石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< ぶさいくなモデル | main | 何やってんだ… >>
本気のフレンチフルコースごっこ

フレンチの名店「シェ・イノ」のオーナーシェフは井上旭氏である。

ということで、昨晩は「シェ・イシ」がオープン。

友人夫婦を招き、ちょっと遅めのホーム新年会を開いた。

そもそも、友人が去年の新年会に凝ったフレンチを出してきたから、

今年は我が家の番ということになったのだ。

 

まずは前菜三種盛り。

 

 

手前から、

・蒸しネギとカニのマリネ、ディルを添えて

・いぶりがっこのクリームチーズ和え

・水ダコとグレープフルーツのマリネ

 

うしろをぼかしすぎたが、この日、メインシェフのイシは

料理に集中していたため、撮影はかなりいい加減である。

こんな箸を写すつもりはなかったのだ。

 

続いて冷たい前菜2皿目。

 

 

・活〆天然ヒラマサのカルパッチョ

 

包丁をガシガシ研ぎ、食べる直前にサクを切って、

カドをピンと立たせる。シェ・イシのこだわり。

 

3皿目。温かい前菜。

 

 

・龍神椎茸の香草焼き

 

肉厚椎茸、生ハム、パルメザンチーズの精妙なアンサンブル。

 

4皿目。本日のスープ。

 

 

・長野県産ポルチーニと北海道産ジャガイモのスープ

 

シェ・イシではシメジのことを

ポルチーニと呼んでいる。

 

5皿目。本日の魚料理1品目。

 

 

・山口県産天然ハナダイのポワレ、ジェノベーゼソース。

 

春らしい新緑のイメージで。

これまた食べる直前にバジルをすりこぎで当たり、

搾りたてオリーブ油と青森県産ニンニクを混ぜてソースを作成。

食卓に華やかな香りが広がります。

 

6皿目。本日の魚料理2品目。

 

 

・青森県産天然クロソイのポワレ、トマトソース

 

東京広しといえど、

メインの魚料理を2種類出す店が

どこにあるというのか⁉

ここにある! 

そう、シェ・イシ!

 

トマトソースをつくるために

フュメ・ド・ポワソンから調理。

 

メバルのアラと香味野菜を1時間ほど煮込んで漉すと、

 

きれいなフュメ・ド・ポワソンの完成。

塩味をつけなくてもおいしい至高の一杯。

 

じつはこれ、前日に予行演習として

メバルのポワレをつくったときに出たアラでとったもの。

ついでなので、前日のメバルのポワレの写真も。

メバルは煮つけだけじゃないのだ。

 

さて、”本日”のコースに戻ろう。

魚料理2品のあとは、こちら。7皿目。

 

 

・白桃と国産レモンのソルベ

 

ま、はっきりいって、”ネタ”として

こういうことをやっているのだが、

(でも料理は本気)

このソルベがこの日一番ウケた。

シェフのイシ自身も

「このソルベを家で出して、みんなを笑わす!」

という高い野望のもとにメニューを組み立てたのである。

 

お口がさっぱりしたところで、8皿目。

メイン3品目。本日の肉料理。

 

 

・仔羊のステーキ、ブルーベリーソース

 

ソルベの次にしたかったのがこれ。

そして実際これが2番目に笑いをとれたし、

イシ的にはこれが一番うまかった。

 

奥ゆかしさゼロのイシはゲストたちに

「今日イチの料理はなんだった?」と聞いてまわったのだが、

それぞれ、クロソイのポワレ、ポルチーニのスープ、

蒸しネギとカニのマリネ、と感想が分かれた。

ふっふっふ。全部うまかったという証左である。

 

そして9皿目。

コーヒーとデザート。

 

 

・パンナコッタ、イチゴのコンフィチュールをのせて

 

生クリームを少なめにして軽い口当たりに。

とちおとめでつくったコンフィチュールの贅沢な香り。

 

ちなみにコースターは先日ミャンマーで買ってきた

手描きの漆器(といっても安い)。材質は竹。

 

本日の料理は以上です。

ありがとうございました。

 

いやあ、みんな笑ってくれたし、俺も笑った。

結局、シェフがいちばん楽しんだのだった。

ワインも4本空きました。

 

| グルメ |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「麺店ポタリング紀行」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/pottering/
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS