石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 労作中の労作 | main | 白ミミズを食べる人 >>
中国が本気で再エネへ

昨日の「クローズアップ現代」がおもしろかった。

風力や太陽光など再生可能エネルギー事業に

中国が国をあげて取り組んでいるという内容だ。

再エネのコストは世界的に急激に下がっているという。

経済学者らの予想よりはるかに速いスピードらしい。

中国では再エネは今や火力よりも安価なエネルギーとなり、

安定供給も可能になってきているそうだ。

現実主義の中国人が再エネに力を入れるのは

経済的なうまみが十分あるからだろう。

 

くわえて、この大国が原発政策から再エネに

大きく舵を切った背景には、

大気汚染が深刻であることにくわえ、

日本の原発事故が大きく関わっているらしい。

再エネの成長ぶりを示す棒グラフを見ると、

中国は突出してのびており、

今後も極端に右肩上がりだ。

欧米も急速にのびている。

のびが鈍いのは、原発事故を起こした日本である。

あの事故から学んだのは隣人たちで、

火元である日本は何も学ばなかったというこの皮肉。

 

もっとも、日本も固定価格買取制度等、

再エネの普及に努めてはいるが、

送電の問題などで、撤退する企業が増えている。

再エネの弊害が多いのだ。この国は。

中国では再エネのベンチャー企業がどんどん成長して

世界に、そして日本にまで事業を展開してきているのに対し、

日本の再エネ企業はピーク時の半数近くが倒産しているのだ。

そして永久に核ゴミの処理に膨大なコストがかかる原発を

この国はせっせと稼働させようとしている。

ついでにいえば、原発の発電コストは頭打ちか、

あるいは今後どんどん悪化するとみられるのに対し、

再エネはさらなる技術革新ならびにスケールメリットによって、

今後ますますコストが安くなるといわれている。

 

いまや再エネは自然保護という観点からだけではなく、

事業としてもきわめて魅力的なものであり、

世界が注目しているというのに、

日本だけが別の方向を見ているようである。

『クローズアップ現代』のMC武田アナが

「知りませんでした」

と驚きながら進行しているのが印象的だった。

NHKのエースアナがあれだけ驚くところに、

日本の置かれているガラパゴス的状況が

顕著にあらわれているように思う。

 

風や太陽光などの再エネは気象条件に左右され、

安定供給できないから

ベースロード電源にならないんじゃないか、

という疑問に対しては、

『日本と再生』という映画が回答を提示しているので、

よかったら見てください。

投げやりな記事になってしまったけど、

年末進行でバタバタしているので(笑)。

 

 

 

| 社会 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS