石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 出発 | main | 最終日 >>
ミャンマーを走る

だいぶサボってしまいましたが、

こんにちは。

ミャンマーからです。

吉報です。

海外ツーリングがしたいけど、

どこに行ったらいいかわからない方。

怖いとこはイヤだな、

人が優しいところがいいな、

異国情緒に思いっきり浸りたいな、

タイムスリップも味わいたいな、

異国の人と楽しく触れ合いたいな、

美女(美男)が多い国がいいな、

走行後のビールがうまいところがいいな、

絶景も観たいな、

安いところがいいな、、、

という欲張りな貴方!

ミャンマーを走りましょう!!!

 

いや、ここ最高じゃないですか。

バガンという遺跡があって、

20年以上前からずっと行きたかったところで、

まぁ、正直に言うと、バガンさえ見られたらいいわ、

ぐらいの気持ちで来たんですが、

そのバガンにまだ着いていないというのに

もうミャンマーが大好きになってしまいました(笑)。

人がほんと素敵です。泣けてきます。

景色は、最初は単調だったけど、

ここ数日とんでもないです。

今日は写真ばかり撮って

なかなか進めませんでした。

天気も乾季の今は毎日快晴。

東南アジアって湿気が多いイメージだったけど、

ミャンマーは大陸的な気候でカラッとしています。

だから洗濯物もすぐ乾きます。

メシもうまいしビールもうまいっ!

(ま、メシに関しては、同じ東南アジアの

タイやベトナムと比べるとちょっと劣るかもしれませんが、

ビールは東南アジアで一番うまいかも)

 

海外ツーリングはしたいけど、

英語ができないからなあ、と二の足を踏んでいる方、

まったく心配いりません。

なぜならミャンマー人もしゃべれないから(笑)。

都市部や観光地は知りませんが

(なんとミャンマー7日目にしてまだその両方に行っていない…)

田舎はきれいさっぱり英語が通じません。

だからミャンマー語を覚えるしかないのですが、

やっぱりおもしろいんですよ、言葉って。

メチャクチャな会話のやりとりから笑顔が生まれます。

 

治安に関しては、今走っているヤンゴン→バガンの田舎は

まったく問題ないと思います。

感覚的には日本の田舎を走っているのと変わりません。

都市部のダウンタウンはちょっとわかりませんが、

ヤンゴン→バガンの黄金ルートを行くなら、

ダウンタウンに寄る必要もありません。

(空港の近くにROLY GUESTHOUSEという安くていい宿があって、

そこからバガンに向かえば、ヤンゴンの中心部に行く必要なし)

グーグルマップなどを見ると、

何もない区間が結構あるので、

ジャングルや荒野が延々と続くのかと思っていたけど、

実際走ってみると、道沿いにずっと村や町があります。

その中を通ると人々が笑顔で声をかけてきます。

僕も常に左を向き、右を向きながら、

ミンガラーバー(こんにちは)や

タター(ばいばい)などと言って手を振っています。

なぜこんなに楽しいんだろう、と思ったら、

アフリカの旅にちょっと似ているからだな、と。

 

ミャンマーは急いだほうがいいかもしれません。

ビジネスチャンスとばかり各国がミャンマーに進出しています。

すでに遅いかも、と危惧していたのですが、

まだ大丈夫でした。

田舎に行けば、100年前かよ!という世界が広がっています。

でもいつまで残っていることか。

5年後はまだ大丈夫でも、10年後はちょっと遅いかも。

 

書きたいことが山ほどありますが、

あとはサイクルスポーツの記事に載せることにします。

楽しい記事になると思うので、よかったら読んでください。

3月20日発売号から、何号か連続する予定です。

あ、でも今月と来月の雪の東北もおもしろいんだよなぁ。

ええ、自分で言います(笑)。

だって旅がおもしろかったんだもん。

 

でも考えてみると、雪の東北ツーリングから

灼熱のミャンマーとは…(笑)。

ま、ちょっと狙った部分はありますが。

 

そうそう、ツーリング情報は、たぶん、

ここにも載せると思います。

みなさんにもぜひこの国の田舎を走って味わってもらいたいから。

写真は、雑誌の取材で来ている以上、

本来はここに載せるべきじゃないのですが、

ま、1枚2枚はいいですよね? Kさん。

宣伝の意味でも(笑)。

 

田舎に行けばこのとおり。

 

村人の足として牛車が普通に活躍中

 

ピーナッツをくれたおばさん

 

顔に塗っているのはタナカ

 

Taungdwingyiという村の寺から。茫然。

 

今日は延々こういう景色の中を走りました。

よかったらクリックして大きくしてご覧くださいませ。

海じゃないですよ。

 

1、2枚載せるつもりが…。

そもそもこのブログも「生きてます」と

一言書くぐらいのつもりだったのに、

思いがあふれて書きまくってしまいました(笑)。

 

さぁ、明日はとうとうクライマックスのバガン遺跡!

楽しみだー!

 

 

| ミャンマー情報 |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS