石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 泣ける藤浪の記事 | main | なんで台風… >>
マコガレイと岩田

僕の故郷、南紀白浜ではカレイは釣れない。

砂浜から投げ釣りをすると

釣れるのはキスかメゴチばかり。

子供時代、あれだけ釣りをして

カレイは1枚も釣れなかったのだから、

白浜周辺の海にはいないのだと思う。たぶん。

 

手に入らないレア中のレアな魚だっただけに

ものすごくうまいのだろうと勝手に思っていた。

で、大人になって食べたらそうでもなかった。

 

印象が変わったのは自転車で日本一周をしたとき。

大分で「城下ガレイ」を食べた。

名前のとおり城の下で釣れるカレイだ。

そのあたりは海底から湧き水が出ていて、

塩分濃度が低く、良質の身になるらしい。

澄みきって旨味たっぷり。

フグに似ているが、フグ以上だと思った。

 

城下ガレイは魚の種類でいえばマコガレイだ。

マコガレイは東京でもたまにスーパーに並ぶ。

一度サクを買って刺身にして食べたが、

普通のカレイとは全然違った。

城下じゃなくても、マコガレイはうまいのだ。

 

そのマコガレイが、一昨日スーパーに行ったら、

1パックだけ見切り品になっていた。

2切れ入って、なんと220円。アジかよ。

賞味期限は当日中。

多少、身の色も変わってきている。

その日はすでにオカズはあった。

でもこんな値段でマコガレイが買えるなんて!

ということで買い物かごにいれた。

で、帰ってサッと煮つけをつくって

冷蔵庫で保存し、翌日のオカズにしたのだ。

 

刺身なら味の微妙な違いもわかるが、

味の濃い煮つけである。

しかも身の色が変わってきている

おそらく3日前にさばかれたカレイだ。

しかも作って1日おいた料理。

マコガレイといえど、カレイはカレイ。

そんなに違いが出るだろうか、と思いつつ

食べてみると、

「ぜんぜんちゃうー!!!」

うめえうめえ。なんなの、マコガレイって。

これだけの悪条件をものともしない

繊細かつ力強い旨味!

 

不思議ですよねえ。

見た目、素人なら普通のカレイと

見分けがつかないぐらいなのに

味は高級魚と大衆魚の差があるんだから。

 

まとめとして昨日は、

藤浪、岩田、ついでに歳内です。

藤浪の160キロ連発に、

岩田の400日以上ぶりの勝利、

その同日に阪神を戦力外になった歳内投手の

ヤクルトでの無失点初勝利。

ドラマが詰まっていました。

 

なかでも岩田。

持病のためにインスリン注射を毎日4回打ちながら

投げている36歳の投手です。

彼を見ていると、誤解しそうになるけど、

やっぱり大変な病気なんですね。

今日も泣けてくる記事を紹介→こちら

短い記事なのでよかったら。

 

 

| グルメ |
★dancyuウェブに連載中
食の雑誌「dancyu」のウェブサイトに「世界の〇〇〜記憶に残る異国の一皿〜」というアホな記事を書いています。→https://dancyu.jp/series/ikokunohitosara/index.html
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。東京、茨城、滋賀、屋久島、種子島、土佐、北海道、熊本、三陸…
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
旅のハプニングやノウハウをつづった実用エッセイ
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS