石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< いつもの稲刈り | main | こんなにおもしろい試合は >>
カメラマンになった裸族隊長

以下、上品な人は読まないように。

 

ここにも何度か書いているが、

僕は大学時代にブルーラグーン探検隊

通称ブルラグ隊というのを結成し、

無人島に行っては裸族になり、

ウホウホ踊ったり、相撲をとったり、魚をついたり、

焚火を囲んで全員で自作詩の朗読会をやったり、

ウホウホと島一周探検をしたりと、

ありあまるエネルギーを消費していた。

こういうアホな行動に

ついてきてくれるバカもたくさんいて、

僕が卒業したあともブルラグは続いた。

その4代目隊長の話をしたい。

 

こんな男前がいるのかというぐらいの男前で、

たとえが悪すぎるが、

川崎麻世にちょっと似ている。

昔は東幹久に似ていると思ったが、

最近、川崎麻世を見て「おっ!」と思ってしまった。

女子だけでなく男も見とれるような男前だが、

ブルラグの4代目隊長になるぐらいだから

(勝手に任命された感じだったが)

アホである。

しかもかなり底抜けのアホで、

ひとつだけ例をあげると、

無人島で裸族になったとき、

己の陰毛に草木をたくさん差して、

生け花作品を作ったりしていた。

 

僕はその行為に感動し、

彼にポーズをとらせて何枚も写真を撮った。

それでは飽き足らず、

一眼レフカメラの望遠レンズを彼の股間に向け、

生け花作品のドアップを様々な角度から撮った。

その写真が手元にあるのだが、

なぜ現像&プリントができたのか謎だ。

当時はもちろんフィルムカメラであり、

撮った写真を見るためにはカメラ屋に現像を出すわけだが、

そのテの写真はプリントされないはずである。

草木で隠しているわけではなく、

”本体”はもろに写っているのだ。

やはりアートと解釈されたのだろうか。

 

それから約10年後、

僕が世界一周から帰国した際、

大学の仲間が集まってくれたのだが、

その中に4代目隊長もいた。

彼は大阪でカメラマンをしていると言った。

 

その彼と先日、一緒に仕事をした。

最初に別のカメラマンにお願いしていたのだが、

台風の影響で急遽日程が変わり、

誰かいないかと考えたとき、

4代目隊長のことがふと頭をよぎったのだ。

ロケ地はどちらかといえば大阪に近いし、

カメラマンとしての彼の腕はわからないが、

あの生け花作品を考えるとセンスはあるに違いない。

 

彼と会うのはかれこれ16年ぶりだった。

相変わらず男前だったが、

川崎麻世、もしくは東幹久だったのが

ちょっと太ってブラマヨ吉田っぽくなっていた。

笑いのセンスは相変わらずで、

撮影後は旅館に1泊し、

僕は彼の話に耳を傾けながら

腹を抱えてゲラゲラ笑っていたのだが、

何よりウケたのが、

彼がカメラマンに進んだきっかけの話だった。

学生時代、無人島で彼の股間に

無我夢中で望遠レンズを向けている人を見て、

「ああ、こういう仕事カッコいいな」

と思ったんだそうだ。

 

そんな彼との初仕事は、、、

僕のオールヌード撮影である(笑)。

来月、某誌に掲載予定。

初代隊長と4代目隊長の初コラボ作品、

ということで完全に悪ノリしています。

 

あ、間違えた。

初コラボはあの生け花写真だった。

 

ブルーラグーン探検隊、ありし日の雄姿。

 

| 生活 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS