石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< うまい!と思った店の、他人の評価 | main | 3人の志士に世界はゆだねられた >>
死霊のはらわたのようなパソコン

もともと物欲は薄いほうだったが、世界一周をしてからさらにその傾向が強まったように思う。

僕は2台のパソコンを使っている。
1台は自宅にあるデスクトップ。
日立のファッ○○パソコンだ。1年に1度は壊れる。去年の秋に修理したが、また調子が悪くなってきた。5年保障も終わったので、次ダメになったら、正拳突きで息の根を止める予定。その日も近かろう。

もう1台は持ち運び用のレッツノート。こちらはすばらしい。これも5年前に買ったもので、当時は目ン玉が飛び出るぐらい高かったが、それだけの価値はじゅうぶんにあった。とにかく丈夫。一度講演中にお客さんがコードを足に引っかけ、パソコンが吹っ飛んでいったことがあった。高さ約1m。飛翔距離は約3m。しかも作動中のパソコンである。スローモーションのように飛んでいくそれを見ながら、僕は彼――パソコンの代わりに辞世の句を詠んだ。

君がため
尽くせしことも水の泡
うちよす浪に
消えて流るる

ガシャン! と激しい音をたて、わが供はリノリウムの冷たい床に叩きつけられた。
にもかかわらず、タフ設計のレッツノートはびくともせず、最前となんら変わることなくぼくの旅写真を映しつづけていたのである。映画『死霊のはらわた』で、体を斧で切っても切ってもゲヘヘヘヘと笑っている死霊のような薄気味悪さすらあった(いやな比喩でゴメンな、レッツノート)。

しかし、今秋、そのレッツノートを、自分のミスでふたたび落としてしまった。
今度は打ちどころが悪かった。角から落ち、一部分が欠けた。
それでも動くのだが、ときどき作業中に画面が消えるようになった。
決め手は先日のトークライブ。
アメリカの絶景や南米の荒野を映している最中、急にデスクトップ画面に戻り、壁紙にしていた秋田犬のバカ面のアップになった。そのたびに「これは秋田犬です」と言って、そこそこ笑いをとったのだが、そのたびごとにスリープ機能が働いて画面が消え、トークが中断させられた。

おそらく、今後この不具合の頻度は高くなるだろう。
修理にはどうやら7、8万はかかるようである。
5年も使ったし、新しいのを買うか。日立のデスクトップパソコンもぶっ壊れそうだし。ということで、最新のレッツノートを年末に購入した。安くなったものである。16万5000円。5年前に買ったレッツより8万円も安いうえ、今回のはキーボード全面に防滴機能まである。プリンタとちがってパソコンの進化はめざましい。余談だが、逆にプリンタの退化はほんとにひどい。前にも書いたが、ひどすぎる。8年前のプリンタでは一度もなかった印刷ズレが、先日買ったプリンタでは頻繁に起こり、今年の年賀状はとんでもないことになった。ちなみにPIXUS iP4830 という製品だ。こいつはリコールもんじゃ!

閑話休題。
長くなってきたな。そろそろやめよう。
で、冒頭の文に戻るわけだが、僕はもともと物欲は薄いし、パソコンにもまったく興味がない。物書きという仕事をしていなかったら、ブログを書くこともなかったし、パソコンを持つこともなかっただろう。
それが証拠に、新しいパソコンが届いて1週間になるが、梱包すら解いていない。部屋の片隅に転がっている。開けるのが面倒くさいからだ。
ちなみに、このブログは旧レッツノートをやさしくいたわりながら書いている。



| 生活 |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「世界の〇〇〜記憶に残る異国の一皿〜」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/ikokunohitosara/index.html
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。東京、茨城、滋賀、屋久島、種子島、土佐、北海道、熊本、三陸…
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
旅のハプニングやノウハウをつづった実用エッセイ
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS