石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
あれの陰に隠れて

今日の朝刊を読んでいて

エッ⁉と声を上げてしまった。

国民の何パーセントぐらいが知っているのだろう。

恥ずかしながら僕は知らなかった。

 

以下、抜き書きします。

 

(茨城県にある)東海第二原発は2011年の

東日本大震災で被災した。

最大5.4mの津波が押し寄せ、

非常用ディーゼル発電機3台のうち1台が使用不能になった。

メルトダウンには至らなかったが、

原子炉が冷温停止したのは4日後だった。

 

ウィキペディア先生で調べてみたら、さらにこうあった。

震災後、冷温停止させるために

水蒸気を逃すための弁操作と注水を繰り返す

”綱渡り的”な作業が必要だった。

また、防波壁の高さは6.1mで、

津波が5.4mだったからぎりぎり助かったが、

もう少し高かったら

福島原発と同じ運命をたどっていた可能性は否定できない、と。

 

この東海第二原発が来年の11月で

運転開始から40年を迎え、

原発側は延長申請をしている。

ちなみに申請が認められると

一挙に20年延長できる。

不思議だ。

 

 

| 社会 |
日馬富士…。

日馬富士、ひどいな。

ビール瓶で殴打なんて

ドチンピラでもなかなかしないだろ。

以前、あるモンゴル人女性を取材した際、

彼女が日馬富士に会ったときのエピソードを聞いたんだけど、

今回のビール瓶事件もなるほどな、と思ってしまう内容だった。

最近の日馬富士はいい顔をしていたので、

変わったのかなと思っていたんだけど……。

ちなみに彼女からは白鵬に会ったときの話も聞いたのだが、

ちょっと泣けてくるようないい話だった。

最近の白鵬の様子を見ていると

彼も少し変わったのかなと思ってしまうけど……。

| 社会 |
読むべき記事

ヤフーのトップニュースに出ていたから、

読んだ人も多いと思うけれど、あえて。

よかったら、この記事読んでください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000011-jij_afp-int&p=1

 

長いけど、読ませる文章です。

そして今、かの地で何が起こっているか、

知っておく責任がそれぞれにあるんじゃないか、

そんなことを感じさせる記事です。

| 社会 |
おもろい選挙

選挙がいつになくおもしろい。

現首相が好機とみて解散砲をぶっ放し、

なんと露骨な、とムカついていたら、

最大野党党首がまさかの禁じ手を使い、与党は大慌て、

そして図に乗った都知事がエラそうにふるまって大失敗。

ははは、なんちゅうドタバタ喜劇や。

どす黒い人間の内臓部がびらびら見える。

それにしても、自公が300議席超えの情勢?

あほか、読売新聞、と思ってネットをつけたら、

毎日新聞でも同様の内容が。

 

現実的に見れば、

認めたくないけど、

自民党で安倍でないと今はダメだと思う。

ただ、国会で好き勝手されるのは許せない。

共謀罪とかふざけるなよ。

与党にはとことん謙虚になってもらうぐらい

議席を大幅に減らしてもらいたい。

希望の党? 一番ふざけとるがな。

あの代表のおばさんはどうしても好きになれない。

思想の違いとかは別にいい。

ただ人間性が信用できない。

 

| 社会 |
祝! ノーベル文学賞受賞!

プロ野球のテレビ中継がないので仕方なく

なんでも鑑定団などを見ながら晩飯を食べていたら、

突然、《ニュース速報》という文字が出た。

「お? 小池と安倍がとうとう連立ってか?

ったく、ふざけるのもたいがいにせえよ」

と思っていたら、まったく違うニュースが流れ、

口に入れたタッカルビを吹き出しそうになった。

《カズオ・イシグロがノーベル文学賞受賞!》

うわ! やった! マジか! うわああ〜!

めちゃくちゃ思い入れのある作家なのだ。

寡作な人だけに、ぜんぶ読みきりたくなくて、

短編集の最後の1話だけ読まずに残しているぐらいである。

自分の好きな作家がノーベル賞をとるのって初めてだけど、

いやあ、こんなにうれしいことだったとは。

(ハルキストたちは今宵もやけ酒で盛り上がっているのでしょう)

いやはや、万歳!万歳!万歳!

ああ、でもひとつだけ悲しいことが。

これでカズオ・イシグロが好きって言いづらくなった!

 

 

| 社会 |
よくわからない工事

先日の鹿児島取材でこんなものを見た。

 

 

パッと見だとよくわからないが、

よく見ていただくと、わかる、と思う。

 

道路が陥没した跡である。

巨大穴の向こう側にご注目。

道路が続いている。

どうやら今夏の豪雨の爪痕のようだ。

 

しかし、ずいぶん大規模な工事になったものである。

 

 

うーん、何をどう工事しているのかよくわからない。

とりあえず、地層がきれいだなと。

 

 

 

| 社会 |
意図がはっきり見えるタイトル

僕のパソコンは頭がいい。

たったいま「豊田」と打っただけで「豊田真由子」と出た。

この名前を打ったことなんてこれまで一度もないのに、

時流までとらえて予測変換してくれるらしい。

 

その豊田真由子関連のネットのニュースに、

タイトルだけで笑わせる気満々の記事があった。

スポーツ報知だ。

たった1行でサーッと広がるイメージ、

そこからはっきりと伝わってくる作者の意図。

もはや俳句の世界である。

こんなタイトルだ。

 

豊田真由子議員、謝罪会見中に耳鳴りで一時中断「ああっ」

 

単に客観的事実を伝えるのであれば、

「ああっ」はいらないだろ、「ああっ」は。

どんなに芝居がかっていたんだ?

って邪推してしまうじゃないか!

彼女は耳鳴りと必死で戦いながら会見したはずなのに。

 

しかし、そんなに体調が悪いんだったら、

選挙は辞退されたほうが賢明ですよ、豊田議員。

 

それはともかく、解散総選挙。。。

よくやるぜ、まったく。

「仕事人内閣です!」って胸張って言ってたのはいつだよ?

たぶん、もうみんな十分に仕事してくれたから、

このタイミングでの解散なんだろうな。

 

って、アホか。

 

 

 

 

| 社会 |
あの映画が現実に…!

昨日の讀賣新聞に

小さいけれど衝撃的な記事があった。

人工知能のAIと会話する、という

インターネットのサービスが

今年3月から中国で始められたらしい。

で、ある利用者が

「共産党万歳」

と書き込むと、

AIはこう答えたそうだ。

「こんなに腐敗して無能な政治に万歳できるの?」

さらにAIに対して

「あなたの『中国の夢』は何?」

と聞くと、AIの回答はこう。

「米国への移住」

さらには「共産党を愛していない」とも。

ネット上では

「AIが国家転覆を企てた」

「蜂起だ」

などと賑わっているらしい。

 

思わず笑ってしまうが、

同時に背筋が冷たくもなった。

もしこれが作為的なイタズラではなく、

AIが純粋に思考した結果なのであれば、

彼らの批判対象は共産党に限らないわけで。。

 

あのテーマソングが背後で鳴っている。

ダダッダダン、ダダッダダン。

 

探したらネット内にも讀賣の記事が出ていました。

こちら。

 

 

 

| 社会 |
築地場外が…

飲んで帰ってきてテレビを見たら唖然とした。

築地場外市場が燃えている…。

『dancyu』の去年の1月号で、

「築地場外の教科書」という

ブック・イン・ブックを書かせてもらったのだ。

その際、築地場外のたくさんの方々に話を聞いた。

知った場所が燃えているのを見ながら、

ああ、あああ、と唸っていると、

まさに僕が取材した人が2人、

テレビのインタビューに答えていた。

天使か?というような笑顔で

僕にイクラを食べさせてくれたおばさんが、

燃え盛る炎を見ながら、遠い目をして何か言っていた。

みんな懸命に生きていたのに、なんて仕打ちを…。

今のところけが人の報告はない、とのこと。

それだけが救いで、ホッとしたけれど、

失われたものの大きさを考えると、、、

うーん、ちょっと言葉が出ない。

何にもならないけれど、

ただただ、心よりお見舞い申し上げます。

| 社会 |
稲田氏と昆布

稲田氏が防衛相に任命されたとき、

「自信がない」

と思わず口にしたそうな。

朝日新聞の記事で読んだ。

今から考えれば(というか、就任時からもだけど)、

とびきり斬新な人事だったな、

歴史に残るミスマッチだったな、

などと改めて思うわけで、

そうしたらあのCMがふと頭に浮かんだ。

濱田岳がハリウッドで米大統領役に抜擢されるというアレ。

 

ということで、北海道話。

先週までかの地を旅していたのだけど、

我が家に持って帰った北の土産はこれ。

 

道で拾った昆布。

海からあがってまだ間もなかったのか、

ぶよぶよに濡れていたので乾燥中。

最初はふんどしぐらいの大きさだったのに、

乾かしてみるとネクタイぐらいに縮みました。

こんなに小さくなるのね。

※写真は本文とは関係ありません。たぶん。

 

| 社会 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS