石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
<< 5秒で読める超小ネタ(実話) | main | 走る、走る、俺たち >>
ガード下の汚いラーメン屋

このところ外出の機会が多く、そのたびにラーメン屋探訪をしている。
出かける前にパソコンのキーをカタカタと叩き、ネットでラーメン店のレビューをチェックする、などというチ○○スなことをやっている。

そんなふうにネットで、顔を見たこともない人たちの意見で店を決めるなんてバカバカしい、とぼくは新刊『道の先まで行ってやれ!』に書いたのだけど、まあ東京のラーメンは別扱い、ということで自分を許している。というか、本に書いたのは旅先で食べる食事のことであって、東京での食事はあてはまらないのだ。だからいいのだ。と、どうでもいい言い訳を書きつつ。

で、ネットで評価の高い店に、このところ立て続けに行っているのだが、「おおっ! これは!」と腹の底でうなりたくなるようなラーメンにはなかなか当たらない。逆に、「これのどこが?」 と首をかしげるような味ばかりだ。
行列のできる店などはまず間違いなくそのパターンで、みんな集団催眠にかかっているんじゃないかと思いたくなる。ま、前に行った中野の「青葉」のつけ麺は例外で、並ぶだけの価値は十分あると思ったが。

そんなわけで、ネットで調べるのもバカバカしくなったので昨日は何も見ずに東京駅方面に行った。で、有楽町で腹が減り、きょろきょろ探していると、あった。
こんな店。



典型的なザ・立ち食い。ザ・ガード下。ラーメンだけじゃなく、うどん、そば、カレー、とまあなんでもありな店。値段を見ると、ラーメンが390円。そのほか「すうどん」が260円。マイホームのローンできゅうきゅうしているサラリーマンのお父さんたちを支え続けてきた店だろう。

ラーメン屋はひたすらラーメンを追及してほしい、という思いから、こういう何でもありな店は避けるのだが、このときは古ぼけた店の外観を眺めながらこう考えた。
こういう店のラーメンも東京を知るうえでひとつの手がかりになるんじゃないだろうか……。

ということで、地下室のような暗い、汚い店内に入り、390円のラーメンを注文。あっという間に出てきたラーメンは澄んだしょうゆスープに黄色い縮れ細めん。ワカメに海苔に脂身だらけの豚バラチャーシュー、というじつに飾り気のない代物。何の期待もせずに食ってみると、
「…………」
能書きなどいらない。食え、という味。食ったらさっさと出ていけという味。芸術的にうまいかどうかは別にして、「おおっ! これは!」と腹の底でうなりたくなるラーメンだった。ヒリヒリと火傷しそうなクソ熱い鶏がらスープに喉越しのいいツルツルシコシコ麺。正直、これまで食べた700円や800円もするラーメンなんかよりはるかに感動的な味なのである(なんか「うまい」とは書く気にはならないのだけど)。

その夜、わがアパートで隣人の映画監督Mくんと本日のミーティング(たんなる飲み会)をした際、このラーメンの話をした。するとMくんからはこんな話を聞いた。

最近、わが町阿佐ヶ谷にこんな触れ込みのラーメン屋ができた。
「若乃花の料理を作っていたシェフがすべてを捨て、ラーメン屋に転身! ありったけの技術と情熱を注いだ究極のラーメンを食べてくれ!」
チラシにはいかにすごい素材を使ったラーメンなのかということが、今日のこのブログのようにダラダラ書かれていた。これはまずそうな店だな、と思いつつも、やはり気になる。Mくんはそこに食べにいったらしい。

その結果は。

「死ぬほどまずかったです」

能書きはいらん。さっさと食え。職人はやっぱりこうでなきゃ。



| グルメ |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS