石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 涙を流して笑う話芸 | main | フィラデルフィア >>
ラーメンは体にいいのか?

原稿の〆切がヤバいのだが、

ある講談師の独演会を予約していたので、

それを聴きに神楽坂の赤城神社に行った。

相変わらずの狂気。すげぇ。

 

で、帰りにラーメンを食べた。

フランス料理出身のシェフが作っている、

とのこと。

厨房を見れば、髪の長い兄ちゃんだ。

なんとなく嫌な予感。

 

食べてみると、、、

 

予感的中。

 

チャーシューに網の焼き目をつけたり、

スープにいろんなもの入れたり、

いろいろやっているっぽいのだが、

複雑で凝ったものが上等

という考えはよしましょうよ、もう。

 

麺をすすりながら、

先日取材で行った

喜多方が思い出されて

仕方がなかった。

ラーメン屋を4軒ハシゴしたけど、

すべてうまかったなあ、

今食べてるこのラーメンとは

何か根本的に違うなあ、

水のせいもあるのかなあ、

などとつらつら考えていた。

 

ところで喜多方のラーメン屋は

午後3時で閉まるところがほとんどだ。

そんななか、飲んだあとに

一軒だけ開いている店があった。

伊藤食堂という看板。

食堂といってもメニューは

《中華そば600円》

これだけ。

食べてみると、喜多方にしては珍しく、

煮干しがガツンと香る主張の強いスープ。

系統的には苦手なスープのはずだが、

めちゃくちゃうまかった。

ふらっと入った店がこれだもの。

 

飲んだあとのシメだったゆえ、

写真を撮るつもりもなかったのだが、

食べ始めたらウマかったので

食ってる途中で慌てて撮った1枚。

スープを飲みすぎてしまった。うまかったので。

それと、せめて麺をチャーシューの下に入れろや、俺。

 

この伊藤食堂も古くからあるようだ。

店主のおじさんとしゃべって驚いた。

 

 

さて、みなさん。

この店主、何歳だと思います?

クリック&拡大してよーくご覧ください。

当たれば、この伊藤食堂のラーメンを

600円でお召し上がりいただけます。

って、定価じゃねえか!

ともあれシンキングターイム。

チッ、

チッ、

チッ、

チッ、

チッ、

チッ、

チーン。

 

答えは80歳。

「600円のラーメン売ってても

飲みにもいけないよ」

と言いながら、

この店を50年やっているそうです。

みなさんもよかったら

食べにいってみてください。

 

しかし、僕が世話になっている

久慈の千草ラーメンの父さんも

70過ぎで白髪が1本もなく、

真黒な毛がふさふさで、

元気いっぱいだもんなあ。

ラーメンって体にいいのかな。

 

…とてもいいとは思えんが。

 

| グルメ |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS