石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
最古の温泉宿と最高の蕎麦

『千と千尋の神隠し』のモデルになった温泉宿が

群馬県にあるというので行ってみた。

四万温泉の「積善館」がそれ。

 

たしかにそれっぽい!

この本館はなんと元禄4年に建てられたもので、

日本最古の木造湯宿建築なんだとか。

ま、改修はしまくっていると思うけど。

 

昭和5年につくられた元禄の湯。

(撮影禁止なので、サイトから拝借)

 

部屋の調度や朝夕の料理もお見事。

日本の美と味を堪能させてもらった。

 

ちなみに『こち亀』にも登場している。

掲載ページが館内に飾られていた。

やっぱりすごい描写力だな。

 

ところでこの宿に行く前に

ここにも寄っていった。

暮坂峠にある「蕎麦処くれさか」。

自転車と旅のノウハウをエッセイ風味で書いた拙著

『大事なことは自転車が教えてくれた』の中の

「うまい店の見つけ方」の話に出てくる蕎麦屋さんだ。

なんだかんだ毎年来ている気がするが、

この季節に来て新そばを頂いたのは初めて。

いやはや参った。

鼻に抜ける香りがいつも以上に素晴らしくて、

なんでこんなにうまいの?って感じ。

ピースサインしている大将も唯一無二のキャラで、

おもしろすぎる。天才かもしれない。

毎回笑いすぎて腹が痛くなる。

 

聞けば、東京から通う客は普通で、

奈良から年4回来る客や、

広島から毎年来る客もいるそうな。

近くに行くことがあったら寄ってみてください。

十割蕎麦は早い時間になくなるので、

予約していったほうがいいですよ。

 

| グルメ |
マジうまいビリヤニ

去年、忘年会をやったのがつい先月ぐらいの気がするけれど、

はや今年も忘年会シーズンがやってきてしまった。

昨日はエジプトで会った仲間たちと。

17年前に会って以来、毎年なんだかんだ集まっている。

みんなもういいオッサンオバハンだが、

昔のメンバーで集まると、あのころに戻るんだよなあ。

 

会場はメンバーの一人がやっている浜町のインド料理店、

「アンキットの気持ち」

※店名です。

 

去年オープンしたばかりなので、

お世話になるのは今年で2回目なんだけど、

友達のよしみ抜きで、うまいです。

てか、さらに腕を上げた?

とくにこのビリヤニは最高!

食べかけを撮ったので、量も少ないし、ちょっと汚いけど。。

ビリヤニとは大雑把にいえばインド風カレーピラフ。

(ま、ぜんぜん違うんだけど)

これにヨーグルトソースの「ライタ」をかけて食べるとほんと最高!

海外でもさんざん食べたけど、この店のビリヤニが一番!と思えた。

細長いバスマティライスの香りがいいんだよねぇ。

腹いっぱいだったのに、スプーンが止まらなかった。

騙されたと思って、ぜひ食べてみてください。

チキンビリヤニが1000円。

高いと感じる人がいるかもしれませんが、

カレーピラフとは全然違うので!

ランチ700円からと基本とても良心的な店です。

 

これも恒例、人形劇師ちー兄のコンサート。「時代」を熱唱中。

いい男です。

 

ちー兄、幹事もご苦労さま!

 

| グルメ |
最強のスパゲティ in 渋谷

気になっていた「渋谷らくご」に行った。

落語のおもしろさを知ってもらおうと、

専門家による気軽な解説が噺の前後で行われる。

すごく丁寧に運営しているなあ、という印象。

高座もいい雰囲気。

みなさんもぜひ。

前売り1000円〜と超お手頃です。

 

さて、今日はここからが本題。

この落語のあと、「ヤミーパスタ」という店に行った。

1ヵ月ほど前に渋谷を歩いていてたまたま目にした店だ。

『手作りパスタ480円〜』

という冗談みたいな値段に驚き、足を止めた。

詳細を見ると、

 

.宗璽垢呂垢戮禿垢1人前ずつ手作り。

注文をいただいてからゆで、アルデンテにこだわる。

 

とある。この値段で? ほんまかよ?

△鷲當未世韻鼻↓,呂垢瓦い勝

 

で、冷やかし気分で入店し、食べてみたら、

この値段とはとても思えないくらいうまかった。

サ〇ゼリヤ等のチェーン店のパスタとは一線を画す、

ちゃんとした味だった。

 

その後、再び渋谷に行く用事があり、

この店の場所を確認しておこうとネットで調べたら、

ほかにも3店ぐらい同じような店があった。

渋谷ではどうやら低価格パスタ戦争が

繰り広げられているようである。

で、某口コミサイトで調べてみたら、

僕がうまいと思った「ヤミーパスタ」の平均点は

5点満点中、3.06とかなり低め。え? マジで?

(しかも「掲載保留」となっている。

つぶれているみたいに見えるけど、やってます)

対して「ポ〇パスタ」という店は3.51とかなり高め。

しかも口コミ数が89件と多くの人から支持されている。

(対して「ヤミーパスタ」は4件…)

 

というわけで、この「〇タパスタ」に行ってみたのだが、

食べた瞬間、ガクッと首を垂れた。

店が盛んにアピールしている「生麺」は

まるでラーメンみたいだし、

ソースはファストフード店特有のジャンキーな味だ。

実際、ソースは真空パックの袋から出しているのを見た。

でもま、考えてみると、480円だから本来はこんなもんである。

「ヤミーパスタ」がおかしいのだ。

 

というわけで、昨日はもう一度

「ヤミーパスタ」に行き、こんなのを食べた。

 

どーん。渡り蟹のトマトクリーム!

カニが1匹のって、いくらだと思います?

チッチッチ…。

 

答えは、なんと680円!

 

さらにどーん。

12月のお勧めメニューの

プレミアムベーコンのアマトリチャーナ。

こちらも680円。

 

やっぱり「ヤミーパスタ」のほうが断然うまい!

こっちが10なら「ポ〇パスタ」は3か4ぐらいだ。

好みは十人十色とはいえ、食べ比べたら、

全員がヤミーパスタに軍配を上げるんじゃないか?

なのに、口コミでは反対の評価となり、

しかもあれだけ差が開いているのだ。

(みんな他人の意見に右へならえして

口コミ投稿しているんじゃないの?)

そしてその差が如実に客数にも反映されているのである。

(僕が見たときがたまたまだったのかもしれないけれど)

ほんと何かが間違っている。理不尽だ。憤りすら覚える。

 

あの値段であのクオリティ、

ヤミーパスタは相当がんばっていると思う。

だから純粋に応援したくなって、これを書いているのだ。

 

というわけで渋谷に行かれたら、

騙されたと思ってぜひ一度食べてみてください。

ほんと拍手したくなるような最強のコスパです。

牛丼やハンバーガーと同じ値段帯で、

”ちゃんとした食事”ができますよ。

 

デザートのパンプキンプリンもうまかった。

これで200円。小さいけど。

 

お気づきかと思いますが、

本来、僕のような汚いオッサンが行くべき店ではありません。

店内はこんな感じ。

 

うーん、オッサン入店禁止だろ、これは。

 

でも味はオッサンにも十分満足。

(「〇タパスタ」のほうはいかにも若者向けの味だけど)

実際、年配の客もいるので、気にせず入りましょう。

 

この安さ!

(拡大して御覧あれ)

ほんとあの味でこの値段はありえんわー。

 

お店のフェイスブックはこちら

場所は文化村(東急本店)のはす向かい。

 

がんばれヤミーパスタ!

みなさんも応援してあげて!

でも客が増えすぎて味が落ちるのは勘弁だけど。

 

 

| グルメ |
四万十での奇縁

高知から帰ってきました。

高知市に住む御仁と黒潮町に住む一家を

インタビューしてきたのですが、

その夜は最寄りの町、中村に泊まり、

「元屋」という居酒屋で飲みました。

 

7年前に取材で同町を訪ねた際、

店の外観から「ここがうまそうやな」と勘が働き、

たまたま入った店です。

そうしたら本当にどの料理もうまかったので、

「俺のアンテナはたいしたもんだ」

とひとり悦に入ったのでした。

 

その3年後、同町から講演に呼ばれ、

夜は地元の方との懇親会が開かれました。

「町で一番うまい居酒屋を予約しています」

とのことで、わくわくしながら行ってみると、

やっぱりこの「元屋」さんでした。

 

なので、3回目の今回も元屋さんで飲んだわけですが、

いやあ、やっぱり最高。

とくに清水サバの刺身はすごいです。

甘くてモチモチして、まるでグミ。

なんて刺身の比喩としては最悪だけど。

あと四万十川でとれた川エビのから揚げ。

編集者もカメラマンも大絶賛でした。

 

中央右端が清水サバ。

これじゃ当然足りず、清水サバだけ追加しました。

 

ところで、調べてみると、

前回、講演で中村を訪れ、元屋さんで飲んだのは

なんと4年前のちょうどこの日でした。

妙な縁がありますなぁ。

 

ところで、高知の不思議その1

翌朝、喫茶店で食べたモーニングがこれ。

なぜかトーストのモーニングにみそ汁がついてくる。

僕の知る限り、この文化は高知だけ。

トースト&みそ汁が当たり前って地域が

ほかにもあったら教えてください。

yusukeishida@hotmail.com

 

 

 

| グルメ |
My世界一のスイーツに似たコンビニ商品

最近気に入っているスイーツがこれ。

 

 

普段、コンビニスイーツは食べないのだが、

先日北海道を旅した際、

ファミリーマートでたまたま見かけ、

買って食べてみたらめっちゃうまかった。

名前のとおり、タピオカとココナッツミルクです。

 

タピオカどっさり!

この粒つぶがちょっと軟らかいのが残念だけど、十分及第点。

世界一周旅行の中から独断で決めたマイベストを並べた拙著

『いちばん危険なトイレといちばんの星空』

の中で「世界一うまいスイーツ」として挙げた

ベトナムの「チェー」のような味です。

北海道はファミリーマートにあったけれど、

東京では今のところローソンでたまに見かけます。

よかったらお試しあれ。1個150円くらい。

 

このエミアルという会社、

長野の安曇野にあって、

おそらく小規模な会社だと思うんだけど、

けっこうがんばっているんだよなあ。

このコーヒーゼリーもうまいです。

 

 

 

| グルメ |
梅干しのスパゲティ

和歌山観光大使、今夏ラストのお仕事です。

 

南紀白浜なんかだと、

紀州名産の梅干しを使った料理が各店にありそうなのに、

これがあんまり、というか、ほとんどないんだよなあ。

メニュー開発とかプロモーションとかもっとやりゃあいいのに…。

そんな中、白良浜の浜通りのファミリーマートの向かいにある

甲羅館」では梅パスタを出していて、これがかなりうまいです。

紀州の梅干し、しそ、ベーコン、オリーブオイル、

これらの材料を使って、秘密の調理法でつくるスパゲティ。

サラダ付き800円。ただし要予約(0739-42-2784)

 

甲羅館は土産物屋の中に喫茶店が併設された、

パッと見は田舎によくある素朴な店なのだけど、

シェフは名古屋のイタリアンで修行した人なので、

味は抜群です。

あと、オムライスもいろいろ工夫を凝らしていて、

めちゃウマです。

 

昔からこのブログを読んでくださっている方には

バレバレですが、

この甲羅館のシェフというのが僕の友達なので、

ま、こうして宣伝している部分もあるんですが、

でも実際、うまいんだよなあ。

昔、東京の友達が白浜に行った際、

ここの梅パスタを教えたら、

「田舎の店とは思えない!ほんとうまい!」

と上から目線な感想を興奮気味にくれました。

 

もうひとつ。

梅ソフト。先っちょがないけど。

「俺は普通のバニラのほうが好きやけど」

と甲羅館のシェフは身も蓋もないことを言っていたけど、

これはこれでサッパリしていてイケますよ。

 

| グルメ |
梅干し屋のカキ氷

和歌山は日本一の梅の産地で、

その国内シェアは6割と、

阪神タイガースの勝率並だ。

ああ、書いていてイラつくぜ。

なんだ昨日の試合は。

 

ともあれ、よく聞く南高梅という高級梅は

和歌山で生まれたものだし、

天日に干された梅が並ぶ光景は

紀州の夏の風物詩だ。

 

だからといって、紀州産で南高梅であれば

どの梅干しでもうまいかというと違う。

全国展開している中田食品のような大企業とは別に、

小さな梅干しメーカーがたくさんあり、

味がそれぞれ異なるのだ。

 

で、いろいろ試した結果、

僕が一番うまいと思ったのは「福梅」という店の梅干し。

アドベンチャーワールドに向かう道沿いにある。

(最初のゲートのそば)

他よりちょっと高いのだが、

贈った相手の反応もこの梅干しが一番いいし、

梅干し業界に勤める友人も

「福梅はちゃんとしている。あそこのはうまい」

と太鼓判をおした。

(※ホームページを見たら、

東京の自由が丘にも支店があるみたいです)

 

で、この福梅がちょっと前から

夏場だけカキ氷を始めたのだが、

今夏立ち寄ってみたら、

店内はカキ氷を食べる客であふれ、

ここは何屋さんや? と目が点になったのだ。

こらウマいに違いない、と後日食べにいった。

 

メニューを見ると、イチゴ、ミカン、メロン、桃、梅、

といろいろあって、すべてフルーツから手作り。

当然、無添加・無着色。

練乳も手作りで、なんと無料でかけてくれるとか。

 

ならば、とイチゴミルクを注文。

 

めっちゃデカいがな!

(下に写っているスプーンをご覧あれ)

これで税込み500円!

 

食べたらまたびっくり仰天。強烈ウメー。

古座川の天然水で作られた氷は柔らかくて、

頭がまったく痛くならないし、

手作り蜜はジャムのように香り豊かで味濃厚。

くわえて蜜は小さな容器に入って添えられているので、

自分でかけながら食べることができる。

そのおかげで味が薄まらず、常に豊潤な香り。

最近のカキ氷はこの”蜜別添”が普通なんですかね?

いずれにしても、ほんとめちゃウマなので、

夏の白浜に行かれたら是非ぜひ。

いま見たら、「白安」という別の店が

福梅の喫茶室を借りて出しているみたいですね。

7月15日〜9月30日までやっているようです。

 

和歌山私設観光大使でした。

 

| グルメ |
いくらでも食べられるケーキ

ケーキと紅茶の店「カフェマイユ」で写真展をやっています。

和歌山県田辺市のお店です。

写真展のタイトルは「レトロな旅、キューバ」。

去年旅したキューバの写真を展示しています。

 

帰省した際、観にいってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じ。

 

上に載せたのは一部なので、

近くにお立ち寄りの際、よかったら。

9月1日(金)までやっています。

 

相変わらずケーキも紅茶もほんと美味しかった。

で、嬉しいことに、パティシエのMくんが

作業を見せてくれました。

 

 

 

チョコはスイス産を使用。

チョコといえば日本ではベルギー産が有名だけど、

世界一周中に食べたときの記憶でいえば、

スイスのチョコのほうがはるかにうまかった印象。

そのことを言うと、

Mくんもやはり同じ思いからスイス産を使っているそうで、

実際、ベルギー産よりスイス産のチョコのほうが高いんだとか。

値段を聞いたら、「ええっ⁉」と驚いてしまうぐらいの差が。

(たしか2倍近い差があったような…)

それぐらい味にこだわって、高級食材を使っているのに、

この店のケーキは安いんだよなあ。

東京のスイーツの値段を考えると、

コスパの高さに感動してしまいます。

 

あと、スタッフの女性たちが誰も太っていないのにも驚きました。

これもまた、いい素材のおかげなんだとか。

そういえば、ケーキって僕はもうあまり触手が動かないんだけど、

この店のケーキだけはいくらでもおいしく食べられるんだよなあ。

作業を見学したあと、

カットされたあとのケーキの端っこをパクパクいただく、

という幸運にも恵まれたんだけど、

あんなふうに廃棄される予定のものを食べるのが

一番おいしい食べ方かも

と思ってしまうぐらいウマかった(笑)。

より幸福感が増すからかな?

 

 

| グルメ |
ボイジャービールという名のビール

高校時代の同級生Mくんが

地元でクラフトビールの醸造を始めた。

(ちょうど1年前に)

その名もボイジャービール

見てよ、このカッチョいいデザインを。

醸造家のMくんはずっと某有名ビールを作っていて、

それは専門家からも絶賛されていたのだけど、

今回晴れて独立し、自分の理想とするビールを作り始めたのだ。

僕はもともと彼が作ったビールの味が好きだったのだけど、

このボイジャービールはさらにその上をいく美味しさ。

これはほんと友達のよしみ抜きで。

見かけたらぜひご賞味あれ。

とくにコッパー(写真上の赤いラベル)は僕好みで、

口に含んだ瞬間、モルトのうまみがブワッとあふれ、

洗練されたキレもあって、後味爽やか。まことに絶妙。

 

で、今回帰省した際、醸造所を訪ねてみた。

外観からしてえらくオシャレ。

アイルランドっぽいな。

カナダ製のタンクが並んでいます。

 

醸造所はブルーパブになっていて、その場でビールが飲めます。

ちなみにブルーパブというのは、

醸造所(ブルワリー)とパブを組み合わせた造語。

クラフトビール発祥の地、アメリカでは一般的なスタイルで、

醸造家とビール談議に興じながら、

出来たてビールを飲むというのが楽しいのです。

いろいろ聞いてみるといいですよ。

Mくんは親切丁寧にに答えてくれます。

 

一階はカウンター席。

二階は醸造所を見下ろしながら飲めるスペース。

フードの持ち込みOKなので、気軽にお使いあれ。

 

左は和歌山名産のミカンを100%使った

完全無添加&無調整の「俺ん家ジュース」。

右は「俺ん家ジュース」とボイジャービールのハーフ&ハーフ。

いい素材同士が奏でる目の覚めるようなうまさ。

 

今回現場を訪れ、Mくんの話を聞いていて思ったことは、

やっぱり彼は変態やなと(笑)。

「いいものを作る」ことへのMくんの熱量は図抜けたものがあって、

タンクの洗浄ひとつとっても気の遠くなるような工程を踏んでいます。

真にうまいものって、職人の情熱、経験、手間等が何層も積み上がって

できあがった結晶なんだな、とあらためて感心。

また、職人の目がすべて届く範囲で丁寧に醸そうと思ったら、

大きい工場では無理なわけで、

だからクラフトビールというのがあるんだなと。

 

値段は高めだけど(1本400円ちょい)、

職人が丹精込めてつくった旨さたっぷりのビールをぜひ。

オンラインショップもあります→こちら

クラフトビールってそもそもちょっと高いけど、

市販の生ビールならジョッキ4杯は飲まないと満足できないところ、

クラフトビールなら2〜3杯で満足できるから、

トータルの支出はそう変わらない気がします。

 

ボイジャービールはこれから

IPAや黒ビールも出していくそうなので、

ますます楽しみ!

 

ところで、僕が世界一周に使った自転車も

「ボイジャー号」です(笑)。偶然だけど。

 

配送車までこだわりまくり。

ナンバープレートの「905」は、

地球から最も遠い距離に達した宇宙探査機である

ボイジャー1号の打ち上げ日だそうな(笑)。

 

 

 

 

| グルメ |
中華とカンボジアの胡椒

食の雑誌『dancyu』最新号に

記事を書いています。

 

今月の特集は大衆中華。

 

その中のコッテコテの料理を2ページ。

右の料理なんてカツカレー+炒飯ですよ。

ある相撲部屋の親方はこればかり食べるとか。

 

で、ぜひ読んでほしいのがこちら。

 

小特集が黒胡椒なんですが、

その中で倉田氏の記事を書かせてもらっています。

カンボジアの胡椒を復活させた日本人男性です。

やったこともすごいけど、人としておもしろくて、

インタビューが妙に盛り上がりました。

ぜひぜひご一読くださいませ。

 

それと、僕の書いた記事じゃないですが、

陳健一さんの聞き書きがめっちゃおもろいです。

お父上、陳建民氏のことを語っているのですが、

いやぁ、むちゃくちゃな人です(笑)。

 

| グルメ |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS