石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< バナナの裏ワザ検証 | main | 平凡な話 >>
時代性

我が家から歩いて5分のところに

「ユジク阿佐ヶ谷」という映画館がある。

名画座のようなコンセプトで、

見過ごした名作をかなりの確率で

かけてくれるので助かっている。

会員になれば1000円で観られるし、

非会員でも木曜は1000円になる。

ほんといい町だよなあ(いつもの阿佐ヶ谷賛美)。

 

昨日は『君の名前で僕を呼んで』を観た。

17歳の知性あふれる少年が、

家に居候することになった大学院生の男性に惹かれ、

愛し合って別れる、というひと夏の経験を描く。

題材は同性愛だけど、

テーマはもっと普遍的。

信頼の上に生まれるひたむきな愛。

そして誰もが人生の一時期に経験する

適わない恋の、とてつもない胸の痛さ。

 

昨日は1000円の日で満席。

こういうボーイズラブは

女性に人気があるのか、

9割ぐらいが女性だった。

 

舞台は北イタリアの田舎。

時代は1980年代はじめ。

監督はなぜこの時代にしたのだろう、

と思った。

ノスタルジーを出したかったのか、

同性愛への理解がまだまだ低かった現代、

という時代をねらったのか。

 

ウィキペディアによると、

エイズが社会問題になる前を描くため、としている。

でもキャベツを千切りしながらふと思った。

あの映画全編に流れる

恋の切なさや人情の機微を表現するのに、

携帯やスマホやネットが邪魔だったからでは?

 

手軽に効率よく連絡がとれない時代だから、

すれ違いは多かったわけで、

でもその末にやっと会えたときの表情だったり、

相手の真意を探るための不器用なやりとりだったり。

 

もちろん、今でも恋には切なさがつきものだろうけど、

それを映画で最大限表そうと思ったら、

1980年代という選択は至妙だったのだ。

 

なんか柄にもないこと書いてんな。

 

| 映画 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS