石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 寒さ対策 | main | 映画づくりの現場 >>
失われていくもの


昨日の読売新聞にちょっとショックな記事があった。
ニコンがフィルムカメラの製造を大幅に削減するらしい。デジタルカメラに経営資源を集中させるためだ。

具体的にいうと、入門機のFM10とプロ用のF6だけを残して、あとの6機種、および専用レンズは生産をやめるとのこと。

ぼくは旅ではニコンFM2を使っていた。ペルーで強盗に身包みはがされたときは同社のFM10を現地で買ったが(ペルーではFM2のボディが14万円もしたのだ!)、途中で壊れたのでけっきょくまたFM2を購入した。

FM2は完全マニュアルのカメラだ。ピントも露出もすべて自分で調節しなければならない。だけど構造が単純な分、写真の基本的なことを体で覚えることができる。それに、なんといっても「機械式」のシャッターがいい。バネだけでシャッターが駆動するので電池がなくても写真が撮れる。すべてにおいてシンプルなカメラで、そのぶん頑丈というわけだ。常に振動がともなう自転車旅行などにはうってつけなのである。

ひと昔前、一眼レフカメラ業界全体が全自動オートフォーカス式に移行していたときも、ニコンはこういったシブい手動式カメラを作り続けていた。職人気質の強いメーカーだという印象があった。それだけに今回の決定には驚くと同時になんだか寂しいものを覚えた。企業として経営効率を優先するのは仕方がないにしても、あまりにバッサリと切りすぎだという印象が否めない。自分が考えていた時代の変容と、実際のそれとにはまだまだ大きなギャップがあるようだ。

仕事用にと、昨年末にデジタル一眼カメラを買った。しかしどうもなじめない。昔、ニコンFM2を買ったときのような高揚感がない。オヤジ化している証拠かもしれないが、しかしぼくがここで書きたいのは、1月6日の「炊飯器」や1月11日の「旅用の自転車」などのエッセイに込めたものと同様の思いだ。つまり、シンプルで頑健なものほど「道具」に対する愛着がわくということ。少なくともぼくは。

「機械式」のシャッターはカシャンという音がいい。小気味よく、心に響く。

年末に買ったデジタル一眼は、購入から2週間以上経つというのに、まだ箱から一度も出していなかったりする。

| アイテム |
★サロベツ原野が広がる北海道幌延町で秘境駅サイクリング&講演/8月4日〜
■2018年8月4日(土)6:00〜 ローカル鉄道を利用して秘境駅を訪ね、駅周辺を自転車で探索します。 ■8月5日(日)午後:講演会「地球を走って見えたもの」〜世界一周疑似体験スライドショー〜 ■申し込み&詳細は当ブログ7月1日の記事をご参照ください。
★大阪でトークライブ/8月18日(土)
大阪の古民家ゲストハウスで「キューバ夜話&世界一周疑似体験ツアー」をお送りします。■2018年8月18日(土) 17時半開場 18時スタート。トーク後は自由参加の懇親会も ■会場:大阪ゲストハウス緑家(緑橋駅から徒歩5分)■要予約。詳細&お申込みは→https://osakamidoriya.com/2018/07/02/1190/ もしくは当ブログの7月2日の記事をご参照ください。
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS