石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 野宿へと | main | 雪国の変化 >>
野宿の夜明け
野宿してきました。
多摩川駅の近くにある公園で。

えーと、いちおう仕事です。
『野宿野郎』というミニコミ誌がありまして。
キャッチコピーは「人生をより低迷させる旅コミ誌」
野宿を愛する、という信念の元、野宿を普及させるという主旨で発行されています(たぶん)。これがまたすごくおもしろい。関係者たちは冊子を作るだけではなく、突発的野宿も定期的に行っています。
その『野宿野郎』の編集長に、ぼくの連載『リアル旅人図鑑』に出てもらうことになりました。それで先日インタビューを終えたのですが、しかしやはりその活動(?)を体験せずに記事は書けない、ということで、彼らの野宿イベント(?)に飛び入り参加したのです。

この日は「誕生日野宿」でした。誕生日を野宿しながら迎えるという企画。野宿することで暗い人生は過去のものとなり、これからは明るい人生が開けるのだとか。
今回、『野宿野郎』が3年前に創刊されて以来、初めての応募者がいたということで、編集長も興奮気味。待ち合わせ場所の多摩川駅に行ってみると、応募者、Kくんはスーツ姿にザックを背負って登場。会社から直行したそうな。28歳。

(ここからはデスマス調をやめてレポート風に)

Kくんはじつに気のきく男、というか、わかっている男、というか、鍋とカセットコンロを持ってきており、我々3人は夜の10時から公園で湯豆腐パーティを始めた。編集長は飲んだり食ったりしながらKくんの過去の暗い部分を聞きだしていく。ときどき人が通る。彼らの目からはホームレスの集会にしか見えなかったと思う。日が替わるところでカウントダウンが行われ、0時になると同時に「誕生日野宿おめでとう」と書かれたケーキが出てきて点火、Kくんが火を吹き消し、みんな拍手、Kくんの未来が開かれた、というわけである。

そして朝。
頭からかぶった寝袋の隙間からピンク色の空が見え、鳥の声が聞こえた。なんだか懐かしい気持ちに包まれた。テントを張るのが億劫なので、旅行中もよく寝袋だけで大地に寝ていたのだ。やっぱり、野宿はいいな、としみじみ思った。気のせいか体がすっきりしている。そのあと起きてきたKくんも同じことを言っていた。

野宿万歳。
「誕生日野宿」最高。
来年の自分の誕生日もぜひ野宿で迎えたい。……かどうかは微妙だが。

ちなみに、この『野宿野郎』を立ち上げ、編集から営業、はたまた誕生日野宿など、さまざまな活動をとりしきる「編集長」は、なんと、20代のかわいい女性である。彼女は高校生のとき、歩いて本州縦断もしている。もちろん野宿しながら。



| 生活 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS