石田ゆうすけのエッセイ蔵

旅作家&エッセイスト、石田ゆうすけのブログです。


※親サイトの『7年半ぶっ通しチャリ世界一周』はパソコンを新しくしたためにストップしたままです。
近況報告や各種案内は、もうしばらく、当ブログにて行います。
北へ

今から北海道に行ってきます。

8月4〜5日のイベントの前に札幌に入って、

増毛からイベント会場の幌延まで、

自転車で向かおうという魂胆です。

チャリイベント&講演、

みなさんお待ちしていますよー。

(詳細&お申込みはこちら→こちら

 

| 生活 |
台風の夕焼け

台風が迫りくる中、

オッサン4人でキャンプしてきました。

台風が来る直前は、

気圧がおかしなことになるせいか、

空が異様な色になる、

というのを台風銀座の南紀白浜で

生まれ育った僕は

経験的に知っていましたが、

ほかのオッサン3人は「ウソこけ」と

信じません。

ていうか、信じるも何も

誰もが認識している現象だと

思っていたんですが、

どうなんですかね?

そんな認識、みなさんは持ってます?

 

ともあれ、オッサン3人が知らないことに僕は驚き、

「じゃあ今日見せてやる」と言ったら、

案の定、こんな情景が。

 

 

 

色は普通の夕焼けっぽい赤ですが、

7月にしては非常に鮮やかに焼け、

スペクタクルなシーンに立ち会えました。

あ、ちなみにここは山中湖です。富士五湖の。

台風だからあきらめていたけど、富士山も見えました。

 

で、翌日は海をパトロール。

大磯ロングビーチです。

風はとんでもなかったけど、

波はまだ静かなものでした。

白浜と比べたらこっちの海はこんなもんかな、

などとちょっと思ってしまったのですが、

この数時間後、この近くで車が複数台、

高潮で流され、一人が行方不明になったとか。

やはり自然をなめてはいけません。

 

| 生活 |
台風ちょうまてよ(一部南紀弁)

東京に久しぶりに台風が来ています。

ということで、

今から野郎ばかりで

キャンプに行ってきます。

で、明日の夜遅く帰り、

翌朝から北海道に飛んで

ちゃりんこツーリング、

というアホ週間です。

 

先般より案内しているとおり、

日本一気持ちのいい道、

と僕が無責任に吹聴しているサロベツ原野で

秘境駅&サイクリングのイベント

ならびに講演をやります。

(詳細&お申込みはこちら→こちら

それが8月4日からなんだけど、

せっかくいいところに行くんだから、

ってことで前入りし、

北海道ツーリングを楽しもうって魂胆。

でも飛行機飛ぶのかな…。

それも心配だけど、

西日本にこれ以上被害が出ませんように。

ほんとお願いします。

 

| 生活 |
愉快なこと

町を歩いていて、

あまりの暑さにふらふらしてきたので、

マクドナルドに逃げ、冷コーを飲んでいたら、

隣から大学生とおぼしき若い男女の

こんな会話が聞こえてきた。

 

女「人生飽きてきちゃった」

男「………」

女「なんかおもしろいことないかなあ」

男「………」

 

ひとつめのセリフは

そういうことを言いたくて

言っているように思えたが、

ふたつめのセリフは実感がこもっていた。

こういう思考に触れたのはなんか久しぶりかも。

だからか、えらく新鮮に聞こえた。

 

もったいないよなあと思う。

おもしろいことや愉快なことは

それこそ星の数ほどそこらじゅうに転がっていて、

自分から探しにいけば、

いくらでも見つかると思うんだけど。

 

ロサリオが最近ちょっと打ち出したとか、

北條がやっと覚醒したっぽいとか。

(って書いたら、今日はロサリオ3タコ…)

| 生活 |
アフリカの夜

またまた更新サボってすみません。

ここ数日来必ず挨拶で出される言葉は月並みすぎて、

芸術家たる私は口が裂けても言えないのですが、

しかし暑いですねぇ。って言ってるがな。

 

昨日、夜の東京を歩いていると、

アフリカの内陸部を思い出しました。

たぶん、あの地と変わらないんじゃないかと。

誇張じゃなくてほんとに。

 

アフリカで忘れられない夜があって、

地元の労働者たちが利用する相部屋の安宿に泊まって、

奴隷船か野戦病院か、という雰囲気で、

もちろん冷房なんかなくて、

寝ているとマジでそのまま死ぬ、というぐらいの暑さで、

耐えきれずに外に出ると、

アフリカ人たちもみんな外で寝ていたという。。

 

すべて温暖化に結び付けるのは安直すぎると思うけど、

あの水害からこの日照り&水不足。なんだよこれは。

科学的な確証を待つ前に、やれることをやらなきゃ、

という待ったなしの状態でしょ。

トランプ、頼む。早く消えてくれ。

 

右にも書いていますが、

北海道と大阪で講演&イベントしますよー。

お待ちしております。

| 生活 |
家庭菜園?

すみません。

また更新サボってしまいました。

相変わらず仕事に追われていて。

それでも昨日はお別れ会(という口実の飲み会)。

友人Gが転勤することになり、

長年住んだ阿佐ヶ谷を出るというので。

彼の行きつけの店をハシゴしたのですが、

どの店もなんか異常にうまかったなぁ。

僕はどちらも初めてだったんだけど。

阿佐ヶ谷は世界一の町、

とあちこちで吹聴していますが、

やっぱ間違いないな、と再確認。

しかしうまいものを食べると

なんでこうも体が絶好調になるんでしょうか。

昨晩は遅くまでけっこうたくさん食べたのに、

今朝は目覚めた瞬間から腹が減って減って

食欲がえらいことになっています。

 

ところでGは集合住宅の庭という公共スペースを

勝手に菜園にしていて、

青じそ、春菊、オクラ、イチゴなどを栽培しています。

その菜園も放擲されるということで、

飲んだあと狩りにいきました。

Gの家には何度も行っているけど、

考えてみれば菜園を見るのは初めて。

目に入った瞬間、バカ笑いしてしまいました。

青じそも春菊もジャングルですわ。

青じそは2ヵ月前に2株植えただけ、というのだから、

繁殖力が半端ないですね。

その青じそと春菊は今朝サラダにして食べたけど、

めちゃうまでした。阿佐ヶ谷は土もいいみたい。

 

 

| 生活 |
隠岐から

しばらくサボってすみません!

なんかもう時間があったら寝たい、

という状態になっていまして…。

いまは隠岐の島にいます。

取材しながら他の原稿を書かなければならず、

隠岐にいるのに青森の原稿を書いていたら、

なんかわけがわからなくなりました。

実は数日前から家を出ておりまして、

水害の被害がこんなひどい状況に

なっているということをさっき知りました。

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

くー、何かしたいけど今は動けない。情けない。

せめて義捐金だな。

| 生活 |
家で火鍋しながら応援会

青森からです。

こっちも暑いです。

日本VSポーランドの試合、

もやもやするけど、僕は支持します。

なんせもう1試合見られるだけで十分。

W杯が始まる前は

決勝トーナメントなんて夢のまた夢、

間違いなく3戦全敗だと思っていたので、

冷静に考えたらこれ以上ない結果ですよ。

決勝進出はアジア勢で唯一、

かつポッド4のチームの中で唯一。

ものすごい快挙です。

ただまあ火鍋パーティーをやって

みんなで熱くなってから応援していたので、

肩透かし感もすごかったですが。

 

ところで家で火鍋なんかできるの?

と思われた方、できるのです。

 

 

友人宅で火鍋パーティーやって以来、僕もハマりました。

OKストアに打っています。

ネットでも売っているけど、

Amazonだと2袋入り1480円だって。

量販店よりネットのほうが安い

と思われがちですが、ものによりますね。

OKストアで買ったら一袋たしか360円ぐらいですよ。

Amazonの上記の値段は送料込みだけど、

それでもちょっとねえ。

 

| 生活 |
自分用に残したい1枚

僕は基本的に判官びいきだから、

弱いチームを応援する。

だから昨日の韓国−ドイツ戦は最高だった。

GKのノイアーが前線に飛び出して

奪われた2点目などは

夜中にゲラゲラ笑ってしまった。

そのあと仕事をしたのだが、

思い出し笑いが何度も押し寄せ、

結局関連ニュースを読み漁るので、

無駄な夜更かしになってしまった。

 

ところで昨日はこの画像にも笑った。

選手以外で最も目立っている人といえば、

今回のW杯もあのお方で間違いないだろう。

そうマラドーナ大先生。

一昨日の試合でアルゼンチンは

奇跡的に決勝進出を決めたが、

その際撮られた大先生の写真が

映画『タイタニック』の名シーンにそっくり、

ということで、一部で盛り上がっているという。

あまりにおかしかったので、

まだ見ていない人のために下に貼っておきます。

ていうか、ほんとは自分用に残したかっただけなんだけど(笑)。

(クリックすれば大きくなりますよ)

 

 

ちなみにこのニュースはこちら→こちら

 

さ、今日はとうとう運命の一戦!

火鍋パーティーをしながら熱く応援します!

明日は取材で朝6時出発だけど(笑)。

 

 

 

| 生活 |
紀州のウユニ塩湖

そうそう、忘れてました。

今月10日に発売された

アウトドア雑誌『BE-PAL』の7月号に

記事を書いています。

 

「野遊びとクラフトビール」という企画に4ページ。

 

山登り×クラフトビール。

 

熊野古道サイクリング×クラフトビール。

 

よかったらご一読ください。

最近は毎号付録が入っているせいで、

立ち読みできないのが残念ですが…。

でもま、『BE-PAL』は図書館にも結構置いていますよ。

(買ってください、と誘導しないところが良心)

 

ところで3枚目の右上の写真、なかなかすごいでしょ。

ここは紀州のウユニ塩湖とも呼ばれる天神崎。

 

サッカー場18面分の平らな岩礁が

海岸に広がっていて、干潮時はこう。

ここに潮が満ちてきて、

海水が薄く張ると、、、

ウユニ塩湖のできあがり〜。

 

和歌山の新名所、紀州のドンファン宅からも

そこそこ近いですよ。

 

 

| 生活 |
『地図を破って行ってやれ!』文庫改訂版出ました。
2016年8月発売。幻冬舎刊。650円(+税)。アホな日本紀行です。単行本をすべて書き直しました。感想いただけると嬉しいです→ yusukejitensha@yahoo.co.jp
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング!
大事なことは自転車が教えてくれた: 旅、冒険、出会い、そしてハプニング! (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
最新刊は「自転車と冒険の楽しみ方」をテーマに、旅のハプニングやノウハウをおもしろマジメなタッチでつづった実用エッセイ集です。2014年2月28日発売。



RECOMMEND
地図を破って行ってやれ!  自転車で、食って笑って、涙する旅
地図を破って行ってやれ! 自転車で、食って笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
日本紀行第2弾。かつて恋した相手を探しにいったり、人生をしみじみと考えたり。もちろん、笑いやグルメも盛りだくさん!
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫)
道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行。文庫改訂版
RECOMMEND
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
7年走って見つけた世界一の宝とは?
RECOMMEND
RECOMMEND
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)
洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
食べ物ストーリーでつづる世界一周紀行
RECOMMEND
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ
台湾自転車気儘旅 世界一屋台メシのうまい国へ (JUGEMレビュー »)
石田ゆうすけ
台湾一の感動メシを探せ! 初のフォトエッセイ
RECOMMEND
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅
道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 (JUGEMレビュー »)
石田 ゆうすけ
ニッポン飲み食いハチャメチャ自転車紀行
RECOMMEND
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ
「勝ち論」 本気で仕事する24人からのメッセージ (JUGEMレビュー »)

「本気で仕事する24人」にぼくが入っています(笑)。デカイこと言っています。





SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS