白浜アドベンで生まれたパンダは、

体調15僉体重は75gと、

過去にアドベンで生まれた16頭のうちで最小だった。

(ちなみにシャンシャンは誕生から2日目で147gだったそう)

16頭のうちの15頭のお父さんとなったパンダ永明が

人間で言うと70代なかばという高齢だったことも

もしかしたら関係しているのかもしれない。

自力では母乳を飲むこともできず、

保育器に入れられ、スタッフたちが命を守ろうと

懸命にサポートしている、

という記事がアドベンのHPに出ていたことは、

このブログでも紹介させてもらった。

 

それから9日。

昨日の同HPにこんな写真が出ていたのだ。

 

 

ひゃあ、なんじゃこりゃあああ。模様が出ている!

笑顔かこれは? 笑っているのか?

 

やっと100gを越えたらしい。

それでもまだスマホより軽い。

スタッフのサポートは継続中らしいが、母乳もよく飲み、

鳴き声にも力強さが感じられるようになってきたとか。

がんばれ! 生きろー!

 

前回も書いたけど、

一施設で出産頭数16頭というのは、

中国以外では世界最多で、

その記録を作れたのは優秀なスタッフと

蓄積されたノウハウによるところも大きいだろうが、

何よりお父さんパンダ永明のおかげ、

というのは地元でよく語られている話だ。

その永明も高齢のため、

さすがに今回の赤ちゃんで最後ではないか、

とささやかれている。

 

上野動物園だと、もし次に赤ちゃんが生まれたとしても、

一般公開は白浜の10倍以上遅いし、

(シャンシャン→生後190日目から公開

 一昨年アドベン生まれた結浜→生後13日目から公開)

なにより人が多すぎて観覧時間が一瞬で終わる。

正直、僕はまったく見た気がしなかった。

なので、みなさん、白浜に行きましょう!

パンダのほんとの可愛さに触れられます。

それに温泉地ランキングで1位をとった

白浜観光も楽しめます。

地元っ子が勧める白浜ベストプラン(永久保存版)

 

今回を逃すと、次はいつになるかわかりません。

で、感動をさらに盛り上げるために

アドベンのHPで赤ちゃんの成長を追う、

というのも一興かと。

アドベンHPのトピックス

会った瞬間、泣けるかもですよ。

 

リンク張るためにいまアドベンHPを開いたら、

またヤバイ写真がアップされていた…。

 

| 生活 |
身近にある驚異

知り合いの個展を観にいった。

 

さて、みなさん、これなんだと思います?

 

(本人に断って作品の写真を撮らせてもらいました)

 

 

 

油絵の抽象画?

 

ブブー。

 

正解は、岩。

 

岩の写真です。

僕の郷里、白浜の某所、広大な岩場の岩です。

色の修正はまったくしていません。

自然のままの色です。

 

新宿のオリンパスサロンで開かれている

山本富久氏の写真展「自画像(じがどう)」です。

 

山本氏は数々の受賞歴を誇るフォトグラファー。

様々な被写体を50年以上追い続け、

齢70を過ぎて行きついたのが、白浜の岩場でした。

 

「あちこち人の顔に見えるんや。

これが摩訶不思議でなあ。

やにこうおもろい。もう何年も通とる」

 

何年か前に氏は熱心に語ってくれました。

今日は久しぶりに会って話しましたが、

80歳を過ぎても少年のように好奇心旺盛です。

 

50点もの写真を驚嘆の思いで見ていると、

地球の表情そのものを眺めているようで、

なんだか厳粛な気持ちになって痺れました。

この場所には何度も行っているけど、

こんな風に見たことはないなぁ。

 

この写真展は明日が最終日。15時まで。

その後、大阪に移動します。どちらも入場無料。

お近くの方、ぜひ足をのばしてご覧ください。

いや、すごいですよ。

 

オリンパスギャラリー東京(新宿)

期間:2018年8月17日(金)〜8月22日(水)
午前11:00〜午後7:00 最終日 午後3:00

木曜休館 入場無料

 

オリンパスギャラリー大阪(本町)

期間:2018年8月31日(金)〜9月6日(木)
午前10:00〜午後6:00 最終日 午後3:00

日曜・祝日休館 入場無料

 

詳細はこちら→こちら

 

 

| 生活 |
大阪の古家の味わい

昨日は大阪の古民家ゲストハウス「緑家」で

トークライブをやりました。

岩手、日光、広島など遠くから来られた方々もいて、

なんだかもうほんと恐縮しっぱなし。

お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

嬉しい再会もありました。

会場の「緑家」に行くと、門前に立っていた男性が、

「えっ、ゆうすけさん?」と。

がっちりした体躯に短髪のイケメン、太い二の腕にはタトゥー。

こういう知り合いはいません。

「僕です。フンです。ナンクンフンです」

え? えええええっ⁉

「まさかナンくん?」

 

以前このブログにも何度も登場したので、

この名前に覚えがあるという人もいるかもしれません。

韓国人で、僕の郷里白浜でホームステイをし、

その縁で僕の存在を知って本を読み、

日韓縦断自転車旅行をやった若者です。

旅の途中、僕の東京の家に泊まり、

それから僕もアフリカ自転車軍団とともに

ソウルの彼の家に遊びに行ったりと交流が続いていたのですが、

7年ぐらい前に会ったのを最後に自然と連絡が途絶えました。

2年前にソウルに取材に行った際、メールしても音沙汰なし。

ちょっと寂しい思いをしたものですが、そのことを突っ込むと、

迷惑メールがあまりに多かったのでアドレスを変えたそうな。

連絡がとれなくなったあいだに兵役を2年やったそうで、

文学青年風だったナンくんが、

マッチョな雰囲気に変わったのもそのためみたいです。

ま、しばらくしゃべっていると

相変わらずすっとぼけたキャラに戻りましたが(笑)。

いまは大阪に住んでいるそうです。

こりゃまた遊べそうだ。

 

トークのあとは懇親会。

やっぱり場所って大切ですね。

ナンくんと数名をのぞき、初めて会う人がほとんどでしたが、

80年前の古家のやわらかい空気に包まれ、

同窓会のような懐かしいムードがたちこめていました。

なんか楽しかったなあ。

「緑家」さん、相変わらず素敵な宿です。

 

 

 

大阪にお越しの際はぜひどうぞ。

緑橋駅から徒歩5分。

相部屋2800円から。個室もあります。

詳細は宿のホームページをご参照あれ→こちら

宿主のヨシくんとはアフリカで会ったんですが、

すんげーいいやつですよ。

 

 

| 生活 |
吉報!白浜で赤ちゃんパンダ!

終戦記念日の昨日、吉報がありました。

白浜のアドベンチャーワールド、通称アドベンで

16頭目のパンダの赤ちゃんが生まれました!

もう一度言います。

”16頭目の”パンダの赤ちゃんです!

東京かどこかの動物園で

パンダの赤ちゃんが生まれたときは、

日本中で大騒ぎになっていたけど、

今回の白浜のこのニュースを知っている人は

どれぐらいいるんでしょうね。

 

しかもただの赤ちゃん誕生じゃないんです。

偉大です。グレイトです。直訳です。

お父さんパンダの「永明」です。

これまでアドベンで生まれた16頭のうち、

15頭のお父さんで、現在25歳。

人間で言うと、なんと70代半ば。

世界最高齢の父親パンダで、

自身のその記録を今回また更新したんです。

 

ただしその高齢が原因かどうかは不明ですが、

今回の赤ちゃんの体重はわずか75gと、

これまでの最小サイズで生まれてきたそうです。

そのため保育器に入れて、

スタッフたちが懸命にサポートしているんだとか。

アドベンのHPのその記事を読んでいたら、

なんか泣けてきました→こちら

 

よかったらお祈りください。

そして無事すくすく育った暁には、ぜひ南紀白浜へ。

さすがに永明も今回の子が最後ではないか、

とささやかれているので、

今回を逃すと次はいつになるかわかりません。

東京かどこかの動物園の赤ちゃんパンダは

僕が行ったときはめちゃめちゃ待ったあげく

30秒ぐらいしか見られず、

正直まったく見た気がしなかったけれど、

アドベンは間近でじっくりご覧になれますよ。

加えてパラダイス白浜観光も楽しめます!

こちらをご参照あれ。

地元っ子が勧める白浜ベストプラン(永久保存版)

 

生後4ヵ月ぐらいまでのパンダは、

そりゃもう卒倒しそうなほどのかわいさです。

神がかっています。

批判的なことを書く気はさらさらないけど、

東京あたりにある動物園の赤ちゃんパンダは

生後半年を過ぎてようやく公開になりましたからね。

ありゃもう成獣ですよ。

対してアドベンは前の赤ちゃんのときは生後13日目から公開。

なめてますね、アドベン。

この年末は白浜旅行で決まりですね。

 

| 生活 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS