石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 自然エネルギーはホントに使えないのか? | main | うーむ >>
テレビの『アナ雪』と、劇場の『ラ・ラ・ランド』

『アナと雪の女王』が地上波初登場らしい。

オープニングだけちょっと観るか、

と思って観ていると10分たち、

「戴冠式まで観るか」

ということで戴冠式まで観ると、

「やっぱレリゴーまで観るか」

で、それが終わると、

「ああ、やっぱオオカミまで」

「やっぱヤツが本性を現すまで」

「ああ!」

ということで結局最後まで観てしまい、

例のエンディングでずっこけた。

なんというセンス。

 

 

誰が望んだ?

 

フジの凋落にはちゃんと理由があるなあ。

 

それはさておき、

今回『アナ雪』をテレビで観て

あれ?と思ってしまった。

「あ、あんまりおもしろくない…」

映画館で観たときは、

粗いつくりだな、

と思いつつも、それなりに楽しめたし、

レリゴーのシーンに限っていえば、

「完璧だ」と感動したんだけど。

 

やはり映画館で観るのと

テレビで観るのとじゃ全然違う。

とくにミュージカルはその差が

とてつもなく大きい気がする。

音楽と映像に包まれ、高揚する感じが

テレビだと激減する、というか

ほとんど失われてしまう。

先日、『ラ・ラ・ランド』を観てきたところだけど、

もう1回観にいこうかな。

 

その『ラ・ラ・ランド』の感想もちょっとだけ。

先入観ゼロで観たい人はここで「戻る」をクリック。

(でもこの映画はむしろある程度中身を知ってから

観たほうがいい気がする。その理由は後述)

あれ? こんな内容だったの? 

と少しあっけにとられた。

思っていたものとだいぶ違ったから。

とくにラストは「え?これで終わり?」と。

でもそれは勝手にハッピーエンディングを期待し、

それを求めたからであって、

こういう映画だと知ったうえで観れば、

あのラストは極上だろうなと思う。

ものすごい感動とともに幕を下ろすことになる。

あのとき、もしもああだったら――。

でも現実はそうじゃない。

甘くて、胸が苦しくなるほどほろ苦い。

そこに人生のエッセンスが詰まっている。

ファンタジックなのに極めて現実的で、

そしてとても普遍的なラストだ。

監督はこのラストを描きたくて

この映画を撮ったんだろうな、

とあとになってしみじみ思った。

だから、観たときはやや拍子抜けしたにもかかわらず、

それから数日たってもまだ余韻を引きずっている。

(サントラを聴きまくっているせいもあるけど・笑)

ちょっと不思議な感動の仕方である。

もしかしたらこの映画に限っては、

あらすじを知ってから観るほうがいいかもしれない。

展開にドキドキするような話じゃないし。

 

このオープニングだけでも1800円の価値があります。

実際に高速道路を借り切って撮影したそうな。

あと、すべてフィルム撮影。質感が違います。

絵がほんときれい。

やっぱりもう1回行くかな。

 

もうひとつ言えば、

サントラを聴き込んでから行かれると

いっそう楽しめるかと。

サントラ47分版

ただし中毒性がすごいのでご注意あれ(笑)。

しかしこれだけの名曲が生まれる余地が

世界にはまだあったんだなあ。

 

 

 

| 映画 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS