石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 吉報!白浜で赤ちゃんパンダ! | main | 大阪の古家の味わい >>
あるアメリカ人サイクリスト

明日の大阪トークは満員御礼となりました。

お申込みくださった皆様ありがとうございます。

考えてみると大阪でやるのは久しぶりなんだよなあ。

楽しみ楽しみ。

 

ところで今朝、在米の方からメールを頂いた。

僕の本や連載を読んでくださっているという。

本はともかく雑誌も向こうで購入できるのか、

それとも電子雑誌かなんかなのか、はてさて。

いずれにしてもありがとうございます。

 

その方からの連絡で僕は初めて知ったのだけど、

去年の7月、アメリカ人の20代のカップルが仕事を辞め、

自転車世界一周の旅に出たのだとか。

南アフリカから旅を始め、

ヨーロッパ南部を走ってトルコへ、

そしてカザフスタンに飛び、

中央アジアを走っていたところ、

タジキスタンで殺されたというのである。

先月下旬のことだという。

 

不明な点が多いが、

どうやらイスラム過激派による犯行で、

金品狙いではなく、外国人殺害が目的だった模様。

このとき、道中で出会ったとおぼしき

欧州のサイクリストたちと7人で走っていたようで、

そこへ犯人たちの車が突っ込み、さらにナイフで襲われ、

4人が死亡、3人が負傷したとのことだ。

これに詳しいです→これ

 

サイクリストがテロの標的になったということに

胸がつまるようなショックを覚えた。

もっとも自転車に乗っているからといって

安全が保障されるのなら、

一般市民を狙った無差別テロなんかは起こりえないのだけど。

 

僕が旅していた20年前と今ではどっちが旅しやすいか、

という質問はよくいただくが、

やはり当時のほうがマシだったような気がする。

少なくとも今回のような殺害目的の事件は

当時は聞いたことがなかった。

 

強盗対策なら、僕がやったように

サイクリングバッグを現地の買い物バッグで代用するなどして、

小汚い格好をすれば、もしかしたら一定の効果はあるかもしれない。

でもテロに遭うか遭わないかは、もう運だ。

できることといえば、その場所に行かないことだけど、

でも本当の意味での根本的な対策は、

互いを知って偏見をなくし、

互いを理解し合うことだろうな、

と頭の一部がお花畑の僕なんかは思う。

でも人は50万年かかってもまだできないらしい。

てか、かえって闇が深くなっている、

とは多くの人の感じているところじゃないだろうか。

あんなモンスターが大国のトップに選ばれ、

排他的な政策が次々に施行されているあたりが

肥大する闇の象徴、というふうに見えてしまう。

もっとも、人として”退行”しているな、と思う部分は

わが国でも目に見えて増えている気はするけれど。

 

異国を旅してたくさんの人と関われば、

異文化に対する偏見はおのずとなくなるものだ。

でもこれも人によるのだろうか?

 

ともあれ、今回の事件に遭われたサイクリスト4人の

ご冥福を心よりお祈りします。

偏見に満ちた視野を広げ、世界を広げる旅という手段が、

こうして葬られるのは本当に悲しいことです。

 

上に挙げたアメリカ人サイクリストのカップルが

事件前まで書いていたブログが残っています→こちら

 

| 社会 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS