石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 新聞を読んで笑った話 | main | ボイジャービールが部門賞の日本一に! >>
笑えるニュース2

今日もたまたまオモロイニュースを読んだので、

笑いのおすそわけ。

 

加計学園問題のキーパーソンで、

「あったものをなかったことにはできない」

と官邸の圧力をぶちまけた前川喜平氏が

名古屋市の公立中学校で講師として呼ばれ、授業をしたら、

文科省から異様なほど大量の質問が学校に寄せられ、

授業内容の照会や録音データの提供を求められたという一件。

文科省に働きかけたのは自民党の参院議員、

赤池誠章氏(他1名)だとわかった。

 

以下、AERAの記事より、

笑えるエッセンスだけ抜粋します。

 

その赤池氏は、過去にも文科省に猛烈な抗議を入れたことがある。

しかも批判の対象は「ちびまる子ちゃん」だった。
赤池氏が問題視したのは、

2015年12月に公開された映画

『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』。

 

(みなさん、どこが批判の的になったと思います?

あれこれ考えてから以下を読むと、オモシロさ倍増)


内容について特に問題を感じる作品ではなさそうだが、

赤池氏はポスターに掲載されたキャッチフレーズ

「友達に国境はな〜い!」に噛み付いた。

赤池氏は同年12月3日の自身のブログで、

このポスターを見た瞬間に

《思わずのけぞりそうになりました》

と批判を展開。理由は、

《国際社会とは国家間の国益を巡る戦いの場であり、

地球市民、世界市民のコスモポリタンでは通用しない》

からだという。

そして赤池氏は、前川氏の授業の件と同じように、

文科省の担当者にキャッチフレーズを決めた経緯の説明を要求。

担当者からは、

東宝から複数のキャッチフレーズの提案があったなかで、

最終的に文科省が選んだとの説明を受けた。

納得がいかなかったのか、赤池氏は

《国家意識なき教育行政を執行させられたら、

日本という国家はなくなってしまう》

として、担当者に《猛省を促しました》と記している。

 

2年以上前の出来事であるが、

前川氏の授業への圧力と通じる姿勢に、

ネット上では

「戦前か!」

「国際感覚が欠落している」

などの批判が出ている。

 

この記事を読んで、僕も思わずのけぞりそうになった。

いろんな考えがあっていいと思うけれど、

こういう人が海外を旅したらどういう思考をするのか、

ちょっと興味がある。

 

| 社会 |
★サロベツ原野が広がる北海道幌延町で秘境駅サイクリング&講演/8月4日〜
■2018年8月4日(土)6:00〜 ローカル鉄道を利用して秘境駅を訪ね、駅周辺を自転車で探索します。 ■8月5日(日)午後:講演会「地球を走って見えたもの」〜世界一周疑似体験スライドショー〜 ■申し込み&詳細は当ブログ7月1日の記事をご参照ください。
★大阪でトークライブ/8月18日(土)
大阪の古民家ゲストハウスで「キューバ夜話&世界一周疑似体験ツアー」をお送りします。■2018年8月18日(土) 17時半開場 18時スタート。トーク後は自由参加の懇親会も ■会場:大阪ゲストハウス緑家(緑橋駅から徒歩5分)■要予約。詳細&お申込みは→https://osakamidoriya.com/2018/07/02/1190/ もしくは当ブログの7月2日の記事をご参照ください。
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS